サッカーのニュースばかりを集めています。試合の報道、移籍の噂、外国で活躍するトル コ人選手のことなど、、、






ガラタサライ、洗い直し(サバハ紙 01.5.23付)

大幅入れ替えがあるのか、ガラタサライ  ガラタサライは、来季、全く新たな顔ぶれで臨むつもりだ。選手たちは、大幅に入れ替えられる予定だ。試合は、仮説スタンドで行われる。ユニフォームも変わることになっている。

           8人の外国人選手

 ガラタサライの理事者側は、来季に向けて、0からのスタートをするために行動を開始した。国内からは、6人の若くて有能な選手を獲得する計画を立てている。在外トルコ人選手の獲得も急がれている。更に、サッカー連盟が認めている8人の外国人選手の権利を、最後まで使うつもりだ。現チームから、ハジ(ギ)とマルシオがいなくなるのは、はっきりしている。ポペスクとタファレルは、はっきりしていない。カポネは、残ることを求められている。ジャルデルは、売るように勤められている。

           ゼロからのスタート

 一方、7月に取り壊しが始まるアリ・サミ・エン・スタジアムの替わりに、バクルキョイに建設される1万7千人収容の仮説スタンドで、試合は行われる予定である。フロリア・グランドのスタッフも、専属スタッフを含めて、一新される。ユニフォームから、アディダスのマークは消えるが、まだ新しいマークは、どこのものかははっきりしていない。この結果、ガラタサライは、新シーズンには、ゼロからのスタートになるはずだ。




東南部はディヤルバクル・スポルで大盛り上がり(ラディカル紙 01.5.22付)

ディヤルバクルは大騒ぎ  ディヤルバクル・スポルの1部リーグ昇格は、地元を大喜びにさせている。商業室長は、「こんなに皆が喜んだのは、初めて」と言っている。この成果は、ガッファル・オカンへの、何よりもない手向けとなった。

 16年ぶりに、ディヤルバクル・スポルが、1部リーグへ昇格したことは、単にディヤルバクルだけではなく、南東部各県の喜びでもある。大変な喜びの中にあるディヤルバクル市民は、昨年テロの犠牲になった警察本部長にして、ディヤルバクル・スポルの精神的支柱でもあったガッファル・オカンを決して忘れていない。試合後、サポーター並びに選手たちも、ヘンディックにあるオカンの墓に、昇格の報告をした。
 ディヤルバクル・スポルが、アウェー戦で、イスタンブール市役所スポルを2:3で敗り、来季の1部リーグ昇格を決めた後、ディヤルバクル市民は、街に溢れだした。数日前から、ディヤルバクル・スポルのチーム・カラーで彩られた表通りは、数万人の市民の喜びで溢れかえり、笛や太鼓とともにハライを踊ったり、花火が打ち上げられたりといった状態である。試合後から朝まで、道路には、祝勝気分の車の長い列ができている。顔を緑赤色にペイントして、馬にまたがりこの喧噪に加わったサポーターが彩りを加えていた。




写真はサバハ紙より レヴィヴォの夜(ファナティック紙 01.5.21付)

 イスラエルの選手レヴィヴォは、後半戦になり起用され、フェネルバフチェを勝利に導いた。

         次々と素晴らしいプレー

 カドゥキョイで、昨晩、レヴィヴォの風が吹いた。スターティング・メンバーには起用されなかったレヴィヴォは、後半から、セルハトに替わって登場した。後半8分、ユスフからパスを受けたレヴィヴォは、左足一閃、ゴールを叩き込んだ。更に、後半38分、アンデションレヴィヴォ(フェネルバフチェ) が、頭で送ったボールを、またもや左足ボレーで、ループ・シュートを決めた。このシュートは、チームを楽にさせるものだった。フェネルバフチェは、この勝利で、ガラタサライに勝ち点3差で臨むことができる。

         アンデションが出場停止に

 ブルサ・スポル戦の後半、イエロー・カードをもらったアンデションは、累積警告で出場停止となることになった。これで、最終節のサムスン・スポル戦は、試合出場はできなくなってしまった。この結果、アンデションは、リーグ後半戦では、ノー・ゴールでシーズンを終えることとなった。

         アドヴァンテージは大きい

 サポーターたちは、シュクル・サラチオール・スタジアムを花嫁のように飾り付け、優勝パレードに踏み出すため、興奮気味に待ち続 けた。ムスタファ・デニズリとその教え子たちは、過不足なく仕事を果たした。しかし、ガジアンテップからは、望ましい結果が入ってこなかった。ガラタサライとの勝ち点差は、3のままであった。フェネルバフチェは、大きなアドヴァンテージを手にしたことになる。




フェネルバフチェ カドゥキョイで、フェッラーリで準備完了(ファナティック紙 01.5.20付)

 フェネルバフチェは、聖地シュクル・サラチオール・スタジアムで、最高のフィニッシュを迎えるために登場する。フェネルバフチェが勝ち、ガラタサライが、ガジアンテップで敗れると、今季の優勝チームが決まる。その名は、フェネルバフチェ。

         勝ち点を1点も失わす

 ガラタサライとエルズルム・スポルを敗り、2試合を残したところで勝ち点で3差をつけたフェネルバフチェは、本日、ブルサ・スポル戦に登場する。今季、シュクル・サラチオール・スタジアムでは、1点も勝ち点を相手に与えていないフェネルバフチェは、連続勝利の栄誉を壊すつもりなど毛頭ない。トルコ中を黄紺色で塗りつぶしたいフェネルバフチェは、ガラタサライが、ガジアンテップで、勝ち点を失うことを待ち望んでいる。

         キャプテン・オギュンだけが欠場

 フェネルバフチェ側には、キャプテンのオギュン以外の欠場者はいない。スタジアムは、優勝を祝うために、花嫁のように飾り付けられている。サポーターは、手に応援旗を持って、街に飛び出すことを待ち望んでいる。2万5千人の心は、「今夜は、俺たちの夜にしてよ」と言ってるようだ。

         フェネルバフチェの先発メンバー(予想)

 [GK]リュシュトゥ[DF]ムスタファ、メルト、ミルコヴィッチ[MF]ラゼティッチ、ジョンソン、ユスフ(アリ)、レヴィヴォ(ラパイッチ)、アブドゥラハ[FW]アンデション、セルハト




フェネルバフチェ フェネルバフチェ、祝勝準備(アクシャム紙 01.5.19付)

 あと2節を残して、宿敵ガラタサライに勝ち点で3差をつけたフェネルバフチェは、ブルサ・スポル戦を、丁度祝勝会に替えるつもりでいる。スタジアムは、花嫁のように飾り付けがなされてるはずだ。そして、目はスタジアムの試合に、耳はガジアンテップの試合に向けられるだろう。その結果によっては、祝賀パレードとなるだろう。
 フェネルバフチェ関係者は、明日に向けて緊張が高まっている。長年、優勝に恋いこがれ、そして今季、幸せな結果に至ろうとしているフェネルバフチェは、もうそわそわ気分である。明日、カドゥキョイで、リーグ戦の17試合目を行うが、ここまでの16試合全てに勝利を収めるという記録をうち立ててきたフェネルバフチェは、ブルサ・スポル戦を前にして、準備に余念がない。サマンドゥラ・グラウンドで、チームが、非公開で試合のプランを立てている間に、スタジアムは、クラブ後援会によって、花嫁のように飾り付けがなされた。
 時間をかけ人をかけ飾り付けられたスタジアムの屋根には、雪撒き機が据え付けられた。試合に先立って、ここから紙吹雪が舞う予定である。また後援会は、数千枚のTシャツ、1万本の応援旗を配布する予定である。更に、スタンドでは巨大な旗が拡げられることになっている。90分間、大変な応援が展開されるだろうし、また、ブルサ・スポル戦に勝って、試合が終わっても、サポーターたちは待っているだろう。ガジアンテップ・スポルとガラタサライの試合結果によっては、祝勝パレードがあるはずだからである。




ジャルデル(ガラタサライ) ジャルデルは残り、ドゥロヴィッチが来る(ファナティック紙 01.5.18付)

 ゴール・ゲッターに関し、重大なオファーをしていないガラタサライは、ジャルデルを残す決定をしたようだ。ジャルデルが、「やつが来れば、俺は60点はあげるよ」と言っているユーゴスラビアのスター選手との交渉に入ったようだ。

          情報を掻き集めている

 今季終了後、ガラタサライを去るとみられていたジャルデルは、同チームに残るようである。1700万5千ドルの移籍金がかかったジャルデルに対し、マルセイユが出してきた1000万ドルのオファーを聞き流して、ガラタサライ側は、ジャルデルが残るという前提で、新たなチーム作りに取りかかろうとしている。ポルトガルに行っているジャルデルと話し合いを持った副理事長メフメット・ジャンスンは、ドゥルロヴィッチに関しての情報を集めようとしている。

          財政危機は大したことはない

 ジャルデルは、今季、自分が欲しかったパスをもらえなかったと言うとともに、「にもかかわらず、自分が、どれほどいいゴールを決めたか、皆は見ただろう。もしドゥルロヴィッチが来れば、俺は、60点、入れることができるよ」と言っている。先日行われた理事者会で、このユーゴスラヴィアの選手に関して話し合いがもたれた。そのとき、ジャルデルと組めば、いいツー・トップができあがると考えられたようだ。財政危機は大したことないと言うジャンスンは、「移籍のために必要な金はある」と言っている。




ファーティフ・テリム ファーティフ・テリム、ミラノで家を探す(ヒュリエット紙 01.5.17付)

 イタリアのトゥット・スポーツ紙によると、「7月にミラノに来るはずになっているファーティフ・テリムが、火曜日に家を探し、水曜日には、チャンピオンズ・リーグの決勝戦を観戦する予定」と報じた。
 イタリアのトゥット・スポーツ紙は、ファーティフ・テリムが、火曜日に、家を探しにミラノに来るはずになっていると伝えている。ACミランが、近い内に「テリム」の監督就任を公式に発表予定であると報じる同紙は、「7月にミラノにやって来るファーティフ・テリムは、火曜日に家を探して、水曜日には、サン・シーロの貴賓席で、チャンピオンズ・リーグの決勝を観る予定」と伝えた。
 沈黙を守ったままのファーティフ・テリムが、CNNートルコで、「私のキャリアは、イタリアで続くはず」と語ったことに触れたトゥット・スポーツ紙は、ユルダシェン・カラハサンも、「テリムはミラノに来る」と言ったことに触れている。「テリムはミランと契約済み」と述べるこの報道で、テリムが監督をしていたフィオレンティーナからルイ・コスタを連れて行くことが日程に再びのるだろうとも伝えている。




フェネルバフチェ フェネルバフチェ、お祭り騒ぎ(アクシャム紙 01.5.16付)

 エルズルム・スポルに勝って、2試合を残しながら、ガラタサライに勝ち点で3差をつけたフェネルバフチェでは、選手たちは、もう有頂天である。サマンドゥラ・グラウンドで行われた昨日の練習では、チャンピオン風が吹いていた。

         サマンドゥラに響き渡る高笑い

 ブルサ・スポル戦に向けて、フェネルバフチェは、休暇を取らずに練習を続けている。サマンドゥラ・グラウンドで行われた昨日の練習では、選手たちは最高の明るさを見せていた。選手たちは、冗談を言い合い、練習中、笑い声が絶えなかった。大変陽気なユーゴの選手たちは、新聞記者たちに笑顔を向け、からかいの言葉を投げかけていた。

         ミニ・ゲームでリハーサル

 ムスタファ・デニズリ監督は、コンディショニングとパス練習をやらせた後、グランドを半分使って、ミニ・ゲームをやらせた。練習中、監督は、1人1人にチェックを入れ、いい動きには拍手を送っていた。ミニ・ゲームでは、緑チームでは、ラゼティチとジョンソンが、黄チームでは、ユスフがゴールを決めた。

         レヴィヴォは休ませる

 ケガをしているレヴィヴォは、練習には参加しなかったが、軽い痛みを抱えているオギュン、セルハト、リュシュトゥは、軽めの練習を行った。また、エルズルム・スポル戦でケガをしたジェリルは参加しなかった。チーム・ドクターによると、ケガをしているものに関して、レヴィヴォの状態は良く、単に休ませただけとのことであり、オギュン以外は、大した問題は抱えていないということだった。




ラパイッチ(フェネルバフチェ) 2つのショッキングなオファー(アクシャム紙 01.5.15付)

        フィオレンティーナがラパイッチを、ナポリがジョンソンを求めている

 フェネルバフチェの2人のスター選手に、イタリアのクラブからオファーがやってきた。ジョンソンとラパイッチに関する最終決定は、ムスタファ・デニズリが下す。

        フェネルバフチェに嵐のようなオファー

 リーグ優勝が間近に迫ってきたフェネルバフチェのスーパー・スターに、イタリアからオファーが届いた。セリエAに留まることが、ほとんど奇跡となってきているナポリから、ジョンソンに公式のオファーが届いた。かつてガーナ人選手ジョンソンを指揮したことがあり、今も、フェネルバフチェとつながりのある元監督ズデニク・ゼーマンからナポリ側への提案だということである。

        デニズリ監督の腹一つ

 前監督がファーティフ・テリムで、セリエAでは、中堅の位置を保っているフィオレンティーナは、ラパイッチにオファーを出し、同じクロアチアのメネクシェネルと合意に達したことが明らかになった。来季の陣容については、重大な変更を計画しているフェネルバフチェは、シーズン終了というタイミングを待っている。




フェネルバフチェ、水を一飲み(ファナティック紙 01.5.14付)

フェネルバフチェ勝利  フェネルバフチェは、難しいエルズルム・スポルとのアウェー戦を、ミルコヴィッチとラパイッチの、勝ち点3をもぎ取った。

          前半戦は、とても悪い内容

 1週間前、ガラタサライを敗り、首位の座を取り戻したフェネルバフチェは、エルズルム・スポルとのアウェー戦で勝ち点3を得る一方、ガラタサライが、アウェー戦でアンカラ・グジュに敗れたことにより、優勝戦線で、有利な位置に着けるようになった。前半は、大変悪いサッカーをしていた。前半42分のアリのシュートを防ぐことはできなかった。

ミルコヴィッチの1点目に大喜び

 後半から、レヴィヴォとユスフに替わって、ジョンソンとセルハトを投入したフェネルバフチェは、ゴールを目指して攻撃を開始した。後半9分、アンデションとワンツーをしてミルコヴィッチがゴールを決めたが、彼にとって、フェネルバフチェ入団後、これは初ゴールであった。更に、ラパイッチが2:1にし、フェネルバフチェは、この難しいアウエー戦で勝ち点3を手に入れた。しかし、一方で、フェネルバフチェの放ったシュートの内2本が、バーに当たって跳ね返されるということがあった。




ヌーマ(ベシクタシュ) ヌーマは構想外(ファナティック紙 01.5.13付)

 ベシクタシュ監督ダウムは、先日の練習中に自分に反抗的な態度をとったヌーマを、アンカラ遠征には連れて行かなかった。

        スカラとは違う

 ナヴィオ・スカラ監督の時代は、いろいろと問題が起きながら、イタリア人の監督スカラが、下手に出ることにより、問題の顕在化が防がれていたパスカル・ヌーマに、ダウムは、同じような寛容な姿勢を見せなかった。先日の練習中のミニ・ゲームの前半戦で、プレーをさせてもらえなかったことに苛立ち、ドイツ人のこの監督の呼びかけに応じず、後半戦を放棄してしまったフランス人のこの選手は、構想外になってしまった。

        厳しい警告

 クリストファー・ダウムは、昨日の非公開で行われた練習中、ヌーマを端っこに呼んで、約10分間何やら話していたということだ。「やつの行動に注目してくれ。この手の振る舞いに、見て見ぬ振りをするなんてことを私がするなんて、考えないように」と話したということだ。ヌーマは、「ケガをしていてプレーすることはできなかった。申し訳ない」と言ったということだ。




ファーティフも旅立ち(サバハ紙 01.5.12付)

ファーティフ(ガラタサライ)  ガラタサライは、この若い選手に2年契約で200万ドルを提案したが、妥結には至らなかった。理事者側は、「ファーティフは拒否をした。一方で、我々は、彼がマジョルカと契約をしたと聞いている」と語った。

          2週間前に契約をした

 ガラタサライは、2年契約で200万ドルの提案をしたファーティフが、スペインのマジョルカと契約をしているという話は、ガラタサライにとっては、爆弾を落とされたようなものだ。スペイン側の話によると、ファーティフは2週間前に交渉の席に着き、高額な年俸でサインをしたということだ。本紙が、昨日ファーティフに「マジョルカと契約したのか」と尋ねたところ、ファーティフは、「マジョルカ側とは会ったが、誓ってサインはしていない。アンカラ・グジュ戦が終わったら、もう1度ガラタサライと話し合う予定だ。金額面で一致すれば、残りたいと考えている」と語った。

          キャッシュで40万ドル

 問題の話は、ガラタサライ側の耳にも届いている。この若いディフェンスの選手に、ガラタサライ側は、2年契約で200万ドルの提案をし、40万ドル現金の半分を今年の5月23日に、また残りの半分を6月8日に支払うと約束した理事者側は、ファーティフが、交渉を引き延ばすことに疑いを持っていた。匿名で話を聞けたある理事者は、「我々の耳にも、ファーティフが契約をしたという噂が届いた。我々は、いい金額を提案した。しかし受け入れてくれなかったところをみると、彼も、エムレやオカンと同じ道を行く可能性大と思っている。契約をしたのかどうかということは、この2日程で分かるだろう」と語った。




ジャルデル(ガラタサライ) ジャルデルは行ってしまった、戻ってくるのか?(アクシャム紙 01.5.11付)

 ガラタサライのブラジル人スター選手ジャルデルは、昨日の朝、妻と子供とともに、ポルトガルに向かった。ヘルニアの手術を受けるためにポルトガルに向かったジャルデルの今シーズンは終わったということであり、またガラタサライは、残り3試合を、セルカンとハジ(ギ)の2人のフォワードを起用していくということも明らかになった。ジャルデルは、国外移籍に向けて人と会うとも伝えられている。
 移籍の噂に対して、ジャルデルは、単に手術を受けるために行くのであるということを強調して、「手術の後は、戻ってくるのだから。ガラタサライとの間には、何ら問題はないのに。理事者側、特にアフメット・ジャンスンとは、何度も話し合いを持っている。ガラタサライとは、4年契約をしています。ヴァレンシア側とは会ったこともない。サッカーは、ガラタサライで続けていくよ」と述べた。




アフメット・ドゥルスン(ベシクタシュ) アフメットの巣立ち(ファナティック紙 01.5.10付)

 フェネルバフチェとガラタサライから移籍の申し込みのあったことを明らかにしたベシクタシュの若きスター選手アフメット・ドゥルスンは、このうちから選ぼうかと考えているようだ。

         我がクラブと話し合わなくっちゃ

 国内の移籍では、最大の目玉と見られているアフメット・ドゥルスンから、ショッキングな言葉が出された。直近のイスタンブール・スポル戦では、サポーターから反発を食らっていたこの若きスターから、長年のライヴァルチームのフェネルバフチェやガラタサライからオファーのあったことが明らかにされた。「先ず理事者と会うつもりだ。それで、条件が折り合わなかったなら、去るのみだ」と、アフメットは語った。

         理事者も知ってのことさ

 アフメット・ドゥルスンが移籍を臭わす一方で、ベシクタシュの理事者側は、この移籍話に強い関心を示している。ある理事者は、「フェネルバフチェだったらセルハットを、ガラタサライならばセルカンを欲しい。いずれが受け入れてくれても、それならいい交換だ」と言っている。クリストファ−・ダウム監督は、反対はしないだろうと思われている。





進む メイン・ページ 戻る
SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO