サッカーのニュースばかりを集めています。試合の報道、移籍の噂、外国で活躍するトル コ人選手のことなど、、、






レコバ(インテル)  レコバへの触手、加速(ファナティック紙 01.7.3付 )

 ガラタサライとインテルのレコバとの交渉が、加速してきた。

 イタリア・サッカー連盟が、レコバに課す懲罰を待ちかまえているガラタサライは、その決定内容によっては、行動を始めるつもりでいる。初めて、レコバのマネージャーとの交渉の席に着いたガラタサライにとって、FWの問題を、レコバ獲得で一挙に解決しようとしているのは明らかである。インテル側が、ガラタサライに、レンタル移籍を約束しているということが、ガラタサライ側に期待を持たせている。なお、この移籍交渉には、ジェム・ウザンがサポートにはいることが明らかにされている。

(これは、仰天の報道である。EUに未加盟という点を、ガラタサライは、最大限に発揮するということなの、か? 今を旬のレコバが来れば、戦力的に大変な補強になることは事実なのだが、また話題作りでも、これほど大きなものはないのだろうけれども、なんか道義的にひっかかる。第一、たとえ、トルコでの登録が可能でも、チャンピオンズ・リーグには、出られないのと、違います?・・・黄紺)




オカン(インテル・ミラノ、元ガラタサライ)  デニズリ監督の目はオカンに(アクシャム紙 01.7.2付 )

 フェネルバフチェ監督が求め、理事者側は行動を開始した。オカンを説得に取りかかった。

               インテルはゴー・サイン

アリ・エレン(ベシクタシュ)  フェネルバフチェが、移籍に関して大型爆弾炸裂させようとしている。ムスタファ・デニズリ監督が、MFとして求めて止まない元ガラタサライ所属、現インテルのオカン獲得に向けて、理事者側と協議に入った。インテル側は、同じ位置に多くの選手を抱えてることから、フェネルバフチェへの移籍に関しては、ゴー・サインを出している。

               オカンはヨーロッパにこだわる

 フェネルバフチェ側からのオファーに対して、インテル側は、「レンタルなら認めよう」と熱いまなざしで見ているが、問題はオカン側から出てきている。ヨーロッパへの道が開け、セリエAでプレーする決心をしたのだと言っている。しかし、フェネルバフチェ側は、オカンを説得する努力を続けるとみられている。

               アリ・エレンへのこだわり

 ムスタファ・デニズリ監督は求めているが、理事者側が難色を示していたアリ・エレン移籍話が、またぞろ持ち上がってきている。同監督は、この件に関し、強く理事者側に希望を伝え、またその希望を失ってはいないと強調するとともに、来週中には、移籍への道が開かれるだろうと語っている。




スタヴルム、ベシクタシュに(ミリエット紙 01.7.1付 )

スタヴルム   ベシクタシュは、昨日、密かにイスタンブールに連れてきたアバディーンの選手と合意に達した。このノルウェー代表選手は、本日12時 30分より、2年契約にサインする予定である。

             3時間に渡る契約交渉

 ベシクタシュの外国人選手の移籍に、もう1枚加わった。今季、スコットランドのアバディーンのユニフォームを着ていたFWアリルド・スタヴルムと合意に達した。ノルウェー代表の経験もあるスタヴルムを、密かに昨晩イスタンブールへ連れてきたベシクタシュは、副理事長ユルドゥルム・デミルオーレンとマネージャーのシナン・エンギンが、スタヴルムのマネージャーと、デデマン・ホテルで、約3時間に渡り、契約交渉を持った。

             スコットランド・リーグで17得点

 契約交渉の後会見を行ったシナン・エンギンは、スタヴルム側と合意に達したこと、本日12時30分より、2年契約の調印式を行うと述べた。昨季、スコットランド・リーグで17得点あげ、ゴール・ランキング2位の成績を収めたスタヴルムの元所属クラブ、アバディーンに支払われる移籍金は70万ドル、年棒は50万ドルであることが明らかにされた。スタヴルムは、「最近のトルコ・サッカーは大変な発展を遂げている。ベシクタシュでプレーできることを幸せに感じている」と述べた。




ンゴッティもベシクタシュに(ファナティック紙 01.6.30付 )

 移籍の風を、ベシクタシュは吹かせ続けている。ベシクタシュは、今度はフランスのスター選手を獲得したのだ。ビルギリ理事長が、ドイツで仮契約にこぎつけたンゴッティは、今日、イスタンブールにやってくる。

               一から作り直し

ブルノ・ンゴッティ  昨季、失望のどん底に至っていた中迎えられたクリストフ・ダウム監督は、魅力的なチームを作り上げている。MFのシクステン・ファイ ト、ズビエル・バヤという外国人選手を移籍で獲得したこのドイツ人の監督は、ディフェンス面を、世界的に有名なブルノ・ンゴッティで強化することとなった。国内チームからの移籍で、アフメット、メフメット、タメルを獲得したベシクタシュは、今からサポーターに希望を抱かせている。

               パスカル・ヌーマに固執

 先日、ンゴッティを求めてドイツに赴いたセルダル・ビルギリは、ダウムが2度会ったフランスのスター選手と、詳細に渡り直接交渉を 行った。そして、仮契約に調印した。ンゴッティが、今日、イスタンブールに来て、正式調印が行われることが明らかにされた。ヌーマがベシクタシュに残ることを求める同選手は、この主張を引き続き行った。理事長が、「我々にできることはやるつもりだ」と言ったということである。

               ブルノ・ンゴッティとは

 30歳のブルノ・ンゴッティは、1989年にリヨンで選手生活を始めた。1995年にパリ・サンジェルマンに移籍され、同シーズンの決勝戦でラピット戦であげたゴールが、同チームに、カップ・ウィナーズ・カップをもたらした。1998年には、ACミランに移ったが、ここでは失望を味わい、ベネチアにレンタルされた。そして、昨季、マルセイユに移っていた。185cm、85kgのンゴッティは、DFのどの位置でもこなすことができる。




マリオ・ジャルデル(ガラタサライ) ガラタサライとマルセイユ、合意に達す(アクシャム紙 01.6.29付 )

 ガラタサライの副理事長アリ・デュリュストゥとメテ・ラズルクルは、マルセイユの理事者と昨日行った会談で、全ての問題を解決することとなった。マルセイユは、ジャルデルを獲得するのに対し、1050万ドルとレロイ、ペレスの2選手を、譲ることとなった。レロイについては、1年間のレンタルということで、またペレスについては、パスも手に入れることとなる。
 マルセイユが支払うこととなる1050万ドルの内、800万ドルはガラタサライに入ることになる。200万ドルはジャルデルに、50万ドルはマネージャにに入ることになる。しかし、ジャルデルが、フランス・サッカー誌に行ったコメントによると、「ガラタサライがマルセイユと行った合意は、僕とは関係ない。ヴァレンシアも、僕を欲しがってるんだ。決定は、ウルグアイ戦の後にするつもりだ」と述べている。

(ジャルデル問題、ここに来てマルセイユ移籍が、急激にのし上がってきました。現在のガラタサライの財政状況からすれば、ジャルデルを売りとばすことが、最も手っ取り早い解決方法ですから、移籍は間違いないようですが、後は金額の問題で済めば、話は簡単なのですが、どうも移籍先を巡って、ガラタサライの理事者内部で確執があるようで、、、。また、この件の報道は、各紙、少しずつズレがあり、まだこの先、簡単には収まらない雰囲気を感じます。ところで、最近のマルセイユ、ぱっとしてないんと違います?・・・黄紺)




プジャノヴィッチ 新たな爆弾、プジャノヴィッチ(ファナティック紙 01.6.28付 )

 昨季、ユーゴ・リーグで23ゴールを記録したレッドスターのスーパースターと合意に達した。プジャノヴィッチは、近々、正式調印に臨むことが待たれている。

            身長182cm

 海外交渉を進めているフェネルバフチェで、衝撃の爆弾が爆発した。ユーゴのレッドスターのミハイロ・プジャノヴィッチと合意に達した。24歳、身長182cmのユーゴのこの選手を獲得することになったフェネルバフチェは、昨季、期待通りに活躍を見ることができなかったゾラン・ミルコヴィッチは、移籍の方向で検討している。

            グレイトな点取り屋

 昨季、ユーゴの星として輝いたプジャノヴィッチは、ハギ(ジ)のルーマニアでの引退記念試合で、世界選抜の一員として選ばれ、2:2の結果に終わったこの試合で、1ゴールをあげている。勝ち点88をあげて、ユーゴ・リーグの優勝を飾ったレッドスターの最も強力な戦力プジャノヴィッチは、計23ゴールをあげ、ゴール・ランキングでは3位に付けた。また、代表チームでは、1度出場している。




ハカン・シュクル(インテル) ハカン・シュクル、ローマへの道(サバハ紙 01.6.27付 )

 イタリアでの報道によると、ローマは、モンテラを望んでるインテルから、替わりにハカンを求めている。

            カペッロの希望

 イタリアのマスコミは、インテルのハカンが、ローマのモンテラと交換されるだろうと書いている。トゥットスポルトによれば、ローマは、フィオレンテーィノからキエーザ、ローマからモンテラを獲得するために立ち上がった。ローマの監督カペッロは、モンテラの替わりに、ハカンないしはザネッティ、セードルフを求めている。

(中田はパルマのようですから、入れ替わりになってしまいます。でも、ハカンとバティストゥータの2トップって、なんだか想像の枠越えていまいそう・・・黄紺)




フェネルバフチェ監督ムスタファ・デニズリ フェネルバフチェ、最初のテストはアーヘンと(ヒュリエット紙 01.6.26付 )

 ドイツで、12日間のキャンプに入る予定のフェネルバフチェは、計3試合、プレ・シーズン・マッチを行うことが明らかになった。まず、7月17日にアーヘンと、同21日には、ウルディンゲンと、更に同25日には、ギョズテペと行う。ムスタファ・デニズリ監督は、それらとは別に、アマチュアのチームとも試合を組みたいと考えてるということだ。

(さあ、フェネルバフチェが、新シーズンに向けて始動します。今のところ、メンバーに大きな変動はありません。豪華メンバーが、連続優勝に向けて、再スタートです・・・黄紺)




インター・トト・カップ第2戦 デニズリ・スポル、まいった(ミリエット紙 01.6.25付 )

 インター・トト・カップの代表デニズリ・スポルは、アウェー戦で1:0で敗れたボスニア・ヘルツェゴビナのNKチェリックに、ホーム戦では、更に点差を拡げられて敗れ去った。前半2分、ド−アンのゴールで先制したデニズリ・スポルだったが、ビルキチ(3)、タバコヴィッチ、パヴィッチのゴールと、点を重ねられてしまった。トゥルガイとジュムフルのゴールでは、焼け石の水だった。

(1点先制後、一挙に1:5までいってしまったようです。ここまで、力の差、あるかな? と思ってしまいます。恐らくオフェンシブな戦いをしたのでしょう、と思いたい気分です。前の試合負けてるから・・・黄紺)




レヴィヴォ(フェネルバフチェ) レヴィヴォからのメッセージ(ファナティック紙 01.6.24付 )

 イスラエルのスター選手は、「4年契約の準備をしている」と言っている。

             マネージャーから聞いたこと

 妻とともに休暇をマイアミで過ごしているフェネルバフチェのイスラエル人のスター選手ハイム・レヴィヴォは、「続けたい」というアズィズ・ユルドゥルムの意向を、マネージャーを通じて伝えられたことから、舞い上がっている。イスタンブールに消息を伝えたレヴィヴォは、「理事長のその決定を聞いて、フェネルバフチェとは、4年契約を結ぶつもりだ。7月1日には、イスタンブールに戻っている。より貪欲で、より強い意志を持とうとしている。俺の狙いは、チャンピオンズ・リーグさ」と語った。

             イスラエルへ戻る予定

 休暇を送っているマイアミでは、練習を怠らず、毎朝早くから、砂地の上で走り込みをしているこの有能な選手は、今日、故国イスラエルに戻り、6月いっぱいをテルアヴィヴで過ごす予定にしている。チームからは、誰も離れないし、また移籍により、より強化されるはずだと言うレヴィヴォは、「今留まってる地点から、我々は出発するのだ」と言っている。




サラザール獲得へ(ファナティック紙 01.6.23付 )

 ウミト・オザトはフェネルバフチェと、ニコロフスキはリエルスと移籍の合意を成立させ、ネシムに関しては、移籍先を探している一方で、ホフキンスが、「行けない」とのメッセージを送ってきたために、新たなリベロを探しているトラブゾン・スポルは、ペルーのスター選手に目を付けている。

              7人目の外国人選手に

 6人の外国人選手と契約を交わし成果を上げているが、国内での移籍は惨憺たるものとなっているトラブゾンは、最終兵器を用意しつつある。サディ・テケルオールの報告に沿って、ニコロフスキをリエルスに送り出し、ネシムを移籍リストに載せ、ゲンチ・ビルリーイと合意に達しておきながら、ウミト・オザトをフェネルバフチェにさらわれてしまったトラブゾン・スポルは、リベロとして用意をしていたホフキンスが、家族の都合で行けないとの返事を出して以後、新たな模索を続けてきた。

サンティエゴ・サラザール               来週のトラブゾン入りを期待

 オズカン・スメルが、ブラジル人選手との協議をするために赴いた南アフリカで目に留め、気に入ったサンティエゴ・サラザールを、新たな移籍候補として考えている。ペルーのスポルティング・クリスタルに所属するサラザールのVTRを見たテケルオールが、OKを出したと言われている。サラザールも移籍を望んでいるが、ペルーでのリーグ戦が継続している関係上、期間を置いて欲しいと言われている模様である。来週には、トルコ入りすることが期待されているサラザールは、150万ドルの移籍金がかかると考えられている。

              サラザールとは?

 ペルー代表として3度出場経験を持つサンティエゴ・サラザールは、ペルーの1部リーグのスポルティング・クリスタルに所属している。25歳で、1.83mの身長。素晴らしいボール・コントロールと高い闘争心、状況判断の的確さで注目されている。DFとして目立った活躍をしているこの選手は、セット・プレー時には、オフェンスを支える仕事もこなしている。




ヌーマ(ベシクタシュ) ヌーマ残留(ファナティック紙 01.6.22付 )

 アメリカで休暇を過ごしているフランスのスター選手と、ようやく理事者側は連絡を取ることができた。この問題男は、「6月27日には、イスタンブールに戻っている。来季も、ベシクタシュのユニフォームを着るつもりだ」と語った。

              移籍はない

 イスタンブールかフランスに戻る際、サポーターに別れを告げていったはずのパスカル・ヌーマは、450万ドルという破格の移籍金のために、相手チームが見つからず、ベシクタシュに残ることとなった。このような状態に陥っていたヌーマは、休暇を過ごしていたアメリカから、クラブ側に電話をかけてきて、「6月27日には、イスタンブールに戻っている。来季も、ベシクタシュのユニフォームを着るつもりだ」と語った。

              ダウムの考えは?

 ヌーマを見つけるために躍起になっていたベシクタシュ側は、ヌーマからかかってきた電話に大変驚いている。金銭上の問題からヌーマを売れず、一方で新しいFWを探し出すこともできず、何もできないでいた。ダウムが、この件についてどのような発言をするか興味を持って待たれている。ドイツ人の監督が大きな反発をするようなら、移籍金を下げ、新たな移籍先を探すこととなる。




イルクナー(レアル・マドリード) イルクナー、ベシクタシュを希望(アクシャム紙 01.6.21付 )

ファーティフ(ガジアンテップ、サバハ紙より)  レアル・マドリードを離れる決意をしている有名なドイツのゴール・キーパー、ボド・イルクナーが、「クリストフ・ダウムが監督をしているベシクタシュでプレーできたら、名誉なことである」と語った。また、ベシクタシュは、ガジアンテップのファーティフと合意に達した。

            ベシクタシュからのオファーを待っている

 世界的に有名なドイツのキーパー、イルクナーが、ベシクタシュに注目している。レアル・マドリードでは、出場の機会に恵まれないために去る決意をしているこの優れものの34歳のキーパーは、さるドイツのテレビ局のインタビューに応えて、「オファーを待っている状態だ。元監督ダウムのいるベシクタシュでプレーしたいと思っている」と語った。

            ファーティフがベシクタシュにやってくる

 現在ガジアンテップのファーティフが、ベシクタシュと合意に達したと明らかにした。昨日、イスタンブールにやってきた点取り屋は、「最終決意は、双方に伝えた。合意に達しなければ、それは、クラブ側の問題だ」と語った。ベシクタシュのファーティフを求めるオファーを、ジェラル・ドーアンは拒否をしていた。




ジャルデルはポルトに(ファナティック紙 01.6.20付 )

ジャルデル(ガラタサライ)  ポルトガルに行き、ポルトと交渉のテーブルに着いたメフメット・ジャンスンは、ジャルデルを放出し、3人の選手を獲得することとなった。ネルソン、アレニチェフ、カプッチョと600万ドルを受け取ることとなった。

               ジャルデル、受け入れる

 メフメット・ジャンスンは足を運び、仕事を成し遂げた。今まで、何度となく行われた電話会談の結果、ガラタサライは、ジャルデルと交換に、3人の選手と600万ドルを獲得することとなった。ポルトガルで行われていた交渉の結果、明確な合意に達した。ロシア代表のゲーム・メーカー、アレニチェフ、ポルトガル人のMFカプッチョとDFのネルソンが、ガラタサライのユニフォームに手を通すこととなった。この移籍に関しては、ジャルデルも了解しているということだ。

               2人のMFと1人のDF

 29歳のアレニチェフは、ここまでスパルタク・モスクワ、ローマ、ペルージアのユニフォームを着たことがある。ポルトガル代表として11度の出場経験を持つカプッチョも29歳で、今季10試合出場した。これまでスポルティング、アストン・ヴィラに所属したことのあるDFのネルソンは、9回の代表経験を持つ30歳の選手である。今季8試合出場した。両クラブが了解したこの移籍、残った問題について、近々解決されるはずである。




ズベイル・バヤ アフメットのユニフォームがバヤに(サバハ紙 01.6.19付 )

 ベシクタシュと、昨日2年契約に調印したチュニジア人の選手に、アフメット・ドゥルスンのユニフォームが与えられた。アフメットは、引退したシーフォの背番号10を着る予定だ。

 先週、ベシクタシュが了解に達し、ファックスで仮調印していたチュニジア人選手ズベイル・バヤは、昨日クラブ・ハウスで、2年契約に正式に調印した。ベシクタシュから、2年で100万マルク支払われることとなったバヤは、昨日午後1時に、妻フーデ・バヤと共に、イスタンブールにやって来た。ディヴァン・ホテルから、午後3時にクラブ・ハウスにやって来たバヤは、副理事長ユルドゥルム・デミルオーレン及び理事イブラヒム・アルトゥンサイの立ち会いのもと、調印が行われた。

           「多くのオファーが来ていた」

 アルトゥンサイは、アフメット・ドゥルスンが、今季着ていた背番号7を、来季、バヤに与えると明らかにする一方、7月28日の引退試合を最後に引退するメフメット・シーフォの付けていた10番を、アフメット・ドゥルスンに付けさせると述べた。バヤが、以前イスタンブール入りしたとき、合意し達しなかった件については、「あのときは、幾つかのオファーがあった。その中から、ベシクタシュを選びました」と説明した。





進む メイン・ページ 戻る
SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO