サッカーのニュースばかりを集めています。試合の報道、移籍の噂、外国で活躍するトル コ人選手のことなど、、、






オコチャ(PSG) ベシクタシュに、オコチャを提案(ミリエット紙 01.6.4付 )

 ヌーマを獲得したいパリ・サンジェルマンは、交換選手として考えてるディアワラで説得できないと、代わりにオコチャを提案してきた。
 フランスのパリ・サンジェルマンは、ヌーマを獲得するために、ベシクタシュに新たな提案をしてきた。フランス側は、ヌーマとの交換に、ディアワラを求めたようであるが、この選手がイスタンブール行きを拒否すると、話がややこしくなってしまった。そこで、パリ・サンジェルマンからベシクタシュに来た新しい提案によると、かつてフェネルバフチェにいたオコチャと150万ドルを出そうというのである。
 理事長セルダル・ビルギリは、獲得するための形式的な方法を模索すべくパリへ行く用意をしていたころ、突然落ち着かなくなったところをみると、実現できなかったようだ。このナイジェリアのスター選手が、トルコ人の地位でプレーすることを主張したからのようだ。また、この間ミュンヘン1860でプレーしているネジャット・アイドゥンと合意に達したということが知られている。




代表選手は“たいふぅん”のよう、3:0(ファナティック紙 01.6.3付 )

トルコ対アゼルバイジャン  トルコ代表は、アゼルバイジャンに完勝したが、レアル・ソシエダで活躍するタイフン・コルクトが先制点をあげ、2点目のアシストもして、ヒーローとなった。

          100ゴール目を放つ

 トルコ代表は、アゼルバイジャンに完勝し、予選グループ首位に躍り出た。怒濤のごとく試合を始めたトルコ代表は、開始僅か1分のタイフンのゴールで、楽になった。また、このゴールは、トルコ代表のW杯予選での100ゴール目となるメモリアル・ゴールでもあった。更に、タイフンは、前半30分にも、オクタイに打って下さいと言わんばかりのパスを通し、2点目を演出する立て役者となった。もう1点は、ハカン・シュケルの放ったものである。

          国際軍団

 アゼルバイジャン戦のトルコ代表は、正に国際軍団である。アストン・ヴィラのアルパイ、インテル・ミラノのハカン、ブラックバーン・ローヴァースへ移籍予定のトゥガイ、レアル・ソシエダのタイフン、インテル・ミラノと契約したエムレとオカンが、スターティング・メンバーに名を連ねた。また、途中交代で入ったユルドゥライは、ボーフムの選手である。




ベンフィカより驚きのオファー(ファナティック紙 01.6.1付 )

ジャルデル(ガラタサライ)  ジャルデルを、シーズン中には獲得することのできなかったポルトガルの各クラブは、ガラタサライの気を引くようなオファーをしてきた。ジャルデルの替わりにファン・ホーイドンクを提案してきたベンフィカは、更に金銭を上乗せする意向を持っている。

           確認書が条件

 ベンフィカは、2度に渡って、ガラタサライの戸をたたいてきた。シ−ズン中にガラタサライからジャルデルを獲得したくて、手厚い努力を重ねてきたが、それが実らなかったベンフィカは、新たなオファーを出してきた。ベンフィカ所属のピエール・ファン・ホーイドンク放出を提案してきたベンフィカは、これとは別に金銭を上乗せする意向を持っているようだ。この提案を受けた理事者は、金銭的保障を得るために、確認書を求める書簡を送った。

           トゥトゥムルが担当者

 ポルトガルのクラブと問題を抱え、ポルトガルから離れたがっているオランダ人選手は、ガラタサライへ来たいという希望を持っている。今季19ゴールをあげたファン・ホーイドンクは、得点王争いでは、22ゴールをあげた同僚のペナに次いで2位の成績だった。ガラタサライの理事者たちは、選挙の前に、この問題に決着をつけようとしている。そのため副理事長メフメト・ジャンスンは、ベンフィカ側理事者と会うために、マネージャーのバイラム・トゥトゥムルをポルトガルに派遣した。




セルゲン 背番号10は、セルゲンのもの(アクシャム紙 01.5.31付 )

 トラブゾンから離れることを決め、ベシクタシュには「ただでも同意する」と言っていたセルゲンだが、ガラタサライと合意に達した。

          ビルギリ、セルゲンを消去

 アフメット・ハムオールが、「やつが来るのなら、おれはいらないね」と言ったにもかかわらず、理事長セルダル・ビルギリを説得したセルゲンだが、ベシクタシュが85万ドルのオファーを出したところに、ガラタサライが125万ドルのオファーを出すと、それを受け入れてしまった。「セルゲンの名前など聞きたくないよ」と、ビルギリは言っている。

          「頭を悩ましてるんだ」

 セルゲンは、近しい人に次のように述懐している。「ガラタサライは、金とハジ(ギ)のユニフォ−ムを用意してくれた。どうして、ノーと言ったかって? ベシクタシュと合意に達する前に、ライターやサポーターの一部に、自分を拒否するものがあったのさ。ベシクタシュに行って、頭を痛めたくなかったのさ」




アンデション(フェネルバフチェ) アンデションは売りに(ミリエット紙 01.5.30付 )

 フェネルバフチェ、スウェーデンのスター選手の買い手を探す

 フェネルバフチェの理事者は、今季初めに1000万ドルで獲得したアンデションの買い手を求めている。来季、チャンピオンズ・リーグで活躍できるための選手を確保するために、外国人割り当てに空きを作り、且つ選手生活を終わらない内に、アンデションで稼ごうとすることを目的にしていると考えられる。
 理事者側は、ラゼティッチとトルコ人選手には、「年棒アップと契約年数の延長」の提案をすることに決した。200万ドルの移籍金で獲得されたラゼティッチに対しては、年棒50万ドルが考えられている。年齢が若いということで、契約期間を4年間延長したいと考えている理事者側の提案に対し、ラゼティッチ自身は、熱い視線を向けている。

         リュシュトゥの最終決断

 代表のキーパーでもあるフェネルバフチェのリュシュトゥは、フェネルバフチェに残らない場合は、ファーティフ・テリムとともに、インテル・ミラノに行くだろうと考えられている。リュシュトゥのマネージャーのサッフェト・サンジャクルは、「ファーティフ・テリムは、確かにリスト・アップしている。しかし、移籍話があるのかどうかは、テリムが、インテルと契約をした後に分かることだ。リュシュトゥは残りたがっている。国外から来るオファーの内容は、リュシュトゥが希望する金額で明らかになるだろう」と語った。

         ラパイッチに700万ドル

 フェネルバフチェのクロアチア人のスター選手ラパイッチに対し、イタリアのフィオレンティーナよりオファーが来ていることが明らかになった。ファーティフ・テリムが以前所属していたこのクラブは、移籍金として700万ドル出すつもりだ。しかし、ラパイッチを獲得するために1000万ドル出したフェネルバフチェ側は、1500万ドルを要求する構えである。そして、もしこの金額が出されるならば、移籍に応じるつもりだ。当のラパイッチは、昨日、国に帰ろうとして食あたりになり、空港で治療を受けた。




シェノル・ギュネシュ監督 アルパイも帰ってきたぞ! 今、新たな興奮のとき(ファナティック紙 01.5.29付 )

 代表チーム監督シェノル・ギュネシュは、国民の注目を代表チームに向けるときであり、「このチャンスを見逃す手はない」と語った。

            我々は戦うのだ

 2002年W杯予選でアゼルバイジャン及びマケドニアと戦う代表チーム監督シェノル・ギュネシュは、自分の主張を展開した。47年ぶりに巡ってきたこのチャンスを、決して見逃す手はないと語るこの卓越した能力の持ち主である監督は、「ある限りの能力を発揮して、我々は戦う。コーチ陣、選手一同、トルコ全体が、このことを信じている。リーグ戦の興奮は終わったのだ。国民の興奮が、今、始まるときだ。願わくは、この2試合で勝ち点6を手に入れたい」と語った。

            欠けているメンバー

 ヨーロッパで活躍するトルコ人選手が日ごとに増えていく一方で、それが決して代表チームに反映されていないと述べる同監督は、「しかも、何もしないで戻ってきた選手もいる。いい例が、アリフだ。彼を代表チームに加えることを、私は望んだ。が、どうも難しい時期を過ごしているようだ」と語った。また、オギュン、ハカン・ウンサル、ムスタファ・イゼット、セルゲンは、ケガのため不参加であること、しかし、この先、また代表チームに招集することを明らかにした。




代表チーム招集(ファナティック紙 01.5.28付 )

代表チーム  代表チームが、2002年W杯予選のアゼルバイジャン及びマケドニア戦を6月に行うために、本日イスタンブールで合宿に入る。ポラト・ルネサンス・ホテルで合宿に入る代表チームは、最初の練習を、ガラタサライのフロリア・メティン・オクタイ・グラウンドで行う予定である。

          合宿はイスタンブールで

 リーグ戦の終了とともに、衆目は代表チームに注がれている。2002年W杯予選で6月2日にアゼルバイジャンと、また6月6日にマケドニアと戦うために、本日合宿に入るトルコ代表チームは、フロリア・メティン・オクタイ・グラウンドで、水曜日まで練習を続ける予定である。なおアゼルバイジャン戦は、スペインの審判団が裁くことになっている。

          試合はイスタンブールとブルサで

 アゼルバイジャン戦は、6月2日土曜日、イスタンブールで行われる。イノニュ・スタジアムで、午後8時開始である。マケドニア戦は、6月6日ブルサで行われる。アタテュルク・スタジアムで、午後8時30分開始である。なお審判団は、アゼルバイジャン戦はスペイン、マケドニア戦はイタリアである。

          代表チームメンバー

 オカン・ブルク、エルギュン・ペンベ、ファーティフ・アクイェル、ハサン・シャシュ、エムレ・ベレズオール、ビュレント・コルクマズ、ウミト・ダヴァラ(ガラタサライ)、タイフル・ハヴッチュ、ニハト・カフヴェジ(ベシクタシュ)、リュシュトゥ・レチベル、アブドゥラハ・エルジャン(フェネルバフチェ)、オメル・チャクトゥッチ、ハサン・オゼル(ガジアンテップ)、ウミト・オザット(ブルサ)、オクタイ・デレリオール、メティン・アクタシュ(トラブゾン)、ハカン・シュクル(インテル・ミラノ)、アルパイ・オザラン(アストン・ヴィラ)、タイフン・コルクト(レアル・ソシエダ)、トゥガイ・ケリムオール(グラスゴー・レンジャース)、ユルドゥライ・バシュトュルク(ボーフム)




ゲオルグ・ハジ(ギ) さようなら、ハジ(ギ)(アクシャム紙 01.5.27付 )

 丁度5年、トルコでサッカ−人生を送っている間に、ガラタサライのみならず、トルコ・サッカーに多大の貢献をしたハジ(ギ)が、昨日、お別れの試合に登場した。スタジアムは、“ハジ(ギ)”の連呼で唸りをあげ、それに対し、ハジ(ギ)は、素晴らしいゴールで応えた。

ゲオルグ・ハジ(ギ)           トラブゾン・スポルのサポーターも、拍手で迎える

 ガラタサライにとっては、昨日は、単に、優勝を目指すに重要な試合だったというわけではなかった。同時に、丁度5年間ガラタサライで活躍し、その内4年はリーグ優勝に、またUEFAカップでの闘いやチャンピオンズ・リーグでの好成績に貢献した名職人ハジ(ギ)のお別れの試合の日だったのだ。ガラタサライのサポーターだけではなく、トラブゾンのサポーターからも、拍手で迎えられていた。

          キャプテン・マークは拒む

 この大一番は、とても感じよく始まった。トラブゾンの選手がグランドに出てくると、ガラタサライのサポーターは、彼らを拍手で出迎えていた。トラブゾンのサポーターは、トラブゾンの選手たちとともに、ハジ(ギ)を、自分たちの席の方に招いた。そしてトラブゾンの選手に示すのと同じような愛情溢れる拍手で迎え、手を胸に置き、敬愛の念を示していた。スタジアムは、ハジ(ギ)の連呼で唸りをあげていた。ハジ(ギ)は、ビュレントの差し出したキャプテン・マークは受け取らなかった。

          ドリーム・チームは、ついに消滅

 お別れは、単にハジ(ギ)1人ではなかった。インテル・ミラノと契約したエムレ、昨日は累積警告で出られなかったインテル入りしたもう1人オカン、マジョルカへの移籍がはっきりしているファーティフも、最後の試合だった。このようにガラタサライの好成績の立て役者たちが、他のチームに移っていくことになったのである。




フェネルバフチェ優勝 伝説が回帰した(ファナティック紙 01.5.26付 son dakika)

 トルコ1部リーグの第43代チャンピオンは、フェネルバフチェの手に。フェネルバフチェは、サムスン・スポルをレヴィヴォの2点とユスフのゴールで、3:1で敗った。ガラタサライが、イスタンブールでトラブゾン・スポルを、4:0で敗ったにもかかわらず、フェネルバフチェは、勝ち点3差をつけて、優勝を決めた。なお、フェネルバフチェ、5年ぶりの優勝である。フェネルバフチェは、5年ぶりのリーグ優勝を、95-96シーズンにワンで決めたのと同様、今回も敵地のサムスンで決めた。

            デニズリ、初の制覇

 ムスタファ・デニズリは、フェネルバフチェの監督就任1年目で、優勝を果たした。ガラタサライに所属をしていた頃、ジャップ・ダーウォルのヘッド・コーチを勤めていたとき、優勝経験のあるデニズリは、監督としては、この優勝が初めてのこととなる。

            フェネルバフチェの憧れは達成された

 フェネルバフチェで、リュシュトゥとウチェ以外は、初めてフェネルバフチェのユニフォームで、優勝を迎えることとなった。95-96シーズンに優勝を経験しているリュシュトゥとウチェは、2度目の優勝の味を味わうこととなった。今季、フェネルバフチェのユニフォームをリュシュトゥ感激 着て、優勝に貢献した選手は、次の通り。リュシュトゥ・レチベル、オーウズ・ダーラルオール、ウチェ・アロジア・オケチュクウ、アリ・メフメト・ギュネシュ、オギュン・テミズカンオール、アブドゥラハ・エルジャン、ユスフ・シムシェク、ジェリル・サーウル、セルカン・オズソイ、ニヤズィ・セルハト・アクン、ムスタファ・ドーアン、ニコラ・ラゼティッチ、ゾラン・ミルコヴィッチ、ミスコ・ミルコヴィッチ、ミラン・ラパイッチ、ケネット・アンデション、ハイム・ミヒャエル・レヴィヴォ、エルヴィル・バリッチ、サムエル・ジョンソン、オルハン・カラハト、エルハン・ウヤルオール、アデム・ゲジジ、セミフ・シェントュルク。

            デニズリ談話:お互い信じ合い、ここまで来れた

 サムスン・スポルのホーム・グラウンドで、1:3で勝利を収め、優勝を果たしたフェネルバフチェのムスタファ・デニズリ監督は、「クラブ一体となって、お互い信じ合い、この日の幸せにつながった」と述べた。試合後、理事長アジズ・ユルドゥルムと抱き合って、優勝を称え合った同監督は、記者会見で、シーズンに臨むに当たって、大変な任務を引き受けたものだったと振り返るとともに、次のように語った。「とても困難な役割だと分かっていた。とても疲れたが、誰の助けも借りずに、優勝を手に入れた。クラブとして、一体となってお互い信じ合い、この日の結果を迎えることができた。今後も、更に充実した日々を送るだろう。我々のサポーターにこそ、優勝が似合う。我々皆のおかげで、優勝を果たすことができた。私は、とても幸せ者です」。




タファレル(ガラタサライ) テリム、タファレルを求める(アクシャム紙 01.5.25付)

 ACミランとの合意が確保されているテリムは、サインをするために、シーズンの終了を待っている。来季に向けてのプランニングを続けているテリムは、移籍リストに、ガラタサライのブラジル人キーパーを載せたようである。

           ゴール・キーパー・コーチ

 ミラノで、チャンピオンズ・リーグの決勝戦を観戦し、ACミラン側との交渉も持ったファーティフ・テリムは、ミランと、今季終了後、調印をすると明らかにしている。目下、ミラノでの自宅の手入れに余念がないが、タファレルを、ミラノに招聘し、ゴール・キーパーとしてだけではなく、ゴール・キーパー・コーチとしても任用しようと考えている。

           他の選手も求めている

 ミラノでの活躍するときが近づいているファーティフ・テリムは、他の選手の移籍をも、大きな期待で持ってみている。テリムのお気に入りのウミット・ダヴァラが、ミラノに来ることははっきりしているが、これに、いつ何時新たな名前が付け加わってもおかしくない状態である。ガラタサライ側は、この件に関しては、沈黙を守っている。




オクパラがやってくる(ファナティック紙 01.5.24付)

オクパラ  ユルドゥルム・デミルオレンは、パリ・サンジェルマンのリベロ、ナイジェリア人のゴドウィン・オクパラと合意に達した。

 副理事長ユルドゥルム・デミルオレンは、パリ・サンジェルマンのナイジェリア人のリベロ、ゴドウィン・オクパラと合意に達した。この若きスター選手は、来週、イスタンブールに来て調印をする予定である。

          意図と運の交差

 リーグ戦中断中に、前監督ネヴィオ・スカラの求めに応じてオクパラと会ったことのある副理事長ユルドゥルム・デミルオレンは、同じ選手をクリストファー・ダウムが求めたので、すぐに行動に移した。ナイジェリアのスター選手とあらゆる点について合意に達したデミルオレンは、その後クラブ側と交渉に入った。

          ヌーマとオクパラの交換

 フランス側は、オクパラとパスカル・ヌーマの交換を提案した。ユルドゥルム・デミルオレンは、更にその上に、100万ドルを要求した。このため、交換は断念されてしまった。ベシクタシュの理事者は、ゴドウィン・オクパラを、金銭トレードで獲得するつもりだ。2つのクラブの交渉は、最終段階に入っている。

          ペレの目にも留まる

 現存のサッカ−選手で、カリスマ的な選手であるペレは、1989年、スコットランドで行われたU−17世界選手権を見て、「この若者は、いつの日か、世界のスター選手の中に入る」と語ったオクパラは、その後その技は留まることはなかった。

          ゴドウィン・オクパラとは?

 26歳で、ストッパーとリベロができる。身長1m80、体重72kg、シーズン途中に入ったパリ・サンジェルマンで、4試合に出場。代表経験は5回、高い身体能力を持ち、空中戦に強い選手ということである。





進めない メイン・ページ 戻る
SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO