サッカーのニュースばかりを集めています。試合の報道、移籍の噂、外国で活躍するトル コ人選手のことなど、、、




首位独走中 フェネルバフチェ、冗談なしで4:0(アクシャム紙 01.4.2付)

 ホームで、14試合負けなしの首位フェネルバフチェは、アダナ・スポルという障害を、容易く越えてしま った。ラパイッチとアリ・ギュネシュの2点ずつのゴールで、溜飲を下げた。

    フェネルバフチェは爆裂し、観客席は興奮の坩堝

 今季、ホームでは負けなしの、その名も「カドゥキョイの猛獣」化したフェネルバフチェの新たな犠牲 者は、アダナ・スポルであった。タウルスの虎たちも、強力な相手に持ちこたえることはできなかった。大 差での敗北でスタジアムを後にするときには、最早、1部リーグ残留は、奇跡になっていた。フェエネルバ フチェは、早々と試合を進めていった。左サイドにジェリル、右サイドにアリ・ギュネシュを起用し、更に 相手ゴールに向けて、セルハットをラパイッチとレヴィヴォがフォローするというシステムを執ったフェネ ルバフチェは、前半12分、13分、アルタンの不味いポジションで危険な場面があったが、その後は、試合を 優位に進めていった。15分には、レヴィヴォが、エルジャンによって倒されて得たPKを、ラパイッチが決 めて1点を先制した。

    再び勝ち点6差に

 前半29分には、ユスフのスルーパスを、ペナルティ・エリア内で受けたアリ・ギュネシュが、ゴールを決 めて2:0にしたが、39分にラパイッチ、45分のユスフのゴール・チャンスは生かすことはできなかった。 後半は、フェネルバフチェの嵐のような攻めとなった。後半4分、コーナーキックのボールが、ディフェン スから跳ね返ってきたところ、ペナルティ・エリア外からラパイッチが決めて3:0。後半7分には、アリ ・ギュネシュのセイフティ・キックが、ゴール・バーの少し上をかすめていった。後半24分には、バリッチ が、キーパーと1対1となる場面があった。フェイントをかけたが、角度をなくしてしまった。後半39分に は、アンデションの放ったシュートが、ゴール・バーに当たるということがあった。後半43分に、アリ・ギ ュネシュが、最後を締めくくってくれた。これで、フェネルバフチェは勝ち点を3加えることとなり、1試 合少ないガラタサライ、また3位のガジアンテップとの差を、再び6とした。



獅子たちは延期を望んだはずなのに、2:0(ファナティック紙 01.4.1付)

チャンピオンズ・リーグのレアル・マドリード戦を控えてるガラタサライは、ベシクタシュとのダービー ・マッチの延期を申し入れたはずだった。だが、トルコ・サッカー連盟は、それを認めなかった。条件は良 くなかったが、ガラタサライは勝利をおさめた。というのも彼らは、獅子と呼ばれているのだから。幕を切 って落としたは、セルカンだったし、スアットとハサンは、ケガをおして出てきた。崩れなかったし、崩さ れもしなかった。ジャルデルとともに、ベシクタシュをねじふせた。フェネルバフチェには、独走は許さな いという意志表示であるとともに、レアルに対しては、「次は、お前えたちだ」という強烈なメッセージを 送ったのだ。
 先ずセルカン、ついでジャルデル、、、彼は、「トルコ・リーグ」の得点王だが、ヨーロッパの最も優れ たキーパーの1人、ショルンムをとらえたのだった。そしてガラタサライは、勝ち点3をもぎ取った。



ベシクタシュのエース・ストライカー、ヌーマ 首位を目指して厳しい戦い(ヒュリエット紙 01.3.31付)

     ガラタサライ vs ベシクタシュ  息の詰まる攻防戦になるはず

 リーグ・チャンピオンの座を求めて戦うかねてよりのライヴァル・チームの一戦は、アリ・サミ・エン・ スタジアムで、本日午後7時に始まる。オルハン・エルデミールの裁くこの試合は、両者首位を目指して、 死力の限りを尽くすだろう。

     サポーターの目は、この一戦に

 代表チームの戦いに注がれていた目が、今度は、今夜のダービー・マッチに向けられるだろう。試合数を 欠いてるとはいえ、首位フェネルバフチェに勝ち点で6差をつけられているガラタサライと、首位争いから 脱落しないよう必死に戦っているベシクタシュとの試合は、アリ・サミ・エンで、午後7時に始まる予定。 オルハン・エルデミールの裁くこの試合は、ディギ・テュルクTVが、生中継をする。

     アリ・サミ・エンでは、ガラタサライが優勢

 アリ・サミ・エンでの両者の戦いは、1966年以来42試合行われ、ガラタサライの10勝9敗23分である。ベ シクタシュが50得点、ガラタサライが47得点を上げている。ベシクタシュは、このスタジアムでは、1995年12 月17日に3:1で勝って以来、勝ちから遠ざかっている。   



フェネルバフチェに衝撃、オギュン、3週間欠場(ラディカル紙 01.3.30付)

フェネルバフチェ監督ムスタファ・デニズリ  フェネルバフチェに衝撃走る。マケドニア代表との試合で負傷したオギュンが、3週間欠場しなければな らなくなったことが明らかになった。大切なオギュンの肩の骨に異常が見つかったのだ。アダナ・スポルを 迎えてのホームゲームでは、多くの負傷者を抱えることになり、ムスタファ・デニズリ監督は、頭を抱えて いる。代表チームへの参加で懸念されていたことが、現実のものとなった。オギュン、ミルコヴィッチ、セ ルハットが、負傷して戻ってきた。この3人に、更に昨日の練習で、アリ・ギュネシュが付け加わった。ミ ルコヴィッチとオギュン以外は、試合当日朝の様子を見ての判断となる。今季前半のアダナ・スポル戦のVTR を見たデニズリは、フォワードの選択が肝心と考えている。リュストゥの調子が上がっていることは、クラ ブサイドを満足させている。マフムト・ウスルは、「世界一のキーパー」と言うかと思うと、ムラト・オザ イドゥンルは、「これじゃ、どのチームも欲しがるだろう」と語った。代表選手のアルパイとタイフンが、 デニズリとフェネルバフチェの上昇に寄与してくれるはずだとも、彼らは語っていた。黄紺のユニフォーム に袖を通したいと考えている2人が、フェネルバフチェに戻ってきてくれるはずだという感触をもっている とにおわせた。
(アルパイが戻ってくるの? ホント、なの? だったら、最高!!・・・これ、黄紺の感想)



喜ぶウミット 1分間で勝ち点3(ファナティック紙 01.3.29付)

 マケドニアが先制して、0:1の劣勢に陥ったのだが、、、。後半24分、ミトレフスキが、オウンゴールを して、同点に追いついた。後半25分には、ウミットが放ったゴールで、勝利を呼び込んだ。

       最後は、ウミットが決めた

 アリ・サミ・エンでのスロヴァキア戦を、1:1の引き分けに終わり、期待を裏切ったトルコ代表だが、ア 最近株が急上昇ハサン・シャシュ ウェーのマケドニア戦に勝利を収め、面目を保った。期待を裏切るサッカーを見せていたトルコ代表は、先ず 前半21分に先制を許してしまったが、後半の僅か1分間の内に勝ち点3を分捕ってしまった。後半24分に、ミ トレフスキがオウンゴールをしてしまったすぐ後、ウミットの登場となった。値千金のゴールを決めてくれた。

必死の応援を受ける

 ウスキュップでのマケドニアとの一戦を戦った代表チームに、驚異的なスタンドでの応援があった。ウスキ ュップ在住のトルコ国民約5千人からなる応援団は、試合の間中、選手を鼓舞し続け、この重要な試合で、選 手たちを放ってはおかなかった。
 スロヴァキア戦では、戦術上ベンチ・スタートとなったタイフンだったが、昨日の試合では、再び先発メン バーに起用された。エムレのケガ、ビュレントの出場停止、アウェー戦を戦うということ、これらがタイフン 起用となったようだった。



ギュネシュ監督 心してかかろう(ミリエット紙 01.3.28付)

 スロヴァキアを倒すことはできなかった。「その償いをしなければ」と言って、今日という日を待ったの だ。負けるなどということは、全然考えていない。ウスキュップでのマケドニア戦では、勝ち点3を期待 している。さあ、代表チームの勝利を待とうではないか。

      午後9時キックオフ

 トルコ代表は、W杯欧州予選5試合目を、今晩、ウスキュップで、マケドニアと戦う。勝って、グループ 首位の座を守ってくれるだろう。土曜日、イスタンブールでのスロヴァキア戦に勝てず、「その償いをしな ければ」と言って、本日の一戦を待った人々は、午後9時に始まる試合に勝ち、トルコ中を歓喜に浸してく れることを待っている。ウスキュップ市営スタジアムで行われるこの試合の審判は、フランス・サッカー連盟 のクロード・コロンボが、笛を吹く。

      同組であと2試合

 副審は、フラドゥリック・アルノールとヴァンサン・テクシエがする予定である。この厳しい闘いの様子 を、TRT1が生中継をする。ウスキュップでの戦いと平行して行われる試合にも、耳目が集まる。スロヴ ァキアは、トゥルナヴァで、午後6時からアゼルバイジャンと、また首位争いを演じるもう一つのチーム、 スウェーデンは、モルドヴァとアウェーの戦いをする。この試合、キシネヴで、午後9時開始である。



やったね ユース代表、花開く 4:1(ミリエット紙 01.3.28付)

 マケドニアを大差で撃破し、スロヴァキア戦での敗戦を忘れさせてくれた。新たな希望を喚起したばかりが、 フル代表に活を与えてくれた。

      ベルカント・デイ

 トルコ・ユース代表は、マケドニアをアウェーで大差で葬り、ヨーロッパ・ユース選手権本大会へ望みを つないだ。そればかりか、フル代表に活を与えた。優勢に試合を進めたトルコ代表は、まずタイフンが先制 点を上げた。ヒュセインが点差を広げ、更にベルカントの登場となり、2点を上げた。マケドニアは、ペン デフが、1点を上げたにとどまった。ユース代表は、これで、スロヴァキア戦での敗戦を忘れさせてくれた。
《注:ベルカントは、トルコのビッグチームがねらいを定めるグルベッチです。現在、ドイツのバイエルン ・ミュンヘンに所属しています。前回に続き「ユース代表」とトルコ語の用語そのままに訳していますが、日本 語と若干ずれていて、この大会は、Uー21の大会です。ヨーロッパでは、フル代表と世代を区切った大 会がワンセットで、2年おきに開かれています。即ち、W杯予選と欧州選手権予選とワンセットにということ です》    



ウミットにオファー(ヒュリエット紙 01.3.27付)

 AC・ミランが、ガラタサライの若きスターにオファーを出してきた。ガラタサライ側は、明確な回答を 避けたが、ウミットは、「セリエAで、プレーをしてみたい」と語った。

      行く者は行けばいい

 ガラタサライから行く者は、行けばいい。エムレ・ベレズオウルとオカン・ブルックが、インテル・ミラノ と仮契約をした後、ガラタサライから出ることが表面化した次の選手は、ウミット・ダヴァラである。AC ミランは、この代表選手に対してオファーを出してきた。しかし、ガラタサライ側は、明確な回答を回避し た。

      喜びと不安

 ガラタサライとあと1年契約を残しているウミットについて、ガラタサライは、明確な返事をしなかった。 多くの選手にオファーを受けているガラタサライは、一方で喜び、他方でチームの骨格が崩れるのではと、 不安が募っている。

      契約が残っている

 ACミラノからのオファーを積極的にとらえているウミットだが、「自分自身は、今年にも、イタリアで プレーしたいと考えているが、ガラタサライとの契約は、あとまだ1年残っているので、クラブ側の理解を 求めたい。この移籍が実現することを希望している。このようなチャンスは、そうはないだろう」と語った。

      既に言葉の習得に励んでいる

 ドイツ語と英語をマスターして、今やイタリア語の勉強をしているウミットは、次のように語った。「2 つの言葉をマスターしているので、イタリア語を学ぶのも難しいことではない。ハカン・シュクルに始まっ たヨーロッパのチームへの移籍話に、自分も加わりたい」。



エムレ、レアル戦も無理(サバハ紙 01.3.26付)

 スロヴァキア戦で、その欠場の痛さを思い知らされた若きスター選手エムレのけがは、考えられていた以 上の深刻さであることが分かった。ウシュキュップ(マケドニア)へすら同道されなかったが、レアル戦も 難しい模様である。

     MR検査の結果

 トルコ代表にもガラタサライにも、エムレの結果は良くなかった。スロヴァキア戦前のアップ中に、左足 のアキレス腱を痛めたエムレは、昨日MR検査を行ったが、結果は予想以上の深刻さであることが判明した。 マケドニア戦のメンバーから外され、ウシュキュップへは連れて行かれなかったエムレは、10日後に控えた ガラタサライのレアル・マドリードとの一戦も、難しいということである。

     ビュレントの補充

 他方、スロヴァキア戦でのイエロ−・カードで、次回出場停止となったビュレント・コルクマズの補充招 集はしないことになった。シェノル・ギュネシュ監督は、ビュレントの位置に、オギュンを下げ、中盤の底 にはタイフルないしはタイフンを起用することを明らかにした。2つ目の選択としては、ウミット・オザッ トかトルガのいずれかを起用する手もある。



いいぞ、ハカン、1:1(ファナティック紙 01.3.25付)

 トルコ代表は、ハカン・シュクルがゴールを放った最近の10試合は、勝ち続けていた。しかし、今回は、 勝つことができなかった、が、キング・ハカンが、ネットを揺らした試合では負けないという伝統は崩れる ことはなかった。

    1点差を守れなかった
 トルコ代表が恐れていたことが、昨日、陽の目を見てしまった。予選グループで最強と目されていたスロ ヴァキア戦で、後半8分、ハカンが放ったペネルティ・キックで先制したにも拘わらず、この点差を守るこ とができなかった。トマシェックの後半24分のゴールで、追いつかれてしまった。

    ハカン、名誉ある30得点目
 ハカン・シュクルは、スロヴァキア戦で放ったゴールで、代表戦で、30得点目に達した。トルコ代表は、 昨日の試合まで、ハカンが得点をした19試合の内17試合に勝利を収め、残りの2試合も、相手に勝利を譲る ことはなかった。昨日、彼が放ったゴールで、トルコ代表は、勝ち点1を獲得した。アリ・サミ・エンで代 表としてのハカンのゴールは、1999年3月27日のモルドヴァ戦以来のもので、また代表としてのゴールは、 2000年10月11日のアゼルバイジャンとのアウェーでの試合以来である。

    巨大フラッグ
 昨日は、アリ・サミ・エン・スタジアムは、歴史的な日の一つになった。試合開始数時間前からスタンド を埋めた3万人近いのサポーターたちは、代表チームの応援を繰り広げていた。チケットを手に入れること のできなかった数千人のサポーターが、スタンドに入ることができなかった。代表チームのスポンサーであ るぺぷしにより用意された巨大フラッグが、正面スタンドで広げられ、観客を興奮のるつぼに入れ、また、 観客席に配られた1万個の赤と白のツートンカラーのボードが、スタンドをお祭り状態にしていた。



目的は一つ、心は一つ(ミリエット紙 01.3.24付)

 我々国民は、お互い手をさしのべ合い、しっかりと代表チームでつながった。我が代表チームが、スロ ヴァキアと対戦する。勝って、W杯本戦に向けての地歩を固めるはずだ。

 今日は、クラブ・チームの日ではない。喧嘩やとっくみあい、争いごとをする日ではない。今日のトル コは、“目的は一つ、心は一つ”の日である。トルコ代表は、W杯予選第4組第4試合を、スロヴァキア と行う。勝てば、本戦進出に有利な展開となるはずである。アリ・サミ・エン・スタジアムで午後8時に 始まる試合は、ポーランドのウォジック主審が裁く。
 予選リーグ3試合で2勝1分けのトルコは、勝ち点7で、得失点差で、スロヴァキアを抜いて首位に立 っている。トルコは、ここまで、モルドヴァを2:0で、アゼルヴァイジャンを1:0で退け、スウェー デンとは、1:1の引き分けであった。同組では、本日、スウェーデン対マケドニア、アゼルヴァイジャ ン対モルドヴァ戦も行われる予定である。



ユース代表には警告弾(ミリエット紙 01.3.24付)

 スロヴァキアは、トルコ・ユース代表には、困難な相手であった。我がユース代表は、僅か1点に泣い た。フル代表に対する一つの警告を与えた。

 トルコ・ユース代表は、ヨーロッパ・ユース選手権予選グループで、首位を走るスロヴァキアに、僅か 1点のために敗退した。ブルサで行われたこの試合、幾度とないゴールチャンスを生かせず、ケレメンの 堅守を越えられなかったところ、前半40分、ボーベリィのゴールを防ぐことができなかった。後半26分に は、イスマイル・ギュルドゥレンがレッドカードをもらってしまった。この試合は、内務大臣サデッティ ン・タンタンとベシクタシュのダウム監督が観戦した。予選同組の他の試合結果は、スウェーデンが、マ ケドニアを2:0で撃破した。



1点で十分(アクシャム紙 01.3.23付)

 明日行われるW杯予選では、多くのゴールはいらないと言いつつ、「だが、アリ・サミ・エンでは、この 予定は、覆るだろう」と、シェノル・ギュネシュ監督は語った。

      ゴールに向かって

 グループ首位の座を確保するために重要な位置を占める明日行われるスロヴァキア戦に向けて、調子が上 がってきている。昨日、試合会場アリ・サミ・エンで行われた戦術練習で、組織的な攻撃に重きを置いてい たが、シェノル・ギュネシュ監督は、「我々は、1点差勝利で十分なんだ」と語った。

      少ないチャンスを!

 ギュネシュ監督は、スロヴァキア戦の重要性を、選手たちに理解させるとともに、気合いを入れつつ、 次のように語った。「スロヴァキアは、予選リーグでは、まだ失点をしていない。僅かのチャンスしかない かもしれない。きつい試合にはなるだろが、我々は、このスロヴァキアの壁を崩さねばならない。相手は、 平均身長が高い。だから、空中戦を避けようと思う。もしも勝つことができるのなら、予選突破の大きな チャンスである。

      ハカンを全面信頼

 練習では、戦術練習とゴール練習に時間を割き、「ゴールが視界に入ったら、打て」という指示を出し ていた監督は、フォワード、なかでもハカン・シュクルに多大の信頼を寄せている。老かいな監督は、ハ カンともう1人のフォワードは、試合当日決めると言っている。ハカンは、ゴ−ルをするだろうと期待さ れており、リュストゥは、「俺の仕事なんて、ないよ」と語っている。



アーセナル、アルパイに触手(サバハ紙 01.3.22付)

 オファーのあったことを認めたアルパイは、「アストンヴィラが許せば、行ってみたい」と答えた。

アストンヴィラのアルパイにオファーがあった。キャプテン、アダムスが引退を予定し、またフランス人 選手グリマンの移籍が思わしくないため、ディフェンス面での問題を抱えるアーセナルは、まず第1候補と してアルパイにオファーを出した。アルパイは、そのオファーを認めた上、「アストンヴィラとの契約は、 4年間のものである。2つのクラブの間で話し合いがつけば、移籍には、何ら支障はない」と語った。先日、 BBCで放映された“マッチ・オヴ・デイ”で、伝説のゴールゲッター、リネカーがアルパイを、「37試合中31 試合も出場した。今季プレミア・リーグで活躍する最もいい外国人ディフェンダー」と解説していた。



女が原因で2人は決別状態(サバハ紙 01.3.21付)

 ガラタサライのトルコ代表選手ウミットゥ・ダヴァラとアリフ・エルデムの間に、冷たい風が吹いている。

この2人の選手が、アイシェ・ハトゥン・オナルのことが原因で、お互いそっぽを向いていることは知ら れたことである。かつてアイシェと恋仲であったアリフが、現在ウミットゥとアイシェがラヴラヴであるが ため、合宿中の同室であった部屋を出てしまった。代表チームの選手たちが、女性問題が原因で喧嘩状態で あることは、つとに知られたことである。
(写真左:ウミットゥ、写真右:アリフ)



スロヴァキアを、まずターゲットに(アクシャム紙 01.3.20付)

 代表チームは、W杯予選の3月24日対スロヴァキア戦、同28日対マケドニア戦に向けて、昨日合宿に 入った。ギュネシュ監督は、「まず、スロヴァキアを倒さねばならない」と語った。

     記者会見で

 シェノル・ギュネシュは、1週間でスロヴァキア戦、マケドニア戦2試合が組まれていることを指摘し、 「予選突破の正念場である。皆さんのご支援をいただきたい」と述べた。ギュネシュは、コーチ陣とともに 代表チームが合宿に入っているホテルで会見に臨み、予選突破に向けて、直近のこの2試合の重要性を強調 した。

    最も重要なのはモティベーション

 「まず、スロヴァキア戦のことを考えている。スロヴァキア代表は、原則に忠実なチームです。我々は、 細心の注意を払い、この一戦に勝たねばならない。忍耐強く、注意深く戦わねばならない。特に、モティ ベーションが肝心である。だから、国民の皆さん、マスコミの皆さんの惜しまないご支援をお願いしたい」 と、ギュネシュ監督は語った。

     マケドニアは、戦争?

 マケドニアは、戦時体制下に入ってきてるのではないかと述べたあと、「スロヴァキア戦までは、マケ ドニア情勢に大きな変化を来して欲しくはない。国連が国際戦争だと宣告するならば、UEFA(ヨーロッパ・ サッカー連盟)やFIFA(国際サッカー連盟)が、必要な措置を考ずるはずだ。我々は、どこでも戦えるは ずだ」と語った。なお、スロヴァキア戦は、ポーランドの審判団が笛を吹く予定である。 




進む メイン・ページ 戻る
SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO