サッカーのニュースばかりを集めています。試合の報道、移籍の噂、外国で活躍するトルコ人選手のことなど、、、




母親のようであって恋人にはなりえない(イエニ・シャファク紙 11.09.21)

ディア(ヒュリエット紙) セミフ(右端)(ヒュリエット紙)  カドゥキョイに集ったサポーターたちに、フェネルバフチェの選手たちは驚かされた。フェネルバフチェは、前半41分のディアのゴールまでは、サッカーになっていなかった。マニサ・スポルは、後半3分、ニザメッティンがレッドカードをもらい10人になってしまったが、ビリカがオウンゴールをしてしまい、引き分けに持ち込むことができ、フェネルバフチェに、今季初めて勝ち点を失わせるという結果となった。フェネルバフチェは、最終盤、明らかにゴールを決めたかに見えたが、オフサイドということで取り消されてしまった。

 歴史的な試合となった一戦で、フェネルバフチェは、マニサ・スポルと1:1で引き分けた。フェネルバフチェは、前半、マニサ・スポルに対しパスミスがひどく、なかなか好機を作り出すことが難しかった。サイド攻撃が機能しなかったフェネルバフチェは、前半での唯一の好機を、ディアが決め、前半を1:0とリードして折り返した。後半は、10人になったマニサ・スポルに対し、前半に比べていいプレーを見せたフェネルバフチェは、前線でチャンスを掴みながら、新たなゴールを生み出すことができなかった。そして、1:1の結果に終わり、フェネルバフチェは、今季初めて勝ち点を失うことになった。前半34分、イーイト・ギョクオーランの放ったシュートは、GKヴォルカンから跳ね返った。詰めていたシンプソンの放ったシュートはゴールマウスを捉えたが、このボールを、ビリカが大きくクリアした。同41分、初めて相手に脅威となる攻撃を仕掛け、ゴールにたどり着いた。セミフにより始まった攻撃で、ジャネル・エルキンのパスを受けたディアが、ペナルティエリア内でシュ−トを放ち、これが決まり、フェネルバフチェが1:0と先制するゴールとなった。後半3分、シンプソンの放ったシュートは、GKヴォルカンの押さえるところとなった。同12分、アレックスの素晴らしいシュートは、GKイルケルがパンチングで防いだ。同21分、10人で戦っているマニサ・スポルが同点に追いついた。ジーグラーのミスを捕らえたオメル・オイサルの放ったシュートは、ビリカの足に当たりゴールインしてしまったのだ。同32分、ジーグラーのパスを受けたジャネル・エルキンの放った強烈なシュートは、僅かにバーを捕らえられず、上を超えて外に出て行った。同34分、アレックスの蹴ったコーナーキックのボールを、クリスティアンがヘッドで落とすと、そのボールを受けたセミフが放ったシュートは枠を捉えたが、GKイルケルがコーナーへと逃げた。

【フェルバフチェ】ヴォルカン=ベキル(後半36分:オルハン・シャム)、ヨボ、ビリカ、ジーグラー=ディア(後半15分:ビアンヴヌ)、セルチュク(前半16分:ギョカイ・イラヴル)、クリスティアン、ジャネル・エルキン、アレックス=セミフ




勝利の色はトラブゾン・カラー(スター紙 11.09.15)

アランジーニョ(左)(トラブゾン・スポル公式HP) ハリル・アルトゥントプ、チェルスカ(左から)(トラブゾン・スポル公式HP) トラブゾン・スポルが、インテルを、ジュゼッペ・メアッツァ・スタジアムの芝に沈めてしまった。トラブゾン・スポルは、チャンピオンズ・リーグ初戦で、トルガを先頭に抵抗した。後半31分、ハリル・アルトゥントプのシュートがバーを直撃し、その跳ね返りのボールを、チェルスカが仕上げた。チャンピオンズ・リーグに、フェネルバフチェに替わり出場したトラブゾン・スポルは、B組で、第1節を終わり首位に立った。

 トラブゾン・スポルが、チャンピオンズ・リーグB組初戦で、インテルを粉砕した。0:1。前半15分、カンビアッソのパスが、パッツィーニに渡る前に、トルガが、前に出てボールをコントロールした。同22分、ペナルティ・エリア内で、オビのパスを受けたサラテのグランダーのシュートに対し、ディフェンスのギライが倒れこみながらボールに触れ、危険を回避した。同28分、マレク・チェフがペナルティ・エリアの外から放ったシュートは、バーの上を超えて外に出て行った。

                    トルガ、2度にわたり極めて危ない場面を救う

 同32分、フェイントをかけながら、ペナルティ・エリア内にボールを持ち込んだサラテが、ゴール右斜め前から放ったグランダーのシュートが左サイドーバー際に入ってくるところを、トルガが、コーナーへと逃げた。同33分、コーナーキックのボールを、ギライがバックパスで防ごうとしたところのボールを、パッツィーニが至近距離からシュートを試みるも、うまくヒットせず、GKトルガの押さえるところとなった。同35分、オビのパスを、ペナルティ・エリアのゴール左斜め前で受けたサラテがグランダーのシュートを放つと、トルガが倒れこみながら危機を回避した。

                    バーから跳ね返ったボールを逃さなかった

 同27分、ディフェンスの裏を狙ったパスに、ミリトが追いついた。そして放ったシュートは、トルガに当たりゴールに向かって転がりだした。そのトルガ自身が、ボールをゴールラインの際どいところから外に出した。同31分、頭越しに出てきたボールを、ハリル・アルトゥントプがボレーでシュートを試みたが、ボールはバーに当たり跳ね返された。しかし、チャンスは続き、チェルスカが倒れ込みながらもシュ−トを放つと、ボールはゴールネットを揺らしたのだった。0:1。同43分、コウチーニョのシュートを、トルガが右方向に跳びながら防いだ。

【トラブゾン・スポル】トルガ・ゼンギン=チェルスカ、グロワチュキ、ギライ、マレク・チェフ=セルカン・バルジュ、コルマン、ゾコラ、アランジーニョ(後半19分:サパラ)=ハリル・アルトゥントプ(後半43分:アイクト)、エンリケ

※ チェルーストゥカの表記を、チェルスカとの表記に改めます。




ファーティフ・テリム監督、FWにエルマンダールを考える(ザマン紙 11.09.14)

ファーティフ・テリム監督(ファナティック紙)  ガラタサライで、ファーティフ・テリム監督は、イスタンブル市役所スポルに2:0での敗戦を受けて、システムの変更、起用する選手の変更をするつもりだ。

 今節、テュルク・テレコム・アリーナでサムスン・スポルとの試合を控え、同監督は、オフェンス面で、チェコ人FWミラン・バロシュに替えて、スイス人選手エルマンダールを先発で起用するつもりだ。同監督は、イスタンブル市役所スポル戦でいいプレーを見せることができず、しかも交替を告げられるといらつきながら控え室に戻っていったバロシュを、練習において控え組に回していたそうである。スイス代表に招集され、故障を抱えて戻ってきたため、第1節には起用を見送られたエルマンダールは、快復の可能性が高く、サムスン・スポル戦には出場可能ということが明らかになっている。同監督は、プレシーズン・マッチでは、通常、控えに回していたエルマンダールを、バロシュが不調ということで先発に起用するつもりだ。
 また、同監督は、オフェンス面とともに、中盤やディフェンス面でも大きな変更を行うつもりだ。中盤に起用されていたサブリを、再び右サイドバックに起用する。チェコ人選手ウイファルシは、セルヴェトと並べてストッパーに置くつもりだ。左サイドバックには、体調を快復したハカン・バルタを、再び起用する。
 システムを、4-1-4-1から、再び4-3-3へと変えることを考えている同監督は、中盤の3人を、エブエ、メロ、セルチュク・イナンで組ませる。そして、同監督は、中盤の選手たちから、ディフェンス面と並びオフェンス面での支えを求めている。FWには、コリン・キャーズム・リチャーズ、エルマンダール、それに、スペイン人選手リエラが起用されることになろう。同監督は、昨日の練習後、選手たちとともにミーティングを持った。「イスタンブル市役所スポル戦での敗戦は、事故に遭ったと思っている。だから、あの試合のことは忘れてくれ。集中して、サムスン・スポル戦では、素晴らしい集中力を見せてくれ。リーグ戦で初めて我がサポーターの前に出る試合、いい試合を、そして、勝利を期待する」と、監督は言ったということだ。




フェネルバフチェより声なき叫び(イエニ・シャファク紙 11.09.13)

アレックス(中)(ヒュリエット紙) メフメット・トプズ(左)(ファナティック紙)  八百長問題の捜査のため、不安な日々を過ごすフェネルバフチェの選手たちだが、観客のいないスタンドを前にして勝つことを知っていた。ライヴァル・チームが不調の節での勝利は、フェネルバフチェの選手の意気を上げることになった。今季、1部に昇格したオルドゥ・スポルは、強豪相手に、苦しめる場面がしばしば見られた。フェネルバフチェに勝ち点3をもたらしたゴールは、前半31分にクリスティアンがあげたものである。また、セミフのシュートが1本、バーを直撃して跳ね返されるということがあった。

 フェネルバフチェは、罰則を受け、カドゥキョイで無観客試合となったオルドゥ・スポル戦を、1:0で制し、新シーズンを勝利で始めることとなった。前半の最初の30分は、自陣で危険な場面に遭遇したフェネルバフチェが、厳しく推移した試合を、前半31分の見事な攻撃の結果、クリスティアンが決めたゴールで制することとなった。このゴールのあと、バランスを回復したフェネルバフチェは、特に後半に入ってから、相手に好機を与えなかったが、自身の掴んだ好機も、GKフォルネスを越えることができなかった。昨季優勝でシーズンを終わったフェネルバフチェだったが、先発メンバーを担っていた5人の選手を失い、また、スタンドは空ということで、プレー自体は目につくようなものを見せることはなかった。昨季活躍したアレックス主将が、個人技で抜け出し掴んだ好機も、ゴールにはつながらなかった。前半21分、クーリオのセンタリングに、フリーだったファーティフ・テケが合わせたが、ボールはバーの上を越えて外に出て行った。同31分、メフメット・トプズのパスで、GKと1対1となったセミフが、更にクリスティアンにパスを出した。そのクリスティアンが、がら空きとなっていたゴールにボールを流し込んだ。1:0。後半31分、セミフがペナルティエリア外から放った狙いすましたシュートだったが、バーの上を越えて外に出て行った。同35分、アレックスの見事なバイシクル・シュートは、GKサソ・フェルナスがコーナーへと逃げた。同42分、ジャネル・エルキンの放ったシュートは、ここでもまた、オルドゥ・スポルのGKが防いだ。

【フェルバフチェ】ヴォルカン=ベキル、ヨボ、ビリカ、ジーグラー=メフメット・トプズ、クリスティアン、ディア(後半19分:ビアンヴヌ)、アレックス=セミフ(後半19分:ジャネル・エルキン)




顔ぶれは変わった、だが結果は変わらなかった(スター紙 11.09.12)

メロ(左)(ファナティック紙) バロシュ(左)(ファナティック紙)  ガラタサライが、今季初戦で、イスタンブル市役所スポルに敗れてしまった。ガラタサライが、9200万EUROの補強、及び、かつての栄光を担うファーティフ・テリムを迎えて、失望を誘う結果となった。前半41分、GKムスレアが、エフェにゴールをプレゼントしてしまった。同37分、この試合のヒーロー、ヴェボが、スコアを決するゴールを決めた。これで、ガラタサライは、昨季同様の結果を継続することとなってしまった。

 トルコ・リーグで、昨季、大きな失望を生んだため、今季は、ファーティフ・テリムを監督に迎え、新メンバーで臨んだガラタサライだったが、その望むところの結果を生み出せなかった。ガラタサライが、今季初戦で、イスタンブル市役所スポルに、オリンピック・スタジアムで、2:0の敗戦を喫してしまったのだ。特に、ディフェンス面で不安を抱えるガラタサライだが、攻撃面でも、相手に対して何らのプレッシャーをかけられないで、チャンスすら掴むことが難しかった。ファーティフ・テリム監督は、興味を引くメンバーをピッチに送り出した。

                    ファーティフ・テリム監督、驚きのメンバー起用

 右サイドバック強化をかかげて獲得したエブエは、左サイドの中盤で起用された。右サイドには、ウイファルシが起用された。ギョクハン・ザンはストッパーに入り、サブリは、中盤の真ん中に置かれて試合は始まった。後半に入ったときの変更で、ウイファルシはストッパーに、エブエは左サイドバックに、サブリは右サイドバックとなった。

                    イスタンブル市役所スポル、後半はカウンター攻撃狙い

 前半42分、ホルメンのセンタリングに対し、ゴールマウスを離れて処理をしようとしたムスレアが、そのボールを処理し損なうと、後ろから入ってきたエフェが、がら空きのゴールにボールを送りこんでしまった。1:0。後半5分、ホルメンが右サイドからセンタリングをした。守備に入っていたメロがバックパスで防ごうとしたが、ボールが際どく、GKムスレアは辛うじて外に出した。同10分、セルチュク・イナンが右サイドからセンタリングをあげると、メロがヘッドで合わせた。だが、ボールはバーの上を超えて外に出て行った。同23分、ドカが、ゴール右斜め前から強烈なシュ−トを放った。ムスレアが辛うじてコーナーへと逃げた。同37分、左サイドから出されたセンタリングに、ゴールエリア内にいたヴェボは触れるだけで十分だった。この得点により、この試合のスコアは決したのだった。

【イスタンブル市役所スポル】ハサジッチ=ジハン・ハスポラトゥル、ザエッテ、ジャン・アラト、エクレム・エクシオウル=エフェ(後半32分:テヴィフィク・キョセ)、ホルメン、マフムト・テクメディル=ヴィスカ(後半1分:ギョクハン)、ヴェボ、ドカ(後半44分:タネル)
【ガラタサライ】ムスレア=ウイファルシ、セルヴェト、セルヴェト、ギョクハン・ザン(後半20分:イエクタ)、チャーラール・ビリンジ(後半18分:セルジャン・ユルドゥルム)=メロ、サブリ、セルチュク・イナン、エブエ=コリン・キャーズム・リチャーズ、バロシュ(後半34分:エンギン・バイタル)




トラブゾン・スポル、逃げ切れず(イエニ・シャファク紙 11.09.11)

ブラク・ユルマズ(トラブゾン・スポル公式HP) ハリル・アルトゥントプ(左)(ファナティック紙)  トラブゾン・スポルは、厳しいアウェー戦で、アドリアンとブラク・ユルマズの見事な共同作業で、得点を記録した。ホームのマニサ・スポルは、イサクが退場処分となり、前半45分には10人になってしまった。しかし、トラブゾン・スポルは点差を拡げることができなかった。マニサ・スポルは、試合を捨てなかった。マニサ・スポルは、後半43分に、シンプソンが同点ゴールを決めたのだ。インテル戦を前に、トラブゾン・スポルは意気消沈してしまった。

 トラブゾン・スポルは、トルコ・リーグの初戦アウェー戦で、マニサ・スポルと1:1の引き分け試合を演じてしまい、新シーズンを勝ち点を失うところからスタートしてしまった。この試合、勢いを持って試合を始めたのは、マニサ・スポルの方だった。特にイーイト・ギョクオーランの持ち込んだボールで、相手に圧迫を与えていたマニサ・スポルの攻撃に立ちはだかったのがトルガであった。このトルガは、2回のファインセーヴを見せたのに対し、トラブゾン・スポルの最初の重要な攻撃で、アドリアンのパスを受けたヴォルカン・シェンのシュートは、イルケルにキャッチされてしまった。トラブゾン・スポルを先制させる役割を果たしたのは、またしても、昨季のヒーロー、ブラクだった。前半39分、新加入のチェルーストゥカとアドリアンとが作りだした好機で、アドリアンとのワンツーで抜け出したブラクが、相手ゴールにボールを送りこみ、今季もいい仕事を引き続き見せてくれた。マニサ・スポルの希望を縮ませる出来事が、前半の終了間際に起こった。ゾコラに厳しくチェックに入ったイサクが、ジュネイト・チャクル主審により退場処分となり、ホームのマニサ・スポルは10人となってしまった。マニサ・スポルは、シンプソンを投入し速い攻撃を仕掛けようとしても、最後のパスが上手く通らなかった。だが、後半43分、ムラト・エルドーアンのパスを受けたシンプソンが同点ゴールを決めた。試合は、このゴールで1:1のスコアで終わった。これで、ベシクタシュに次いでトラブゾン・スポルも、初っ端に勝ち点を失うことからスタートしてしまった。

【トラブゾン・スポル】トルガ・ゼンギン=セルカン・バルジュ、ギライ、ムスタファ・ユムル、チェルーストゥカ=アドリアン・ミエルゼジェブスキ(後半37分:アランジーニョ)、ゾコラ、コルマン、ヴォルカン・シェン(後半15分:エンリケ)=ブラク、ハリル・アルトゥントプ(後半24分:マレク・チェフ)




試合が如き練習(ヒュリエット紙 11.09.10)

ファーティフ・テリム監督(ファナティック紙) エブエ(ファナティック紙)  フロリヤに押し寄せたサポーターたちは、イスタンブル市役所スポルと戦うトルコ・リーグ第1節の試合を前にして、チームに大きな支えを与えた。

 トルコ・リーグの新シーズン第1節でイスタンブル市役所スポルと戦うガラタサライが、昨夜、まるで試合が如き練習を行った。フロリヤに詰めかけたサポーターたちは、ガラタサライの練習に大きな関心を見せていた。グランドの入口で長い列を作っていた300人ほどのサポーターたちは、中に入ったあとも、練習が終わるまで声援を送っていた。

                   エマニュエル・エブエに拍手があがる

 約1時間10分に渡って行われた練習で、ウォーミング・アップを行ったあと、練習試合を行った。この試合で、コリン・キャーズム・リチャーズ、セルチュク、エブエのあげたゴールに、拍手が上がっていた。しかし、練習試合の際、右脛に痛みを感じたハカン・バルタは、メディカル・グループと相談をしたあと、練習を切り上げ、クラブハウスに入って行った。代表に招集された際にケガをして戻ってきたエルマンダーは、チームとは離れてランニングを行っていたが、セルヴェト及びイエクタは、チームに合流していた。




フェネルバフチェ、脅威となるだろう(ヒュリエット紙 11.09.09)

アイクト・コジャマン監督(ヒュリエット紙)  フェネルバフチェは、新シーズンには、攻撃面に重点を置いた戦術を選択するつもりだ。

 ここ数年のバランスの取れたサッカーを動かし、前掛かりになることを求めるアイクト・コジャマン監督は、新しくなった選手で、より攻撃的な布陣にすることを明らかにしており、4-3-3システムへと変更することを考えている。主たるシステムとして思い描いているのは、4-1-3-2だが、試合の中で、スコアや相手チームによっては、このシステムに替えて、スリートップにすることになろう。
 理想的な先発メンバーのディフェンスとしては、ギョクハン・ギョヌル、セルダル・ケシマル、ヨボ、ジーグラーで組み立てるつもりの同監督は、中盤は、メフメット・トプズ、エムレ・ベレズオウル、クリスティアンに任せるつもりだ。そして、FWは、ディア、アレックス、ビアンヴヌとなる。
 4-3-3システムでは、ディフェンスの4人の前に、クリスティアンとエムレ・ベレズオウル、メフメット・トプズを置くつもりだが、エムレ・ベレズオウルとメフメット・トプズを少し前に置き、流れを二方向にし向けていく考えだ。そして、アレックスが司令塔となり、ディアとビアンヴヌが詰めの役割を担うことになる。サイド攻撃では、ギョクハン・ギョヌルとジーグラーが、その役割を担うことになる。
 4-1-3-2システムの場合には、4人のディフェンダーの前には、クリスティアン一人だけが置かれる。中盤では、エムレ・ベレズオウルが、攻撃面とボランチ的役割の双方を担い、メフメット・トプズが右サイド、ディアが左サイドを担当する。そして、前には、かき回し役のアレックスと、新加入のビアンヴヌが置かれる。

                    4-3-3システムのときのフェネルバフチェ

 ヴォルカン(メルト)
 ギョクハン・ギョヌル(オルハン)、セルダル・ケシマル(ベキル)、ヨボ(ビリカ)、ジーグラー(ジャネル・エルキン)
 メフメット・トプズ(セゼル)、クリスティアン(セルチュク)、エムレ・ベレズオウル(ウーウル・ボラル)
 ディア(オゼル・フルマジュ)、アレックス、ビアンヴヌ(セミフ、ストー)

                    4-1-3-2システムのときのフェネルバフチェ

 ヴォルカン(メルト)
 ギョクハン・ギョヌル(オルハン)、セルダル・ケシマル(ベキル)、ヨボ(ビリカ)、ジーグラー(ジャネル・エルキン)
 クリスティアン(セルチュク)
 メフメット・トプズ(セゼル)、エムレ・ベレズオウル(ウーウル・ボラル)、ディア(ストー、オゼル・フルマジュ)
 アレックス、ビアンヴヌ(セミフ)




プレーオフに臨むには勝ち点4で十分(イエニ・シャファク紙 11.09.08)

ヒディンク監督(イエニ・シャファク紙)  EURO2012予選リーグ、トルコ代表は、ドイツ戦及びアゼルバイジャン戦で、勝ち点4を取れば、プレーオフ進出の権利を得ることになる。

 EURO2012予選リーグA組おオーストリア戦で、0:0の引き分けに終わり、グル−プ2位を守ったトルコ代表は、プレーオフ進出には、残りの2試合で勝ち点4を得なければならない。グループ戦で、あとドイツとアゼルバイジャンと戦うトルコ代表は、この2試合に勝てば、勝ち点を14にまで伸ばすことができる。トルコ代表は、ドイツ戦及びアゼルバイジャン戦で、勝ち点4を得るならば、グループ2位を確保し、プレーオフ進出の権利を得ることになる。プレーオフは、11月11日と15日に戦われることになっている。




大きなチャンスを逸す(イエニ・シャファク紙 11.09.07)

ブラク(右)(ザマン紙) セルチュク・シャヒン、セルヴェト(左から)(トルコ・サッカー協会)  ウィーンで、とっても悪いサッカーを見せてしまったトルコ代表は、今度は結果を出すことができなかった。トルコ代表では、ブラクとアルダの2本のシュートが、バーに嫌われた。試合後、スタンドでは、「ヒディンク、辞任せよ」の声が上がった。

 2012欧州選手権予選A組の試合、トルコ代表は、オーストリア代表と戦い、0:0の引き分けに終わった。前半10分、右サイドでフェイントをかけ、次から次へと相手選手をかわし、ゴールライン際までボールを持ち込んだアルダが放ったシュートは、相手GKグリュンヴァルトに当たり跳ね返されてしまった。同16分、アルナウトヴィッチの放ったシュートは、ディフェンダーに当たりコーナーキックとなった。同25分、ブラクのヘディングシュートは、僅かに枠を捉えることができず外に出て行った。トルコ代表は、後半の終盤、勝ち点3を得るチャンスを得ながら、今度はダメだった。後半24分、サブリのセンタリングに、ペナルティエリア内にいたブラクがヘッドで合わせたが、バーに当たり外に出て行った。同45分、ブラクが、GKグリュンヴァルトにより倒されると、主審はPKを指示した。同ロスタイム1分、このPKをアルダが蹴ったが、ボールはGKに当たりコーナーキックになってしまった。同ロスタイム2分、そのコーナーキックからのボールを、セルヴェトがスルーして、アルダがヘディングシュートを試みたが、ボールはバーに当たり外に出て行った。

【トルコ代表】ヴォルカン・デミレル=サブリ、セルヴェト、エゲメン、ハカン・バルタ=セルチュク・シャヒン、メフメット・トパル、イエクタ=アルダ、ブラク(後半ロスタイム3分:ギョクハン・トーレ)、ウムト・ブルト




ニャンがカタールに行き、ヨボとビアンヴヌが来た(イエニ・シャファク紙 11.09.06)

ヨボ(ヒュリエット紙) ビアンヴヌ  セネガル人のゴールゲッター、ニャンはアル・サードが売られた。ヨボは、再び、レンタルで獲得できた。フェネルバフチェは、ニャンの替わりに、ヤング・ボーイズのビアンヴヌを獲得した。

 フェネルバフチェの最近の動きが、選手の移動で明らかになってきた。フェネルバフチェが、長きに渡り行ってきたカタールのアル・サードとの交渉の結果を告示した。フェネルバフチェは、ニャンの移籍金として750万EUROを得ることが明らかになった。フェネルバフチェは、幾人かの選手が去ったのに対し、補強により補おうとしている。フェネルバフチェは、昨季、在籍していたヨボを、イングランドのエヴァートンから再びレンタルで獲得した。フェネルバフチェのFW探しでは、昨季、チャンピオンズ・リーグ予備選で放ったゴールで、フェネルバフチェの上位進出を防いだスイスのヤングボーイのアンリ・ビアンヴヌを獲得して締めた。この22歳の選手獲得のために行った交渉で、前向きの結果を得たことが明らかになった。カタ−ルのアル・サードに行くことになったニャンは、フェネルバフチェが、明日行う練習には加わらない。




セルジャン・ユルドゥルム、ガラタサライ入り(ファナティック紙 11.09.05)

セルジャン・ユルドゥルム(ファナティック紙)  ガラタサライが、ブルサ・スポルで構想外となっていた若きゴールゲッター、セルジャン・ユルドゥルムを、5年契約で獲得することになった。

 ガラタサライのアドゥナン・オズテュルク理事は、今朝行われた交渉で、ブルサ・スポルのイブラヒム・ヤズジュ理事長との最終の詰めの席に着き、2時間ののちには合意に達した。その結果、ガラタサライは、セルジャン・ユルドゥルムの移籍の対価として300万EUROに加えて、ムサ・チャーウランを、ブルサ・スポルに与えることになった。ガラタサライと5年契約を結ぶことになるセルジャン・ユルドゥルムは、年俸として100万EURO受け取ることになる。




最新のガラタサライ加入選手(ファナティック紙 11.09.04)

リエラ(ファナティック紙)  ガラタサライは、アルダ・トゥランがアトレチコ・マドリードに移籍していったあと、左サイドに生まれた不安を、アルベルト・オルテガ・リエイラで充足した。全ての点において合意に達し、最新のガラタサライ入りとなったリエラは、今朝、イスタンブル入りして調印をすることになっている。

 ポドロフスキ、ベナユン、エリアスと言っていたが、ガラタサライの、左サイドを新しく担う選手にアルベルト・オルテガ・リエイラがなった。ここ約1週間、リエラ獲得に向けて、オリンピアコス側と交渉を重ねてきたガラタサライは、昨夜、望むべき結論に達した。ウアル・アイサル理事長が、直接、交渉に臨んだリエラ獲得に、オリンピアコスと300万EUROで合意に達した。ガラタサライの公式HPに発表した29歳のリエラに関して、1年のオプション付き4年契約を結んだことを明らかにした。ガラタサライは、リエラに、初年度は270万EURO、2年目は290万EURO、最後の2シーズンには300万EUROを支払う。また、これとは別に、リエラには、出場給として7500EURO支払われる。また、リエラが明らかにした初めての談話では、「ガラタサライは、僕を、一所懸命になり獲得しようとしてくれた。ビッグクラブにこれて、とても幸せだと思っています。僕のキャリアにとっても、我が家族にとっても間違いない決定だと思っている」と述べた。ガラタサライは、リエラが、今朝、イスタンブル入りするとのコメントを発表した。リエラは、午前11時の練習に加わる可能性がある。




カザフスタンは、男らしかった!(イエニ・シャファク紙 11.09.03)

アルダ(トルコ・サッカー協会) ブラク(トルコ・サッカー協会)  トルコ代表は、誰しもが予想もしなかった苦戦を強いられた。前半31分、ブラクが先制点をあげた。アウェーのカザフスタンは、後半10分、コンスバエフのゴールで、トルコ代表の苦しい時間が始まった。同17分、ブラクがPKを外したトルコ代表だったが、後半ロスタイム、アルダが蹴ったフリーキックがゴールとなり勝ち点3を得た。EURO2012予選グループで、トルコ代表は、試合数が少ない中でベルギーを追い越し、2位に浮上した。

 トルコ代表は、2012年欧州選手権予選A組第7戦を、カザフスタンと戦い、これを後半ロスタイムにあげた得点で、2:1でくだし、2位になる大きな一歩となった。トルコ代表は、予選同組最下位のカザフスタン相手に、前半31分、ブラク・ユルマズのいいゴールで先制し、そのまま前半を終えた。後半もいい臨み方をしたトルコ代表だったが、同10分に、予期もしなかったゴールを浴びてしまった。コンスバエフの遠い距離からのシュートが、バーに当たりゴールに入ってしまい、スコアは1:1となってしまったのだ。トルコ代表は、同16分に得たPKを、ブラクが決めることができず、浴びたゴールに加え、このPKの失敗は、トルコ代表のストレスを溜めるばかりだった。試合を支配し続け、プレーを相手陣内で続けたトルコ代表だったが、その成果を得るには隔たりがあった。アルダの努力で、相手ゴールに迫っていったトルコ代表は、同33分に、ブラクがゴールを決めたかと見え、主審は、ゴールを認定したにも拘らず、線審からの注意を受け、そのゴールは取り消されてしまった。残りの時間、あらゆるラインを使い、相手ゴールに迫ったトルコ代表は、ロスタイムにアルダのゴールで、大きなストレスの溜まった試合を、2:1で制して終えた。後半ロスタイム5分、ペナルティエリア前で得たフリーキックを、直接蹴りこんだアルダが、トルコ代表に重要な勝ち点3をもたらしたのだった。

【トルコ代表】ヴォルカン・デミレル=サブリ、セルダル・ケシマル、エゲメン、ハカン・バルタ=コリン・キャーズム・リチャーズ(後半17分:ウムト・ブルト)、セルチュク・イナン、エムレ・ベレズオウル(後半15分:ギョクハン・トーレ)=アルダ、メフメット・エキジ(後半6分:セルチュク・シャヒン)、ブラク




ヴィテクとサパラ、トラブゾン・スポル入り(ヒュリエット紙 11.09.02)

ヴィテク(左)サパラ(右)(ヒュリエット紙)  ロベルト・ヴィテクがトラブゾン・スポルの選手となった。サパラに次いで、アンカラ・グジュからスロヴァキア人のスター選手が、トラブゾン・スポルに移籍した。

 チャンピオンズ・リーグを想定して、理想的な選手構成を目指し、補強に余念がないトラブゾン・スポルが、アンカラ・グジュのロベルト・ヴィテクとマレク・サパラを獲得した。この補強で、外国人選手の数が12になったトラブゾン・スポルだが、アンカラ・グジュには、サパラ獲得に20万EURO、ヴィテク獲得には60万EUROの移籍金を支払うことになる。また、トラブゾン・スポルが公示したものによると、 ロベルト・ヴィテクは2年契約で、110万EUROの年俸、及び4166EUROの出場給が支払われる。他方、マレク・サパラは3年契約で、80万EUROの年俸、及び208EUROの出場給が支払われる。




フィンク、サムスン・スポルへ(ファナティック紙 11.09.01)

フィンク(ファナティック紙)  ベシクタシュが、ドイツ人選手ミカエル・フィンクを、サムスン・スポルにレンタル移籍させることになった。

 ベシクタシュが、09-10シーズン前に、ドイツのアイントラハト・フランクフルトから獲得したミカエル・フィンクが、新シーズンを迎えるこの時期になり、ベシクタシュでは構想外となっていた。最近では、トップチームとともに練習にも現れず、キャンプにさえ招集されていなかったフィンクが、今季、1部に昇格したサムスン・スポルにレンタル移籍されることになった。
 ベシクタシュからは、年俸120万EUROを受け取っていたフィンクの移籍に関し、サムスン・スポル側からは移籍金を取ることなく、また、年俸の半分(60万EURO)は、ベシクタシュが負担するということだ。
 ミカエル・フィンクは、本日、サムスン入りして、チームメートに紹介されるということだ。




マレク・チェフ、トラブゾン・スポル入り(ヒュリエット紙 11.08.31)

マレク・チェフ(ヒュリエット紙)  トラブゾン・スポルは、イングランドのウェスト・ブロムウィッチ所属のスロヴァキア人DFマレク・チェフと、移籍に関し全ての点で合意に達した。

 チャンピオンズ・リーグに意欲的なメンバーで臨むべく、長期に渡り補強を続けているトラブゾン・スポルは、ジーグラーとファブリシオ獲得が思うに任せない結果が出ると、目を、これもかねてより狙いの選手に向けた。トラブゾン・スポルは、交渉を行ってきたイングランドのウェスト・ブロムウィッチ所属の28歳のスロヴァキア人DFマレク・チェフと、あらゆる点において合意に達した。ブラティスラヴァとスパルタ・プラハでのプレー経験持つマレク・チェフは、最大の成果を出したのが、3シーズン所属したポルトであった。2008年、ウェスト・ブロムウィッチに移籍したマレク・チェフは、故国スロヴァキアの代表として、40試合近くの試合に出場している。

                    3年契約を結ぶ予定

 トラブゾン・スポルのネヴザト・シャカル副理事長は、チェフとあらゆる点において合意に達したということを明らかにした。「長い交渉の末に、この移籍は実現した。マレク・チェフとは、3年契約を結ぶことになる」と述べた。




ヒディンク監督が、代表選手に断食月明け祝祭日に休暇を与える(ザマン紙 11.08.30)

ヒディンク監督(イエニ・シャファク紙)  トルコ代表は、9月2日に行われるEURO2012予選リーグのカザフスタン戦に備えての準備を続けている。

 ヒディンク監督指揮下、テュルク・テレコム・アリーナで練習を行う前、監督は、ピッチの中でミーティングを行った。代表選手は、報道陣に公開された時間帯の練習では、ウォーミングアップとパス練習を行っていた。練習は、戦術面に重点を置いた練習試合で終わったということだ。練習の最終段階で、ジェンク・トスンが左足首を捻挫したこと、及び、その詳細に関しては、本日明らかにされると発表された。ケガのため、昨日、練習に不参加だったギョクハン・ギョヌルとギョクハン・ザンは、練習に加わったが、セルヴェト・チェティンは、トレーニング・コーチと練習を行っていた。また、イスタンブル入りしたアルダ・トゥラン、メフメット・トパル、ギョクハン・トレ、シナン・ボラトも、練習に加わった。フランスから戻ってきて、合宿中のホテルに入ったウムト・ブルトは、練習には加わっていなかった。グース・ヒディンク監督は、断食月明け祝祭日に当たり、代表選手に、本日、休暇を与えることとした。




ブルサ・スポル、セルジャン・ユルドゥルムを輸出(イエニ・シャファク紙 11.08.29)

セルジャン・ユルドゥルム(ファナティック紙)  ディナモ・キエフが、セルジャン・ユルドゥルムを完全移籍のオプション付きでのレンタル移籍を望んでいる。他に移籍先が現れなければ、このオファーを受けるつもりだ。

 先週、ガラタサライが、ブルサ・スポルに出した移籍金400万EUROでのオファーに対し、ブルサ・スポル側は否定的な回答をした。当初は、考える時間を求めていたイブラヒム・ヤズジュ理事長だったが、セルジャン・ユルドゥルムを外国へ移籍させたいため、拒否の回答をしたのだった。セルジャン・ユルドゥルムを国内のクラブには移籍させたくない同理事長は、ディナモ・キエフとの間で移籍交渉をしていることは知られている。UEFA欧州リーグで、ベシクタシュと同組に入ったディナモ・キエフは、セルジャン・ユルドゥルムを今季末までのレンタルで、そして、完全移籍のオプション付きを求めれば、それは行使されるだろうと考えられている。他方、アンカラ・グジュのアデム・コチャクと、移籍に関し合意に達している。ブルサ・スポルの発表では、アデム・コチャクとはあらゆる点において合意に達している。アデム・コチャクは、明日、メディカル・チェックを受けたあと、ブルサ・スポル入りの調印式に臨むことになっている。




そして、ヴォルカン・シェンはトラブゾン・スポル入り(イエニ・シャファク紙 11.08.28)

ヴォルカン・シェン(ファナティック紙)  トラブゾン・スポルは、ヴォルカン・シェン自身には年俸110万EURO、出場給1万EURO、ブルサ・スポルには移籍金として360万EUROを支払うことになる。

 UEFAの要請で、トルコ・サッカー協会は、フェネルバフチェを封じ込み、替わって突然参戦することになったトラブゾン・スポルが、補強についてもスピードを緩めていない。トラブゾン・スポルは、ブルサ・スポルの若きスター選手ヴォルカン・シェンと4年契約結ぶことになった。アンデルレヒト戦で気のないプレーをして、エルトゥールル・サーラム監督の反感を買い、構想外扱いとなり、自身で移籍クラブを探すことを求められていたヴォルカン・シェンに対し、獲得に向かったトラブゾン・スポルが、ブルサ・スポルと移籍金360万EUROで合意に達した。ヴォルカン・シェン自身は、年俸110万EURO、出場給として1万EUROを受け取る。トラブゾン・スポルのネヴザト・シャカル副理事長は、会見で、ヴォルカン・シェンと合意に達したことを明らかにして、「長きに渡り交渉を行ってきた。だが、本日、移籍に関し合意に達した。明日(本日)、トラブゾン入りして、月曜日(明日)には、こちらが用意した調印式に臨むことになっている。ヴォルカンが、我がクラブに幸をもたらしてくれることを期待している。そして、きっと、我らに力を与えてくれることになろう」と述べた。




ギョクハン・ギョヌルに700万EURO(ヒュリエット紙 11.08.27)

ギョクハン・ギョヌル(NTV) ストー(アクシャム紙) ニャン(ファナティック紙)  チャンピオンズ・リーグへの参戦が認められず、2部への降格をトルコ・サッカー協会に求めているフェネルバフチェで、一枚一枚葉がもげ始めた。

 パリ・サンジェルマンと移籍に関し合意に達したルガーノが、その緒を切って落としたが、その移籍金で、フェネルバフチェは、300万EUROを得ることになることが明らかになった。
 ヴァレンシアが、ギョクハン・ギョヌル獲得のために呈示した移籍金500万EUROが、700万EUROにまで上がった。この移籍は、ここ一両日中にまとまるものと思われている。
 また、これらとは別に、アヤックスがストー獲得のために300万EUROを呈示し、カタールのクラブは、ニャン獲得のために700万EUROを呈示したということだ。




ブルサ・スポル、崩すことができず(タクヴィム紙 11.08.26)

トゥルガイ(ヒュリエット紙) バングラ(右)(ブルサ・スポル公式HP)  ブルサ・スポルは、トゥルガイのゴールで先制したが、ジュハズとジョヴァノヴィッチのゴールを防ぐことができなかった。後半23分のステパノフのゴールは、アンデルレヒトをパニックに陥らせた。だが、上位進出に必要なあと1つのゴールを、残り時間で奪うことができず、ブルサ・スポルは、ヨーロッパのカップ戦を去ることとなった。

 UEFA欧州リーグ、プレーオフの第2戦、アンデルレヒトとブルサ・スポルとの一戦は、2:2の引き分けに終わった。その結果、ブルサ・スポルは、ヨーロッパのカップ戦から去ることになった。前半5分、左サイドで動き出したヴェダーソンが、ファーサイドに向けてセンタリングを出した。そのボールに、トゥルガイがヘッドで合わせるとゴールが決まった。同12分、左サイドから動き出したスアレスが、ペナルティエリアの外から強いシュートを放ったが、バーのすぐ傍らを逸れて外に出て行った。

                    前半38分、同点ゴール

 前半38分、アンデルレヒトが同点に追いついた。右サイドで得たフリーキックを蹴ったビグリアが、PKポイントに向けてセンタリングを上げた。そのボールに、ヘッドで合わせたジュハズが、ブルサ・スポルのゴールネットを揺らせた。1:1。

                    イスマイルが決めてさえいれば、、、、

 後半14分、ブルサ・スポルのアルゼンチン人選手インスアのミスとなったバックパスを、うまくカットしたスアレスが、ファーサイドに向けてセンタリングを出した。ビグリアがシュートを試みると、ボールはGKカールソンから跳ね返った。その跳ね返りのボールを、ジョヴァノヴィッチが、狙いすましてゴールを決めた。2:1。同23分、ヴェダーソンがセンタリングを上げた。そのボールに合わせて、いいジャンプをしたステパノフが、同点ゴールを決めた。2:2。同42分、イスマイルが、ヘディング・シュートを試みたが、バーを捉えることができず、ブルサ・スポルはヨーロッパのカップ戦から去ることになった。

【ブルサ・スポル】カールソン=スヴェンソン、ステパノフ、イブラヒム、ヴェダーソン、ヌディア、インスア(後半33分:イスマイル・ハクタン)、バッターシャ、トゥルガイ、アフメット(後半29分:メフメット・サク)、バングラ(後半41分:オメル)




トラブゾン・スポル、第4シード(ファナティック紙 11.08.25)

トラブゾン・スポル(ファナティック紙)  UEFAにより、フェネルバフチェに替わり、チャンピオンズ・リーグに参戦することになったトラブゾン・スポルのグループ・リーグの対戦相手は、本日、モナコで行われる抽選会で明らかになる。トラブゾン・スポルは、第4シードに入れられている。

 驚きの決定によりチャンピオンズ・リーグに参戦することになったトラブゾン・スポルの運命は、本日、モナコで行われる抽選会で決まる。グリマルディ・フォルムで、午後6時45分から行われる抽選会では、フェネルバフチェは、第3シードに入るはずだった。ところが、UEFAの決定によりチャンピオンズ・リーグへの参戦権を得たトラブゾン・スポルは、フェネルバフチェの評価点より落ちるため、第4シ−ドに入ることになった。抽選会では、各シード8チームからなる4つのシードに分けられている。各シードから1チームが選ばれ、全部で8つのグループが形成される。トラブゾン・スポルが戦う、チャンピオンズ・リーグのグループ・リーグ第1戦は、9月13-14日に戦うことになっている。前年までと同様、グループ・リーグ戦で上位2位にまで入ると上位進出となり、3位になると欧州リーグへと回ることになる。




トラブゾン・スポル、リスボンで失う(スター紙 11.07.28)

ブラク(右)(ファナティック紙) エンリケ(右)(ヒュリエット紙)  トラブゾン・スポルは、ベンフィカにアウェーで敗れ、上位進出のチャンスが厳しくなってしまった。

 チャンピオンズ・リーグへの参戦を目標とするトラブゾン・スポルは、前半はスペースを与えなかった。後半21分、サヴィオラのシュートはサイドバーに嫌われた。同26分、ノリタがトルガを捕らえてしまった。同43分、ガイトンが最後の打撃を与えてしまった。8月3日に行われる第2戦では、トラブゾン・スポルにとっては、上位進出を実現するためには、ゴールを浴びず3得点が必要だ。

 トラブゾン・スポルは、チャンピオンズ・リーグ予備選3回戦の第1戦をアウェーで戦い、ベンフィカに敗れ、上位進出がピンチとなった。前半15分、ガライがペナルティエリア内へと送りこんだボールを、トラブゾン・スポルのディフェンダーがヘッドでクリアした。この攻防の際、ベンフィカの選手たちはPKだとの抗議を行っていた。前半27分、コルマンのスルーパスに反応したアドリアンがボールをゴールマウスに蹴りこんだが、線審がオフサイドの判定を行った。同32分、エンリケがボールを得ようとした瞬間、エマーソンが割って入り外に蹴り出した。同45分、ディディエル・ゾコラが、アイマールのゴールチャンスを未然に防いだ。

                    後半26分にはノリタを、同43分にはガイタンのシュートを防げず

 後半5分、ディフェンスの裏に出されたボールを、ブラクがゴールに蹴りこんだ。だが、またしてもオフサイドの判定がくだり、ゴールとは認定されなかった。同13分、アイマールが転がってきたボールでシュートを狙ったが、バーの上を超えて外に出て行った。同21分、サヴィオラが強烈なシュートを放ったが、ボールはサイドバーに当たり跳ね返されてしまった。同23分、アドリアンが素晴らしいパスを出したが、そのボールにブラクが間に合わなかった。同26分、アイマールのパスを受けたノリタが、ボールをゴールマウスに送りこんだ。1:0。同28分、セルカン・バルジュの手にボールが当たり、またしてもベンフィカの選手たちはPKを期待したが与えられなかった。同33分、ブラクが、同34分には、エンリケが、それぞれ絶好機を掴みながら、それを生かすことができなかった。同43分、ガイタンが、この試合のスコアを決するゴールを決めた。2:0。

                    先発に7人の外国人選手、ハリル・アルトゥントプは控えに

 トラブゾン・スポルのシェノル・ギュネシュ監督は、ドイツのアイントラハト・フランクフルトから移籍してきたハリル・アルトゥントプを、このベンフィカ戦の先発メンバーに入れなかった。ルス・スタジアムで行われたこの試合には、新加入の選手の内、チェルーストゥカ、ゾコラ、アドリアン・ミエルゼジェブスキ、パウロ・エンリケを、先発に起用したトラブゾン・スポルのシェノル・ギュネシュ監督は、大きな期待でもって加入したハリル・アルトゥントプを控えに回す選択をした。トラブゾン・スポルは、7人の外国人選手をピッチに送り出したが、ホームのベンフィカは、新加入選手の内アルゼンチン人選手ガライを先発で起用したことに注目が集まっていた。

【トラブゾン・スポル】トルガ・ゼンギン=セルカン・バルジュ、ギライ、グロワチュキ、チェルーストゥカ=アドリアン・ミエルゼジェブスキ(後半40分:パウエル・ブロゼク)、ゾコラ、コルマン、アランジーニョ(後半22分:アイクト)=ブラク、エンリケ




ブルサ・スポル、ヴォルカン・シェンと契約更改(ザマン紙 11.07.27)

ヴォルカン・シェン(ファナティック紙)  移籍解禁期間では、口端に上らないということがなく、ガラタサライを始めとした多くのクラブが獲得に名乗りを上げたことが想起されるブルサ・スポルのスター選手ヴォルカン・シェンが、ブルサ・スポルとの契約を1年延長した。

 ブルサ・スポルとの長きに渡る交渉が、昨日、いい方向で収まり、ヴォルカン・シェンは、2013年に満了する契約を1年延長するということだ。これとともに、ブルサ・スポル側は、契約金で改善が進んだヴォルカン・シェンに、一つのジェスチャーとしてオメル・エルドーアンに次ぐ第2主将の地位与えることになった。ヴォルカン・シェンに次ぐ第3主将の地位は、セルジャン・ユルドゥルムが引き受けることになるということだ。




トラブゾン・スポル、ポルトガルに飛ぶ(ファナティック紙 11.07.26)

シェノル・ギュネシュ監督(ファナティック紙)  トラブゾン・スポルは、UEFAチャンピオンズ・リーグ予備戦3回戦ベンフィカとの第1戦に臨むため、特別機でポルトガルに移動した。

 シェノル・ギュネシュ監督は、故障しているオヌル、エレン、ムラト・トスン、タイフンとともに、セルジャンとメフメット・チャクルを、21人のメンバーには入れなかった。

                    予想される先発メンバー

 トラブゾン・スポルは、ベンフィカ戦に、トルガ、セルカン・バルジュ、ギライ、グロワチュキ、チェルーストゥカ、コルマン、ゾコラ、アドリアン・ミエルゼジェブスキ、アランジーニョ、ブラク、エンリケというメンバーで、ピッチに立つことが予想されている。
 トラブゾン・スポルは、今夕、試合が行われるエスタディオ・デ・ルス・スタジアムで最終練習を行うこと、及び、シェノル・ギュネシュ監督が、試合前に記者会見を行うことが明らかにされた。また、練習の冒頭の15分だけが、報道陣に公開されることも明らかにされた。
 一方、サッカーの八百長問題に絡み、国外へ出ることが禁止となっているサドゥリ・シェネル理事長は、ポルトガルには同道できない。




このガラタサライには生命がある(イエニ・シャファク紙 11.07.25)

コリン・キャーズム・リチャーズ、サブリ(左から2人目、3人目)(ファナティック紙) アルダ(左)(ファナティック紙)  スター選手たちの争いで、ゴールの声は聴かれなかった。ガラタサライの見せたサッカーは、新シーズンを前にして満足させるものであった。インテルを相手に優性に試合を進めたガラタサライは、相手のゴールを前にして明らかなるチャンスを掴みながら、最後の詰めが効かなかった。インテルにとって、唯一というゴールチャンスだった前半37分、エトーの放ったシュートはバーに嫌われた。

 新シーズンに向けての準備をドイツで続けているガラタサライが行った2つ目にして、最も重大なプレシーズンマッチは、イタリアの強豪インテルと戦い、両者無得点の引き分けに終わった。0:0。ドイツ・キャンプでの最初の試合は、トゥヴェンテに1:0で敗れたガラタサライは、好機を掴みながら最後の詰めがうまくいかなかった。しかし、そのサッカーは満足させるものだった。序盤、ガラタサライは、サブリとアルダの活躍で、相手ゴールに迫っていった。だが、この攻めの試みは結果に繋がらなかった。15分以後は、均衡状態に持っていったインテルは、前半37分にゴールかと思わせるシーンを作りだした。エトーが、ペナルティエリアの右斜め前から放った強烈なシュートが、バーに当たり跳ね返されたのだ。後半は、試合を概ね支配したのはガラタサライの方だった。だが、スコアに反映することはなかった。
 前半5分、ペナルティエリア内でコリン・キャーズム・リチャーズとぶつかり地面に倒れ込んだインテルのGKカステラッツィは、試合を続けることができず、オルランドーニと交替するということがあった。

【ガラタサライ】アイクト=ウイファルシ、セルヴェト、ギョクハン・ザン、ハカン・バルタ=コリン・キャーズム・リチャーズ(後半33分:スタンク)、サブリ(後半19分:ジェイフン・ギュルセラム)、アイハン(後半19分:イエクタ)、セルチュク・イナン(後半45分:クーリオ)、アルダ(後半35分:エムレ・チョラク)=エルマンダー(後半13分:バロシュ)




AZアルクマール 3:0 カイセリ・スポル(ヒュリエット紙 11.07.24)

アンラバト(左)(カイセリ・スポル公式HP) オカイ・ヨクシュル(右)(カイセリ・スポル公式HP)  新シーズに向けての準備をオランダで継続中のカイセリ・スポルが、オランダ1部リーグ所属のAZアルクマールと行った試合を、3:0で失った。

 前半3分、ペナルティエリア・ライン上でボールを得たハルリソン・ベンスホップが強烈なシュートを放ったが、カイセリ・スポルのディフェンダーが、大きくクリアした。
 同7分、マールテン・マルテンスの左サイドからのセンタリングに、いいジャンプをしたルート・ボイマンスが、絶妙の位置取りでカイセリ・スポルのゴールネットを揺らした。1:0。
 同9分、ノルディン・アンラバトが、ゴールマウスに向かって出したセンタリングは、GKが簡単に押さえてしまった。
 同26分、ハルリソン・ベンスホップが右サイドから出したセンタリングのボールを、ゴール前で得たルート・ボイマンスが、いい位置取りからシュートを放ったが、ボールはゴールマウスを捉えることなく外に出て行った。
 同32分、左サイドで得たフリーキックを蹴ったラスムス・エルムは、見事なキックで直接ゴールに放り込んでしまい、AZアルクマールは2:0とリードした。
 後半6分、ペナルティエリアの左隅でボールを得たブレット・ホルマンが、強烈なシューとを放つと、GKがコーナーへと逃げた。
 同18分、シモン・ポウルセンが、ゴールラインに向けて出したセンタリングに対し、カイセリ・スポルのディフェンダーは、コーナーへと逃げ危機を回避した。
 同34分、右サイドからマールテン・マルテンスがセンタリングを上げると、いいジャンプをしたエティエンヌ・レジナンがヘッドで合わせゴールを決め、AZアルクマールは、スコアを3:0とした。
 同41分、相手選手に厳しくチェックに入ったイルハンが、この日2枚目のイエローカードをもらい退場処分となった。そのため、カイセリ・スポルは10人となってしまった。そして、試合は、3:0でAZアルクマールの勝利で終わった。

【カイセリ・スポル】ギョクハン・デギルメンジ=ハサン・アリ・カルドゥルム、イルハン・エケル、ズラブ・キザニスヴィリ、ジェームズ・トゥロイシ(後半41分:トルガ・ダバンル)、アブドラハ・ドゥラク(後半22分:サヴァシュ・ユルマズ)、オカイ・ヨクシュル(後半34分:ブラク・ビュケル)、セファ・ユルマズ(後半22分:ジェム・スルタン)、トルガ・ユルドゥズ、ノルディン・アンラバト(後半13分:セミフ・アイディレク)=ギョクハン・ウナル(後半1分:ババチャル・ヌバエ)




ロマリッチ、ブルサ・スポル入り(ファナティック紙 11.07.23)

エルトゥールル・サーラム監督(ザマン紙) コフィ・エンドリ・ロマリッチ(ヒュリエット紙)  ブルサ・スポルが、エルトゥールル・サーラム監督の求めに応じ、セヴィージャのMFコフィ・エンドリ・ロマリッチをレンタルで獲得することが判明した。

 ブルサ・スポルでは、補強活動がスピードを落とさず続けられている。オーストリア・キャンプ後、エルトゥールル・サーラム監督のMFとFWの補強という求めに応じ、リストアップした選手との交渉を続けていたブルサ・スポルは、セヴィージャのコフィ・エンドリ・ロマリッチを、交渉の結果、移籍金が高いため、レンタルで獲得することが決まった。同監督が獲得を切望したロマリッチは、月曜日にはブルサ入りするものと思われる。




2位をこじ開けた(タクヴィム紙 11.07.22)

【アトレチコ・マドリード戦】エルンシュト(右)(ベシクタシュ公式HP) 【グラナダ戦】フェルナンデス、ホロスコ(左から)(ベシクタシュ公式HP)  ベシクタシュは、45分ずつの試合、その第1試合で、アトレチコ・マドリードを、エルンシュトのゴールでくだした。決勝 となったホームのグラナダとは、PK戦の末敗退した。

 新シーズンの準備目的で、スペインでの3チームによる変則サッカー大会に参加したベシクタシュは、決勝戦で、ホームのグラナダに、PK戦の末破れ2位となった。ベシクタシュは、第1戦では、リーガ・エスパニョーラの強豪アトレチコ・マドリードと対戦した。

               シドネイ、エルンシュトにアシストを記録

 45分で戦われた試合の27分、ポルトガル人のスター選手シマオのセンタリングを受けた新加入のシドネイが。エルンシュトにボールを出した。そのエルンシュトが、ゴールエリアの前から放ったシュートが決まり、ベシクタシュが1:0と先制した。そして、45分間で戦われたこの試合、そのままのスコアで終わった。

                    ベシクタシュはアトレチコ・マドリードを破った

 リーガ・エスパニョーラに36年ぶりに昇格したグラナダも、アトレチコ・マドリードを1:0でくだしたので、ベシクタシュとグラナダの試合が優勝を争う試合となった。両者ともに、45分の時間内ではゴールを生み出すことができず、PK戦となった。

                    ホロスコとヴェリが失敗

 3本勝負のPK戦が行われ、ベシクタシュは、アルメイダ、フェルナンデスの順で成功したが、ヴェリとホロスコが失敗した。その結果、3:2でPK戦を制したグラナダが優勝杯を手にし、ベシクタシュは2位となった。

【ベシクタシュ〜アトレチコ・マドリード戦〜】リュシュトゥ=エクレム・ダー、イブラヒム・トラマン、エゲメン、ネジプ=オーレリオ、シドネイ、エルンシュト、べべ=シマオ、クアレスマ(イスマイル・キョイバシュ)

【ベシクタシュ〜グラナダ戦〜】ジェンク=ヒルベルト、イブラヒム・トラマン、シヴォク、イスマイル・キョイバシュ=メフメット・アイクズ、カイハン、ヴェリ・カウラク、フェルナンデス=ホロスコ、アルメイダ




これこそ、ガジアンテップ・スポルだ、4:1(ファナティック紙 11.07.21)

ガジアンテップ・スポルvsFCミンスク(トルコ・サッカー協会) ガジアンテップ・スポルvsFCミンスク(ガジアンテップ・スポル公式HP)  アウェーでの第1戦の引き分けという結果を踏まえ、ホームでは絶対勝利を合い言葉にピッチに立ったガジアンテップ・スポルが、4ゴールで勝利を収め、上位進出を果たした。

 ガジアンテップ・スポルは、ホームで戦ったUEFA欧州リーグ予備戦2回戦第2戦を4:1で制し、予備戦3回戦進出を決めた。両者が戦った第1戦は1:1の引き分けに終わっていた。
 前半1分、左サイドでボールを得たジェンク・トスンが、GKと1対1となったが、放ったシュートはゴルーマウスを逸れて外に出て行った。
 同8分、中盤でボールを得たクリモヴィッチが、ディフェンスにできているスペースを活用し、ボールをゼンコに出した。ゼンコが反転して放ったシュートは、GKに当たり跳ね返った。そのボールを、ディフェンダーが大きくクリアしてしまった。
 同17分、ガジアンテップ・スポルの攻撃で、ワグネルがペナルティエリア・ラインまで持ち込んだ。そして、ボールをオルジャンに渡そうとた。だが、相手DFが間に入り、シュート・チャンスを未然に防いだ。
 同24分、左サイドから生まれたミンスクの攻撃で、ラスハンコクのセンタリングに合わせたゼンコのシュートは、コーナーキックと変わった。
 同28分、ガジアンテップ・スポルが得たコーナーキックをソーサが蹴った。相手ディフェンダーの間で、いいジャンプをしたエムレ・ギュンギョルがヘッドで合わせると、相手ゴールネットを揺らしていた。1:0。
 後半11分、右サイドから出されたソーサのスルーパスを受け、ジェンク・トスンがゴールを生むことができなかった。ボールは、バーの傍らを逸れて外に出て行った。
 同15分、中盤で得たボールを、大きく前に出したワグネルのボールは、ソーサに渡った。だが、ソーサのシュートが悪く、ボールは、相手GKにキャッチされてしまった。
 同16分、中盤からカウンター攻撃を仕掛けたラスハンコクが、ディフェンスのスペースを生かし、ワンタッチでゼンコにボールを出した。ゼンコは、そのボールをダイレクトでシュートを試みると、ガジアンテップ・スポルのゴールネットを揺らしてしまった。1:1。
 同20分、クリモヴィッチの放ったシュートは、バーに当たり跳ね返された。
 同24分、オルジャンの放った約30mからのシュートは、僅かにゴールマウスを捉えることができなかった。
 同28分、中盤で得たボールを、ワグネルが約30mの距離から強烈なシュートを放つと、ボールは相手ゴールネットに突きささった。2:1。
 同37分、ワグネルのパスに反応して動き出していたオルジャンが、左サイドからミンスクのペナルティエリア内まで入り込んだ。ディフェネルバフチェダーをかわしたオルジャンは、ゴロでセンタリングを入れた。ファーサイドでボールを得たポポフが、狙いすましたシュートを放つと、相手ゴールネットが揺れた。3:1。
 同45分、左サイドから入ってきたセンタリングのボールを、ペナルティエリア内で得たオルジャンが、足でうまくコントロールしてシューとを放った。ボールは、相手GKに当たり跳ね返ってきたが、詰めていたオルジャンが押し込み、この試合のスコアを決するゴールとなった。

【ガジアンテップ・スポル】カルスマルスカス=エルヤサ、エムレ・ギュンギョル、セルダル、イワン(後半40分:シェノル)、ソーサ、ベキル・オザン(後半26分:ムラト・ジェイラン)、ジェンク・トスン(後半35分:ポポフ)、ワグネル、ダニー、オルジャン




フェネルバフチェ、テンポを増す(ヒュリエット紙 11.07.20)

アイクト・コジャマン監督(ファナティック紙)  フェネルバフチェは、新シーズンに向けての準備を、朝に行った報道陣にも公開された練習で継続した。

 ジャン・バルトゥ・グランドで、アイクト・コジャマン監督指揮下行われた1時間半の練習では、パス練習、及びセットプレーの練習が行われた。練習では、同監督は、コーナーキックの際、ゴール前で、どのような組織的なプレーをするか、その打合せをしていたように見えた。
 エメニケ、ニャン、セゼルが、チームに合流せず練習を行い、ケガの治療を受けているため、アレックスは練習には不参加であった。ニャンとセゼルはランニングをしていたのに対し、エメニケは個別のなコーチとともに練習を行っていた。ケガをしているアレックスは、明日行われるシャフタル・ドネツクとの練習試合には出場できない。フェネルバフチェの選手は、2011-2012シーズンに向けての準備を、今夕、報道陣には非公開で行われる練習で続ける。
 他方、現在、フェネルバフチェの選手で、コパ・アメリカを戦っている選手の内ルガーノとドス・サントスは、八百長問題のその後の展開に関心を寄せている。




これが、シェノル・ギュネシュ監督の採るシステムだ(ファナティック紙 11.07.19)

シェノル・ギュネシュ監督(イエニ・シャファク紙)  5試合戦った練習試合で、チーム・デザインを示してくれた。トラブゾン・スポルのシェノル・ギュネシュ監督は、試合の組み立てをアドリアン・ミエルゼジェブスキに任せることが明らかになった。そして、攻撃ラインは、ハリル・アルトゥントプ、ブラク、エンリケという3人のスター選手で作り上げることとなった。

 トラブゾン・スポルで、新加入選手でメンバー補強をして、新しいシステムを作り上げようとしているシェノル・ギュネシュの構想が明らかになってきた。これと並行して、トラブゾン・スポルは、特別な場合を除いて、4-2-1-3というシステムを採用しようとしていることが、明確に看て取れるようになってきた。攻撃面で多彩な選手を持っている中から、最善の形を築き上げたい同監督は、守備面での安定を作り上げるための努力を続けている。

                    ジョーカー的役割チェルーストゥカ

 ディフェンスの右にはセルカン・バルジュ、ストッパーにはギライとグロワチュキを起用することが明確になっている監督の構想では、左サイドバックにはチェルーストゥカを起用するつもりであるようだ。ピオトル・ブロゼクの故障が、このチョイスを避けることができないもとしている。ピオトル・ブロゼクが快復した場合には、チェルーストゥカを、左サイドバックから、ギライと組む相手になることが予想される。中盤のゾコラとコルマンは外せない選手。そして、チームの頭脳は、アドリアン・ミエルゼジェブスキが担うことになる。この3人は、チームの各ラインと調和を保ちつつ、試合を組み立てていくことになる。攻撃ラインは、先ずは、ハリル・アルトゥントプとブラク、それにエンリケだ。パウエル・ブロゼク、アランジーニョ、エンギン・バイタルといった重要な選手たちが、控えで出番を待つことになる。




トラブゾン・スポル、風は吹いた、だが止まった(ファナティック紙 11.07.14)

アランジーニョ(右)(イエニ・シャファク紙) ハリル・アルトゥントプ(右)(トラブゾン・スポル公式HP)  新シーズンに向けての準備を続けているトラブゾン・スポルは、ベルギーのチャンピオン・チームのヘンクと行った練習試合で、先制しながら、その優位を保つことができなかった。

 トラブゾン・スポルが、海外キャンプでの4つ目の練習試合を、ベルギーのチャンピオン・チームであるヘンクと戦った。ヘンクが、チャンピオンズ・リーグを戦う舞台であるクリスタル・アリーナ・スタジアムで行われた試合前、ウォーミングアップをしていたギライが、故障を発生させたため、メンバーから除外された。前半は、両者とも無得点で推移したこの試合の後半19分、新加入のエンリケのゴールで、トラブゾン・スポルが先制した。エンギン・バイタルが、グランダーで出したパスを、ヘンクのディフェンダーが大きくクリアしようとしたボールが、アイクトの前にこぼれた。アイクトが強烈なシュートを放つと、エンリケが仕上げを行った。0:1。同32分、フリーの状態でボールを得たヌワンガンガが、ペナルティエリアのライン上より、狙いすましたシュ−トを決め、この試合の結果を告知することとなった。

【トラブゾン・スポル】ボラ・セヴィム=セルカン・バルジュ、ギライ・ブラク、ムスタファ・ユムル(後半45分:バルシュ・アタシュ)、ピオテル・ブロゼク=アドリアン・ミエルゼジェブスキ(後半1分:アイクト)、ゾコラ(後半21分:セゼル)、コルマン(後半21分:メフメット・チャクル)、アランジーニョ(後半1分:エンギン・バイタル)=ブラク(後半1分:ハリル・アルトゥントプ)、エンリケ(後半21分:パウエル・ブロゼク)

※ トラブゾン・スポル公式HPより選手メンバーを引いたところ、本文の記述と相容れない部分がありますが、検証ができませんので、そのままにしておきます。




ブルサ・スポル、ハイドゥク・スプリトにロスタイムに得点を許す(イエニ・シャファク紙 11.07.13)

「ブルサ・スポル vs ハイドゥク・スプリト」戦  ブルサ・スポルが、プレシーズンマッチで、クロアチアのハイドゥク・スプリトに敗れた。

 新シーズンに向けてオーストリアで準備を続けているブルサ・スポルが、キャンプのスケジュールの中に組み込んでいたクロアチアのハイドゥク・スプリトとの練習試合で、0:1で敗れてしまった。ブルサ・スポルは、カールソン、ステパノフ、イブラヒム・オズテュルク、トゥナイ、メフメット・サク、ヌディアイェ、ラマザン、アフメット、ベドゥリ・ジャン、トゥルガイ・バハドゥル、セルジャン・ユルドゥルムを、先発メンバーとしてピッチに送り出した。両者とも、前半は相手を探るのに終始し、ともに無得点のまま終わった。ブルサ・スポルは、後半に入るにあたり。8人の選手を替えて臨んだ。しばしば、相手ゴール前に攻め寄せたブルサ・スポルだったが、残念なことにゴールを生むことができなかった。後半ロスタイム2分、アナス・シャハルビニのセンタリングでボールを得たアフマド・シャハルビニがゴールを決め、スコアを0:1とした。ブルサ・スポルは、今後、キャンプ期間中、7月16日にはPSVアイントホーフェンと、7月20日にはレスターとの練習試合を組んでいる。

【ブルサ・スポル】スコット・カールソン(後半30分:ハルン・テキン)、ステパノフ、イブラヒム・オズテュルク、トゥナイ・アジャル(後半1分:セルダル・アズィズ)、メフメット・サク(後半1分:ジェマル・カルドゥルム)、ヌディアイェ(後半28分:ステリアン・キリタ)、ラマザン・サル(後半1分:フェデリコ・インスア)、アフメット・アル(前半31分:ヴォルカン・シェン)、ベドゥリ・ジャン・オズドーアン(後半1分:オザン・イペク)、トゥルガイ・バハドゥル(後半1分:オカン・デニズ)、セルジャン・ユルドゥルム(後半1分:タハジャン・ベリオウル)

 ※ ブルサ・スポル公式HPより選手メンバーを引いたところ、本文の記述と相容れない部分がありますが、検証ができませんので、そのままにしておきます。




タイフル・ハヴッチュ監督、ディフェンス強化を求めている(イエニ・シャファク紙 11.07.12)

タイフル・ハヴッチュ監督 エゲメン(ヒュリエット紙) エルサン(ベシクタシュ公式HP)  この1週間、オーストリアに滞在しているベシクタシュの選手たちは、昨日の午後行われたバーベキュー・パーティで、素敵な時間を過ごした。タイフル・ハヴッチュ監督は、キャンプはうまく進んでいると言い、ディフェンスに抱えている不安を補強したいということを示唆した。このバーベキュー・パーティで、一番楽しそうに見えたのは、グティとクアレスマだった。

 オーストリアのザルツブルク市近郊のレガンク市で、新シーズに向けての準備を続けているベシクタシュで、同行記者団とともにバーベキュー・パーティが行われた。ベシクタシュ選手団が宿泊しているホテルで行われたバーベキュー・パーティに、ベシクタシュのセルダル・アダル、ジェギズ・ズルフィカルオウル、メフメット・ソイサル各理事、コーチ陣、選手、それに同行記者団が一堂に会した。このバーベキュー・パーティでは、グティとクアレスマのはしゃぎょうが、他の選手を圧倒していたのが見逃すことができないことで、しばしばチームメイトと冗談を交わしていたのが注目を惹いた。タイフル・ハヴッチュ監督は、「エルサンが傷んだ以外は、頗る順調に進み、得るところがあった。新シーズンでは、ディフェス面での不安を持ちたくない。我々には、ピッチに送り出すに値する3つのチームを組むことができる。だが、エルサンが傷み、エゲメンの故障が長期に渡るがため、我々の全能力を発揮できないでいることで頭を痛めている。キャンプが終わると、理事会に報告書を提出する。特にディフェンス面の強化、なかでも右サイドのディフェンスの強化が必須である」と述べた。




ガラタサライ、ウンターハッヒンクに掴まる、アルダは故障(イエニ・シャファク紙 11.07.11)

ウイファルシ(右)(ガラタサライ公式HP) ハカン・バルタ(右)(ガラタサライ公式HP)  ガラタサライは、ピッチに、ウフク・ジェイラン、サブリ、ウイファルシ、セルヴェト、ハカン・バルタ、クリオ、ジェイフン・ギュルセラム、イエクタ、ピノ、スタンク、バロシュを、先発メンバーとして送り出した。前半28分、ピノのパスを受けたスタンクがゴールを決めたかに見えたが、オフサイドの判定でゴールを取り消された。ガラタサライは、この前半、最初から最後まで優勢を保ったが、無得点で終わることになった。後半に入るにあたり、ガラタサライは、バロシュ、クリオ、イエクタ、ピノ、ウイファルシを下げ、替わりに、アルダ、セルチュク・イナン、エルマンダー、ギョクハン・ザン、コリン・キャーズム・リチャーズを送り出した。後半7分、サブリのパスを受けたコリン・キャーズム・リチャーズがゴールを決め先制した。このゴールから3分後、ウンターハッヒンクが同点に追いついた。同18分、アルダが相手選手とのせめぎ合いのなか傷んでしまい、試合続行が難しく、アイドゥン・ユルマズと交替した。残りの時間では、新たなゴールを生まれることなく、試合は1:1の同点のまま終わった。故障を発生させたアルダの状態は、検査の結果明らかになるだろう。

【ガラタサライ】ウフク・ジェイラン=サブリ、ウイファルシ(後半1分:ギョクハン・ザン)、セルヴェト、ハカン・バルタ(後半30分:チャーラール・ビリンジ)=クリオ(後半1分:コリン・キャーズム・リチャーズ)、ジェイフン・ギュルセラム(後半30分:エムレ・チョラク)、イエクタ(後半1分:セルチュク・イナン)、ピノ(後半1分:アルダ 後半18分:アイドゥン・ユルマズ)=スタンク(後半30分:アヌル)、バロシュ(後半1分:エルマンダー)




諦めかけたところを、ブラクが救う(ヒュリエット紙 11.07.10)

エンリケ(右)(トラブゾン・スポル公式HP) アドリアン・ミエルゼジェブスキ(左)ブラク(右)(トラブゾン・スポル公式HP)  トラブゾン・スポルは、オランダ・キャンプでの3つ目の練習試合を、ベルギーのヘントと戦い、後半から出場したブラク・ユルマズのゴールで勝利を収めた。

 トラブゾン・スポルが、オランダ・キャンプでの3つ目の練習試合で、ベルギーのヘントに2:1で勝った。ヘルモント市で行われたこの試合、地元に警備の負担をかけないため、無観客で行われた。従って、この試合は、僅か10人の報道関係者のみが見守ることとなった。前半23分、バルシュ・アタシュがペナルティエリア内で、ボールに手を出したために、主審はPKを与えた。このPKを、エウ・ガナシーが決め、ヘントが先制した。0:1。トラブゾン・スポルは、エンリケがゴールに近づいたとしても、前半はスコアは変わらずに終わった。

                    アシストはアランジーニョ

 シェノル・ギュネシュ監督が、ここまでの2試合では起用しなかったブラク・ユルマズを、この試合の後半から投入した。昨季、名を轟かせたブラクが放ったゴールが、トラブゾン・スポルに勝利をもたらした。後半26分、アドリアンのスルーパスに反応し、相手の奥深いところまでえぐったブラクは、ボールをアランジーニョに出した。そして、アランジーニョが、相手のGKの傍らからボールをブラクに渡した。ブラクが、グランダーのシュートを放つと、ボールは相手ゴールネットを揺らしていた。1:1。同31分、アドリアンの右サイドからセンタリングを、PKポイントのところで受けたブラクは、このボールをダイレクトに狙いすましたシュ−トを放つと、再び相手ゴールネットを揺らしたのだった。2:1。

【トラブゾン・スポル】ボラ・セヴィム=バルシュ・アタシュ(後半1分:セルカン・バルジュ)、ギライ・ブラク、アイクト(後半34分:エンギン・バイタル)、フェルハト(後半22分:アランジーニョ)=メフメット・チャクル(後半1分:アドリアン・ミエルゼジェブスキ)、ゾコラ(後半22分:コルマン)、セゼル・バドゥル(後半1分:ムスタファ・ユムル)、セルジャン・カヤ(後半1分:エレン・アルバイラク)=エンリケ(後半1分:ブラク)、パウエル・ブロゼク(後半1分:ハリル・アルトゥントプ)




アルメイダ、練習試合で冴える(イエニ・シャファク紙 11.07.09)

タイフル・ハヴチュ監督(ファナティック紙) アルメイダ(ヒュリエット紙)  新シーズンに備えて、オーストリアのザルツブルク州レガンク市で準備を続けているベシクタシュは、朝の練習を行った。このベシクタシュの練習を、ベシクタシュのユルドゥルム・デミレーレン理事長が、ガジアンテップ・スポルのイブラヒム・クズル理事長とともに視察した。タイフル・ハヴチュ監督指揮下で、1時間半行われた練習で、選手たちは、まずコンディション調整を行ったあと、練習試合を行った。試合では、イブラヒム・トラマンを主将とする、グティ、アルメイダのチームが、新加入選手で構成したチームを、5:0でくだしたが、5ゴールの内4ゴールを、アルメイダがたたき出した。なお、この練習では、エゲメンはランニングを行っただけであり、チームの練習には加わらなかった。現在、ポルトガルに滞在中のクアレスマも、練習には加わっていない。ベシクタシュの練習は、本日は、報道陣には非公開で行われる予定である。

                    クアレスマの母親、手術を受ける

 クアレスマの母親が、ポルトガルで心臓手術を受けたことが明らかにされた。クアレスマは、母親の状態に不安があったため、遅れてキャンプにやって来たが、母親が病院に搬送されたことを知り、キャンプを離脱していた。クアレスマは、母親が覚醒したあと2日以内には、キャンプに戻ってくるものと思われる。




疾風は、今回は吹くことかなわず(イエニ・シャファク紙 11.07.08)

ハリル・アルトゥントプ(右)(トラブゾン・スポル公式HP) エンリケ(右)(トラブゾン・スポル公式HP)  海外キャンプ最初の練習試合で、ウルディンゲンをくだしたトラブゾン・スポルだったが、2試合目のルーマニアのオツェルル・ガラツィには、思い通りにはいかなかった。前半43分、ネグアのゴールでリードを許したトラブゾン・スポルは、後半7分、新加入のハリル・アルトゥントプのゴールで同点に追いついた。

 トラブゾン・スポルは、新シーズンを前にして行っているオランダ・キャンプでの練習試合第2戦を、ルーマニアのオツェルル・ガラツィと戦い、1:1で引き分けた。前半25分、ヴィグリアンティの蹴ったフリーキックのボールは、まず、バーに当たったあと、GKトルガに当たり、コーナーキックとなった。同43分、ペナルティエリア内にボールを持ち込んだエアグの放ったシュートは、ムスタファ・ユムルに当たったあと、ゴールインしてしまった。0:1。後半7分、アランジーニョのパスを、ペナルティエリア内で得たハリル・アルトゥントプがシュートを放つと、バーに当たってからゴールインした。1:1。同40分、相手GKと1対1となったエレン・アルバイラクの放ったシュートは、ゴールマウスを捉えることができなかった。そして、試合は1:1のまま終わった。

【トラブゾン・スポル】トルガ・ゼンギン=セルカン・バルジュ、ギライ・ブラク、ムスタファ・ユムル、ピオトル・ブロゼク(後半38分:エレン・アルバイラク)=アドリアン・ミエルゼジェブスキ(後半17分:セゼル・バドゥル)、コルマン(後半24分:バルシュ・アタシュ)、ゾコラ(後半30分:アイクト)、アランジーニョ(後半30分:フェルハト)=ハリル・アルトゥントプ(後半24分:メフメット・チャクル)、エンリケ(後半15分:パウエル・ブロゼク)




イブラヒム・カシュと3年契約(ヒュリエット紙 11.07.07)

エルトゥールル・サーラム監督(ヒュリエット紙) イブラヒム・カシュ(スター紙)  ブルサ・スポルは、昨季、スペインのヘタフェに所属していたイブラヒム・カシュと、3年契約に調印した。

 オズルジェ・クラブハウスで行われた調印式で、イブラヒム・カシュは、昨季は、トルコ杯を制し、今季は、UEFA欧州リーグに参戦することになっているチームに来れて幸せだと言い、ブルサ・スポルが好成績を残せるよう、チームメイトともに全力を出したいと述べた。
 エルトゥールル・サーラム監督と、以前にもともに仕事をしたことがあるに触れたイブラヒム・カシュは、「エルトゥールル・サーラムと、再びプレーできることに、とっても満足している。ブルサ・スポルのサポーターは、とっても熱いサポーターだということは、誰しもが知るところだ。そのような心強いサポーターの前でプレーでき幸せだ」と語った。
 ブルサ・スポル理事のネジメッティン・コジャマンは、この移籍は、エルトゥールル・サーラム監督のレポートに基づき行ってきたことを明らかにした。
 イブラヒム・カシュが、ブルサ・スポルの選手として活躍してくれるものと信じているという同理事は、「長きに渡り、ブルサ・スポルで汗をかいて欲しい。イブラヒム・カシュは、ヨーロッパ・クラスの選手だ。明日の午後には、オーストリア・キャンプに合流することになっている。この移籍が、チームに幸多きことを願っている」と語った。




チェルーストゥカがやって来る(ファナティック紙 11.07.06)

シェノル・ギュネシュ監督(NTV) オンドゥルジェイ・チェルーストゥカ(スラヴィア・プラハ公式HP)  トラブゾン・スポルの選手補強は終わらない。トラブゾン・スポルの首脳陣がとっても欲しがっているチェコ人ストッパー、チェルーストゥカ、及び、スラヴィア・プラハと移籍について基本的合意に達した。チェルーストゥカは、この週末には、トラブゾン・スポルのキャンプに合流するものと思われる。

 選手補強を急ぐトラブゾン・スポルの活動は終わらない。ほぼいずれのポジションをも補強してきているトラブゾン・スポルが、現場の意向に沿い、ディフェンスの強化を行ない、選手の選択肢の幅が広がった。シェノル・ギュネシュ監督が獲得を強く望んだチェルーストゥカは、トルコに行きたい旨、クラブ側に伝えた。当初は、移籍に関し関心を寄せていなかったスラヴィア・プラハだったが、説得に応じた可能性が高くなった。
 22歳のチェルーストゥカ獲得に向けて、交渉を重ねてきたトラブゾン・スポルは、短期間で、その交渉を終わらせるつもりでいる。情報によれば、遅くとも今週末には、チェルーストゥカ本人はオランダ・キャンプに合流するということだ。




アルダ、もう1年、ガラタサライに(ヒュリエット紙 11.07.05)

ファーティフ・テリム監督(ファナティック紙) アルダ(ヒュリエット紙)  アルダ主将と、1時間半に渡り、顔をつき合わせて話し合ったファ−ティフ・テリム監督は、アルダが、今季、ガラタサライに残留するよう説得した。

 ガラタサライで、終わりがなきが如く長々と続いたアルダ・トゥラン危機を、ファーティフ・テリムが解決した。ここまで、アルダの将来について係わってこなかった同監督は、アルダと、昨日会談を持った。そして、ついにアルダをフロリヤに留まることを明確にしたのだった。これにより、2012-13シーズン終了まで、ガラタサライとの契約があるアルダは、少なくとも1年間、ガラタサライのユニフォ−ムを着ることとなった。

                    アルダに忠告

 練習の際、アルダと親密に対話をしていた同監督は、オーストリア・キャンプ中で話し合う機会を持った。丁度1時間半、アルダと1対1の会談を持った同監督は、善意からの忠告も含めた親密な態度で話し合ったあと、アルダを、少なくとも今後1年は、ガラタサライでプレーすることを説得した。




トラブゾン・スポル、最初のリハーサル、難なく突破(イエニ・シャファク紙 11.07.04)

ギライ・ブラク(左端)(トラブゾン・スポル公式HP) エンリケ(右)(トラブゾン・スポル公式HP)  トラブゾン・スポルのオーストリア・キャンプ中の最初の練習試合をウルディンゲンと戦い、これを難なく突破した。

 新シーズンに向けて、オーストリアでキャンプを張っているトラブゾン・スポルが、最初の練習試合を、オーストリア4部に所属するウルディンゲンと戦い、これを0:2でくだした。トラブゾン・スポルのシェノル・ギュネシュ監督は、補強組の中からエンリケとアドリアン・ミエルゼジェブスキを、先発に起用した。一方、ゾコラとハリル・アルトゥントプは起用しなかった。前半11分、アドリアンの蹴った右コーナーキックに合わせて、ペナルティエリア内でいいジャンプをしたギライ・ブラクが、ヘッドで合わせゴールを決めた。0:1。後半25分、ギライ・ブラクの出したロングパスで、ディフェスの裏を取ったエンリケが、相手GKの頭上越しにゴールを決めた。0:2。同43分、エレン・アルバイラクのセンタリングに、ジャンプしたセルジャン・カヤがヘッドで合わせると、GKは、ぎりぎりゴールライン際のところからコーナーに逃げることができた。そして、試合は、トラブゾン・スポルが0:2と優位を保ったまま終わった。なお、この試合を、約6千人の在外トルコ人が観戦をしていた。

【トラブゾン・スポル】ボラ・セヴィム(後半36分:ゼキ)=バルシュ・アタシュ、ギライ・ブラク、ムスタファ・ユムル、フェルハト=メフメット・チャクル(後半1分:セルジャン・カヤ)、コルマン(後半16分:アイクト)、セゼル・バドゥル(後半30分:エレン・アルバイラク)、アドリアン・ミエルゼジェブスキ、パウエル・ブロゼク(後半1分:アランジーニョ)=エンリケ(後半36分:ピオトル・ブロゼク)




ロリック・サナはイスタンブルに留まり、ムスレラがガラタサライに入った(イエニ・シャファク紙 11.07.03)

ムスレラ(ファナティック紙) ロリック・サナ(イエニ・シャファク紙) ラツィオとガラタサライが、アルバニア人選手ロリック・サナのトレードで合意に達した。従って、ロリック・サナは、ガラタサライのオ−ストリア・キャンプには帯同されなかった。ムスレラに対しては、年俸として220万EUROが支払われ、4年契約で調印される。

 新シーズンに向けて、第2次キャンプを行うため、オーストリアに向かったガラタサライで、補強についての動きが続いている。ガラタサライのオーストリア・キャンプには、ムスレラの交換要員として使われるロリック・サナは帯同されなかった。ロリック・サナの移籍に関し、ムスレラとのトレードでラツィオ入りすることで合意に達したということだ。両者の合意によると、ガラタサライはムスレラの獲得に対し、ラツィオ側にロリック・サナにプラス200万EUROの金銭が支払われる。4年契約が結ばれることが予想されるこのウルグアイ人GKには、年俸220万EUROが支払われる。




昨季のチャンピオン、フェネルバフチェ始動(ヒュリエット紙 11.07.02)

アイクト・コジャマン監督(ファナティック紙)  フェネルバフチェは、新シーズンに向けての準備を、ジャン・バルトゥ・グランドで行った練習で取りかかった。

 トルコ・リーグで、5月22日(日)にシワス・スポルを4:3でくだし、優勝を成し遂げたフェネルバフチェが、39日間の休暇を経て、昨日、最初の練習を行った。ジャン・バルトゥ・グランドでの、新シーズンに向けての最初の練習を前に、自らの周りに招集をかけたアイクト・コジャマン監督は、選手たちに、準備の期間に関しての告知を行っていた。この練習には、21人の選手が参加した。同監督の下でのミーティングのあと、選手たちは、グループを組んでランニングを行った。そして、ハーフコートを使ったミニゲームで、この日の練習を打ち上げた。21人の選手で始動したフェネルバフチェの新加入選手であるエメニケ、オルハン・シャム、セゼル・オズテュルクは、ミニゲームでは、初ゴールをあげていた。セルダル・ケシマルは、他の代表選手とともに、7月7日にはチームに合流する予定である。新シーズンには構想外となっているファビオ・ビリカも、チーム練習に姿を見せていた。




トラブゾン・スポルの風は嵐のごとく吹き荒れるだろう(イエニ・シャファク紙 11.07.01)

シェノル・ギュネシュ監督(ファナティック紙)  トラブゾン・スポルのシェノル・ギュネシュ監督は、オランダで続けられているキャンプを評して、「昨季より更にいいチームを作り上げることができた。公正なるリーグ戦で、トラブゾン・スポルは、ただ事ではないチームとなる」と主張した。

 トラブゾン・スポルは、2011-12シーズンに向けての海外キャンプとして訪れたオランダで、第1段階の練習を行っているが、シェノル・ギュネシュ監督の評するところによれば、新シーズンでは、リーグに嵐を巻き起こし続けるだろうと述べた。新加入の選手で、昨季より更にいいメンバーになったと言う同監督は、「トラブゾン・スポルのいい選手たちが、更に良くなった。昨季は、わがチームが、いかにいいチームだということを示すことができた。今季、正しく推移していくと、更にいい結果を手に入れられると信じている」と語った。トラブゾン・スポルのオランダ・キャンプには、在外トルコ人たちの熱い関心を買っている。トラブゾン・スポルが投宿しているホテルには、多くの在外トルコ人が押し寄せ、長い間、選手たちからサインをもらうために待っている。また、トラブゾン・スポルのキャンプには、オランダの各都市から、在外トルコ人がやって来ている。外国で生活しているトラブゾン・スポルのサポーターたちの示す関心は、選手たちのやる気を増大させている。トラブゾン・スポルは、オランダで、5試合の試合を組んでいる。その最初の試合は、7月3日(日)に、ドイツのウルディンゲンと行う予定である。




ブルサ・スポルより2発炸裂(ファナティック紙 11.06.30)

ミカエル・クレティアン・バッサー ランドリー・ヌゲモ  ブルサ・スポルは、長い努力の結果、ナンシー所属のボランチ、ヌゲモと、右サイドができるバッサーの2人と、移籍に関して全ての点で合意に達した。あとは、調印を待つだけである。

 ウエスト・ブロムヴィッチからGKカールソンを獲得して以後、外国人選手の補強では音無の構えであったブルサ・スポルが、ついに移籍爆弾を炸裂させた。先ずは、ボランチの補強をしたいブルサ・スポルは、最終的にナンシー所属で、パスを自身が持っているヌゲモと、移籍に関し全ての点で合意に達した。カメルーン人選手のヌゲモの代理人と、移籍に関する諸問題を解決したブルサ・スポルは、この25歳の選手との調印に向けての準備をしているところだ。更に、ブルサ・スポルは、右サイドバックのできる選手探しについても終わりがやってきた。グラスゴー・レンジャーズのウィテカー獲得は不調に終わったブルサ・スポルは、これまたナンシー所属のミカエル・クレティアン ・バッサーと、移籍に関し基本的合意に達したのだ。

                    複数のポジションをこなせる

 トルコでプレーすることに、かなり熱い眼差しを向けているモロッコ出身のフランス人選手であるバッサーは、単に右サイドバックができるだけではなく、左サイドバックもできる。26歳で活躍の著しいバッサーは、昨季は26試合に出場している。これら2人の選手と合意に達したブルサ・スポルは、近々、この2人と正式な調印の運びになる予定である。




トラブゾン・スポル、オランダに飛ぶ(ファナティック紙 11.06.29)

シェノル・ギュネシュ監督(ザマン紙)  新シーズンに向けての準備の第1クールを、1週間、トラブゾンで行ったトラブゾン・スポルが、海外キャンプに向け、今朝、オランダに向かった。

 オランダで、2段階のキャンプに入るトラブゾン・スポルは、まず、7月11日まで、アルンハイム市のヘードルロー町で、フィジカル面に重点を置いた練習を行う。
 そして、その後、ヘンロ市のテゲレン町に移り、7月18日まで、戦術面中心の練習を行うことになっている。
 トラブゾンから、今朝、トルコ航空で13人の選手で出発し、イスタンブルで13人が合流し、総計26人の選手団で、ドイツのデュッセルドルフに向かうことになっている。そして、そこからアルンハイムに向かうのだ。
 故障を発生させているタイフンは、状態によって、参加するかどうかが決まるということが明らかにされている。




、、そして、ベシクタシュは新シーズンに入った(ファナティック紙 11.06.28)

シドネイ(左)ベベ(右)(イエニ・シャファク紙)  スター選手を欠くベシクタシュが、昨日の午後に行った一部練習で、新シーズンに向けての準備を開始した。ウムラニエ・グランドでの練習には、べべとシドネイの姿はあった。

 トラブゾン・スポルに次いで、ベシクタシュも、新シーズンに向けて始動した。昨日、ウムラニエ・ネヴザト・デミル・グランドに集合したベシクタシュの選手は、午後に、最初の練習に入った。新加入の選手と昨季からの選手との顔合わせが行われたが、選手たちは、以前からの知り合いのように、互いに冗談を言い合っているように見受けられた。ロランド・コッホ新コーチの指導のもと、軽い練習を行った選手たちは、ウォーミングアップを行ったあと、ハーフコートを使いミニゲームを行っていた。休暇をもらっているシマオとオーレリオ、並びに、クアレスマとグティも不参加であった。また、ヴァレンシアから移籍したフェルナンデスも、チームに合流していなかった。更に、代表に召集されているアルメイダ、エクレム・ダー、シヴォク、イスマイル・キョイバシュ、エゲメンも、練習には姿がなかった。

                    新加入の選手は参加

 新加入のべべ、シドネイ、タンジュ・カイハン、メフメット・アクユズ、ブラク・カプラン、ムスタファ・ペクテメクは、姿があった。




ガラタサライ、シーズンイン(ヒュリエット紙 11.06.27)

ファーティフ・テリム監督(タクヴィム紙)  史上最悪のシーズンを、昨季送ったガラタサライが、2011-12シーズンに向けての準備を、ファーティフ・テリム新監督の指揮下始めた。

 ガラタサライの選手、監督に就任したファーティフ・テリム、コーチのハサン・シャシュ、ウミト・ダヴァラが、フロリヤ・メティン・オクタイ・グランドに集合した。
 グランドに集合した選手たちは、シーズンイン初日は、メディカル・チェックを受けるとともに、初めての練習を行った。一つのグループは、バフチェリエヴレル医療センターでメディカル・チェックを受け、他のグループは、グランドで、ハサン・シャシュとウミト・ダヴァラ両コーチ指揮下で、約1時間半、基礎練習を行った。
 既に、メディカル・チェックを受けている新加入選手の、ヨハン・エルマンデル、トマス・ウイファルシ、セルチュク・イナン、ジェイフン・ギュルセラム以外の、残っている選手は、火曜日・水曜日の内に検査を受けることになっている。

                       エルマンデルとウイファルシ、後日参加

 ガラタサライの首脳陣から許可を得ている新加入のヨハン・エルマンデル、トマス・ウイファルシ、セルチュク・イナン、それに、コリン・キャーズム・リチャーズは、今朝行われた練習には不参加であった。セルチュク・イナンとコリン・キャーズム・リチャーズの2人は、本日の午後の練習には参加予定だと明らかにされているが、トマス・ウイファルシは6月30日(木)に、そして、ヨハン・エルマンデルには7月1日(金)には、チームに合流するということだ。




トラブゾン・スポル、新シーズンに向けて継続中(ファナティック紙 11.06.26)

シェノル・ギュネシュ監督(サバハ紙) チャレ(ファナティック紙)  トラブゾン・スポルは、新シーズンを前にして準備を継続中である。

 シェノル・ギュネシュ監督指揮下、メフメット・アリ・ユルマズ・グランドで行われた練習に、スペインのセヴィージャから加入したコートジボワール人選手ディディエル・ゾコラと、故国から戻ってきたパウエル・ブロゼクが加わった。
 ブラジル人選手アランジーニョは、明日、チームに合流して練習を始めること、また、ブラクとエンギン・バイタルも、明日の午後にはトラブゾンに入っていることが明らかにされた。
 トラブゾン・スポルの構想から外れているチャレは、トラブゾンに喚ばれているが、チームとは離れて練習を行うことが明らかにされている。また、チャレに対しては、ここまでトラブゾン・スポル側に正式なオファーは届いていないということだ。
 一方、交通事故に遭ったガブリッチは、故国で治療を続けていることが、そして、契約は凍結されていることも明らかにされている。
 トラブゾン・スポルは、今日の午後行う練習で、新シーズンに向けての準備を続ける。
 なお、トラブゾン・スポルは、補強作業を、一旦停止し、オランダ・キャンプの様子を見て、再び移籍市場に参入するつもりである。





進む メイン・ページ 戻る
SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO