トルコ・サッカー、欧州での戦い

〈EURO2004への道〉



こちらでは、トルコ代表チームのEURO2004(欧州選手権・ポルトガル開催)に向けての戦いの記録を残すものです。2大会連続出場のトルコ代表は、前回のEURO2000(オランダ・ベルギー共催)では、堂々のベスト8を確保しています。ますます成長を続けるトルコ代表に、熱き視線を送りましょう。


EURO2004予選へジャンプ


トルコ代表選手( )=所属チーム名
アイシェ・ハヌム訳出の選手名鑑にリンクしているものがあります。写真をクリックして下さい。

シェノル・
ギュネシュ監督

GKリュストゥ
(バルセロナ)

GKオメル
(ガジアンテップ
・スポル)

GKザフェル*
(アンカラ・グジュ)

GKムラト・シャーヒン
(アダナ・スポル)*

DFファーティフ
(フェネルバフチェ)

DFアルパイ*

DFハカン・ウンサル
(ガラタサライ)*

DFビュレント・
コルクマズ
(ガラタサライ)

DFエムレ・
アシュク
(ベシクタシュ)*

DFウミト・オザト*
(フェネルバフチェ)

DFエルカン・
オズバイ*
(ゲンチレル・
ビルリーイ)

DFアフメット・
ユルドゥルム*
(ベシクタシュ)

DFデニズ*
(ゲンチレル・
ビルリーイ)

DFセルヴェト*
(フェネルバフチェ)

DFファーティフ・
ソンカヤ(ローダ)*

MFオカン
(インテル)

MFウミト・
ダヴァラ
(ヴェルダー・
ブレーメン)*

MFエムレ・
ベレズオール
(インテル)

MFトゥガイ
(ブラックバーン)

MFジハン・
ハスポラトゥル*
(ガラタサライ)

MFエルギュン
(ガラタサライ)

MFタイフル*
(ベシクタシュ)

MFハサン・
シャシュ*
(ガラタサライ)

MFセルゲン*
(ベシクタシュ)

MFヴォルカン*
(ガラタサライ)

MFギョクデニズ
(トラブゾン・スポル)*

MFテュメル
(ベシクタシュ)*

MFユルドゥライ*
(バイヤー・
レバークーゼン)

MFタイフン*
(エスパニョール)

FWニハト*
(レアル・ソシエダ)

FWセルハト*
(フェネルバフチェ)

FWウミト・カラン*
(ガラタサライ)

FWアリフ*
(ガラタサライ)

FWイルハン・
マンスズ*
(ベシクタシュ)

FWファーティフ
・テケ*
(トラブゾン・スポル)

FWムスタファ
・オズカン*
(ゲンチレル
・ビルリーイ)

FWハカン・
シュクル*
(ガラタサライ)

FWトゥンジャイ*
(フェネルバフチェ)

FWオカン・ユルマズ
(ブルサ・スポル)*
*=ウミト・カランは、02/10/12のマケドニア戦・02/10/16のリヒテンシュタイン戦・03/04/02のイングランド戦・03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦・03/09/06のリヒテンシュタイン戦・03/10/11のイングランド戦・プレーオフのラトビア戦には、招集されませんでした。
*=イルハン・マンスズは、02/09/07のスロヴァキア戦・03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦・03/09/06のリヒテンシュタイン戦には、ケガのため招集されませんでした。
*=ウミト・オザトは、02/10/12のマケドニア戦・02/10/16のリヒテンシュタイン戦に、一旦招集されたのですが、ケガのため辞退しました。03/04/02のイングランド戦・03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦・03/09/06のリヒテンシュタイン戦・03/10/11のイングランド戦・プレーオフのラトビア戦には、招集されませんでした。
*=エルカン・オズバイは、02/09/07のスロヴァキア戦・03/04/02のイングランド戦・03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦・03/09/06のリヒテンシュタイン戦・03/10/11のイングランド戦・プレーオフのラトビア戦には、招集されていません。
*=ジハン・ハスポラトゥルは、03/04/02のイングランド戦・03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦・03/09/06のリヒテンシュタイン戦・03/10/11のイングランド戦・プレーオフのラトビア戦には、招集されませんでした。
*=セルハトは、03/04/02のイングランド戦・03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦・03/09/06のリヒテンシュタイン戦・03/10/11のイングランド戦・プレーオフのラトビア戦には、招集されませんでした。
*=アリフは、03/04/02のイングランド戦・03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦・03/09/06のリヒテンシュタイン戦・03/10/11のイングランド戦・プレーオフのラトビア戦には、招集されませんでした。
*=アフメット・ユルドゥルムは、02/09/07のスロヴァキア戦・02/10/12のマケドニア戦・02/10/16のリヒテンシュタイン戦・03/10/11のイングランド戦・プレーオフのラトビア戦には、招集されていません。
*=デニズは、02/09/07のスロヴァキア戦・02/10/12のマケドニア戦・02/10/16のリヒテンシュタイン戦には、招集されていません。
*=ファーティフ・テケは、02/09/07のスロヴァキア戦・02/10/12のマケドニア戦・02/10/16のリヒテンシュタイン戦・03/09/06のリヒテンシュタイン戦・03/10/11のイングランド戦・プレーオフのラトビア戦には、招集されていません。
*=ムスタファ・オズカンは、02/09/07のスロヴァキア戦・02/10/12のマケドニア戦・02/10/16のリヒテンシュタイン戦・03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦・03/09/06のリヒテンシュタイン戦・03/10/11のイングランド戦・プレーオフのラトビア戦には、招集されていません。
*=ハカン・シュクルは、02/09/07のスロヴァキア戦・02/10/12のマケドニア戦・02/10/16のリヒテンシュタイン戦には、招集されていません。
*=ザフェルは、03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦には、招集されていません。
*=ムラト・シャーヒンは、03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦のみ招集されています。
*=ハカン・ウンサルは、03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦・03/09/06のリヒテンシュタイン戦・03/10/11のイングランド戦・プレーオフのラトビア戦には、招集されませんでした。
*=エムレ・アシュクは、03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦・03/09/06のリヒテンシュタイン戦には、招集されませんでした。
*=セルヴェトは、03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦のみ、招集されています。
*=ファーティフ・ソンカヤは、03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦のみ、招集されています。
*=ウミト・ダヴァラは、03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦には、招集されませんでした。
*=タイフルは、03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦・03/09/06のリヒテンシュタイン戦・03/10/11のイングランド戦・プレーオフのラトビア戦には、招集されませんでした。
*=ハサン・シャシュは、03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦には、招集されませんでした。
*=セルゲンは、03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦・03/10/11のイングランド戦のみ招集されています。
*=ヴォルカンは、03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦のみ招集されています。
*=ギョクデニズは、03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦・03/09/06のリヒテンシュタイン戦・03/10/11のイングランド戦・プレーオフのラトビア戦に、招集されています。
*=テュメルは、03/09/06のリヒテンシュタイン戦・プレーオフのラトビア戦にのみ、招集されています。
*=ユルドゥライは、03/09/06のリヒテンシュタイン戦には、招集されていません。
*=タイフンは、03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦・03/09/06のリヒテンシュタイン戦・03/10/11のイングランド戦・プレーオフのラトビア戦に、招集されています。
*=ニハトは、03/09/06のリヒテンシュタイン戦には、招集されていません。
*=トゥンジャイは、03/09/06のリヒテンシュタイン戦・03/10/11のイングランド戦・プレーオフのラトビア戦にのみ、招集されています。
*=オカン・ユルマズは、03/06/07のスロヴァキア戦・03/06/11のマケドニア戦・03/09/06のリヒテンシュタイン戦に、招集されています。
*=アルパイは、プレーオフのラトビア戦に招集されましたが、風邪のため除外されました。





EURO2004予選グループ7
上段がホームトルコイングランドスロヴァ
    キア
マケドニアリヒテン
シュタイン
勝点得点失点
トルコ・・・・・0−0
0−2
3−0
1−0
3−2
2−1
5−0
3−0
1917
イングランド2−0
0−0
・・・・・2−1
2−1
2−2
2−1
2−0
2−0
2014
スロヴァキア0−1
0−3
1−2
1−2
・・・・・1−1
2−0
4−0
2−0
1011
マケドニア1−2
2−3
1−2
2−2
0−2
1−1
・・・・・3−1
1−1
1114
リヒテンシュタイン0−3
0−5
0−2
0−2
0−2
0−4
1ー1
1−3
・・・・・22



イングランドとのマッチレース的なこの組、やはり、最終のイングランド戦に持ち込まれました。そこまでは、トルコは、イングランドとのアウェー戦を落としたのに対し、イングランドは、マケドニアとの一戦で、勝ち点を失っています。試合会場は、カドゥキョイのフェネルバフチェの本拠地です。この試合に勝てば、即本戦出場が決まったのですが、しかも、ベッカムがPKをふかしてしまうという失態を演じたにもかかわらず、残念ながら、その最終戦は引き分けに終わり、プレーオフに回ることになりました。強豪ひしめくプレーオフ、抽選の結果は、ラトビアが相手と決まりました。




EURO2004プレーオフ
ラトビア  

 トルコ 



トルコ代表選手





進む メイン・ページ 戻る
SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO