S地震義捐金お届け報告へジャンプ







【トルコ編】Rトルコのサッカ−、その2

以前にもサッカーのことを書いたことがあるが、今回は実際に見た後の感想のような ものを書こうと思う。この間に、トラブゾンで息子と一緒に、トラブゾン・スポールと 2部リーグのギュムシュハーネのプレシーズン・マッチ、イスタンブールで、フェネバ バフチェ対ガラタサライのTSYDカップ、同じくイスタンブールで、ベシククシュと イスラエルのヘペル・ハイファのヨーロッパ・チャンピオンズ・リーグの予備戦、ガジ アンテップでガジアンテップ・スポールとアンタルヤ・スポールのリーグ戦公式試合、 この4回見る機会を得た。
 トラブゾンでの試合以外が、全て公式戦である。だからトラブゾンでの試合の雰囲気 は、決して本物のそれとは違い、ましてや相手は2部リーグのチームということもあり 終始穏やかであった。ただ、相手の選手紹介のときのブーイング、爆竹・花火の投げ込 みには、正直期待はしていたものの、頭の上から落ちてきはしないかと不安をかきたて たものである。他方イスタンブールでの試合は、その盛り上がりは実に凄まじいものが ある。TSYDカップというのは、毎年リーグ戦開始前に行われる公式戦で、時期的性 格からして、盛り上がりは欠けるのではと、観戦前は懸念していたが、とんでもない。 夜8時半スタートの試合だったが。念のため昼の12時頃にテケットを買いにいってみる と、30度を越す暑さの中、もうサポーターたちは列を成していた。更に約1時間ほど前 にスタジアムに着くと、早くも遠くから歓声は聞こえてるは、大変な盛り上がりようで ある。中に入ると全員が立ちっぱなしである。選手がウォーミングアップに現れると、 一人一人の選手の名を呼ぶ。すると選手も。手振り身振りでスタンドに応える。すると また、スタンドが揺れるという具合である。他方、相手の選手の名が読み上げられると、 一斉のブーイングが起こり、更にグランド内へと、爆竹やら花火を投げ入れる。ゴール 裏のスタンドを見ると、発煙筒を炊いたのか、花火に火を付けたのか、煙がもうもうと 上がっている。もう、尋常じゃ一ない。観客はといえば、もっとおっさんが多いのかと 実際にスタジアムに足を運ぶまでは考えていたが、そこは圧倒的に若い男たちの集まる 場であった。それこそエネルギーを発散したくてしたくてうずうずしている若い連中で ある。よくぞスタジアムで、そのあり余ったエネルギーを発散してくれている。うかつ に街中で、これだけのエネルギーが燃え出すとと思うと、背筋が寒くなるほどの迫力で ある。彼らは、常に叫んでいるか歌っているかである。ハーフタイムになっても、誰も 座らない。試合中と全く同じである。疲れを知らない連中が叫び、歌っている中で、こ のフェネルパフチェのサポーターは、不思議なことに席だけはきっちり守っている。僕 の場合、せっかくトルコでサシカーを見るのだからと、「番号付きの席」、早い話が指 定席を買ったものだから、そうであったのかもしれないが、皆、律義に自らの席を守っ ている。ベシククシュのホームグラウンド、イノニュ・スタジアムで見たときは、フェ ネルバフチェより、同じイスタンブールのチームであるにもかかわらず、ずっと都会的 な応援なんだけど、席は随分と乱れていたと見受けた。この秩序はいったいどういう論 理なのか分からないほど、席だけは乱れれなかった。TSYDカップは、相手がガラタ サライだったものだから、余計に盛り上がったのかもしれないが、そのガラタサライが、 前半4分にルーマニア代表ハギ(ジ)が、見事なフリーキックを決めると、一瞬何が起 こったのか分からないという感じで少しざわついた後、完全にスタジアムが静まり返っ た。いわゆる凍り付くというやっである。そのかわりフェネルバフチェが点を取ると、 大変な騒ぎだし、また相手にレッドカードをもらう選手が出ると、それはそれ、日本語 では口に出せないような汚い言葉を、その選手に声を揃えて浴びせ掛ける。このような 観客総立ちパターンは、ベシククシュの試合を見たときも、同じだった。
 ところが、ガジアンテップという東南部の都市で見た試合は、これらに比べると、実 にのどかとも言える雰囲気であった。まず、観客が最初から最後まで座っている。女、 子どもが随分と多い。父親に連れられた子どもたちが、手真似、口真似で、父親そっく りに応援する姿を見ると、実にほほえましく感じる。そして常に熱くなっていない。い い攻撃に反応する。スペインのマドリッドで見たときほどの冷静さに至るまでは、まだ まだ距離があるが、イスタンブールでの応援風景に比べると、断然こちらの方が試合を 観ているという感じ。だから、イスタンブールの2試合が、たまたまホームチームが不 本意な結果に終わったので、起こったことかもしれないが、警備に当っている警官との 衝突なんか、ガジアンテップでは考えもつかない。ここでは娯楽であり、日曜日の夕方 を、友だち同士で、家族と共に楽しむスポーツ観戦である。ところがイスタンブールの それは、個々人の存在を掛けたバトルである。
 テレビ中継は、特別なことがない限り、4大チームの試合しか放映しない。だからそ の雰囲気ばかりが、目に焼きついており、それがトルコのザツカーの雰囲気と考えられ がちだが、ところがどっこい、その地域その地域の雰囲気が、それぞれのスタジアムに あるのだろう。また、それが地元とクラブチームの関係を、より深いものにしていって いるのかとも思う。また機会があれば、自分の応援するフェネルバフチェを初めとする イスタンブールの有名クラブの試合だけではなく、地方のスタジアムに今後も足を運び 続けたいと考えている。
  (注)WOWWOWに相当するCINE5などが、サッカーの試合を中継するよう
   になり、設備が着いていないと、TV観戦が、ままならないようになっている現
   状がある。なおTRTが、2部リーグの試合を中継しているので、TV観戦が出
   来るのは、4大チームだけではないことを付記しておく。





【トルコ編】S地震義捐金お届け報告

(この文は、某団体の依頼を受け、地震義捐金を実際に届けた後、その団体へ報告した ときに認めた手紙です)
   厳寒の候、皆様方にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。さて、私は、冬休み を利用しまして、再びアナトリアの大地に立つこととなりました。そこで、皆様方より お預かりいたしました『トルコ地震義捐金』につき、できうる限り皆様方のご意志に応 えられるよう、私なりに最善の努力をいたしてまいりましたので、それにつきまして、 失敗談も含めまして、ここにご報告させていただきます。
 10月に、貴**でお話しさせていただきました折り紹介させていただきました方法と は別に、その後、このたびトルコ人男性と結婚することになりました我々のトルコ仲間 の1人より、耳寄りな情報がもたらされました。インターネットのあるサイトに、地震 の被災者の個別の情報が記載されており、我々の方で、各自が求めているものに見合う 援助を、その中からチョイスすることができ、自分は、その中の1人に奨学金として、 自分で集めた義捐金を回したというものでした。この情報を得たとき、これこそ、皆様 方の希望される方法の究極のもの、即ち、義捐金が「誰に」「どのような役立ち方をす るか」という究極のものと判断をいたし、早速E−mailでアクセスを試みました。 しかし、知人が試みた際には、比較的容易にコンタクトがとれたにもかかわらず、私が 試みました場合には、返事が返ってまいりません。そして、遂に12月25日、即ち日 本を離れる日を迎えてしまいました。
 今回のトルコ行きは、私自身の荷物が到着しないというアクシデントに始まりました ので、到着次第義捐金に関する行動をとるというわけにはまいりませんでしたが、よう やく一段落した段階で、上記サイトに記載されていました電話番号に、直接電話をして コンタクトをとってみました。ところが、そこで知らされましたのは、もう一つの電話 番号であり、その電話番号の主として言われた団体に聞き覚えがあると思い調べ直しま すと、なんと貴**で紹介させていただきました団体のものだったのです。その団体は、 “Sivil Koordinasyon Merkezi”[merkezi=center、 あとは英語です。以後Sivilと略す]といい、民間の援助団体を公的機関がまとめ たものと聞いていますが、そこを紹介されたというわけです。まだ、この段階では、上 記サイトも、結局Sivilの別働隊と思っていました。ところが、次いでSivil に電話をしましたところ、要領を得ません。いや、私のトルコ語力では、しかとしたこ とを聞き取れなかったと言えば、一番正確かもしれません。一つ言い訳をさせていただ きますと、そのときSivilの電話に出られた方も、後に言われるような明確なこと を言われなかったことも事実でした。そこで、埒が明きませんので、結局、1月3日、 イスタンブールに入りますで、その日に直接Sivilに出向く旨伝えて電話を切りま した。
 1月3日、住所だけを頼りに、人に聞きながら、イスタンブールの中心街イスティク ラル通りを少し入ったところにあるSivilの事務所に出向きました。そこは、映画 のフィルム会社が場所を提供したというだけあって、ベヨール地区の1等地にありまし た。先ず被災者でもある受付の女性に案内されて、Sivilの代表らしき女性と話す ことができました。先ず、上記サイトを選んだ理由、一旦電話したところからこちらを 紹介されたことなどを伝えましたところ、返ってきました言葉が「我々とは関係ない」 「このようなサイトは知らない」という、全く予想もしていなかったものでした。念の ために、他のスタッフにも問い合わせて下さいましたが、答は変わるものではありませ んでした。一瞬呆然とするとともに、今、ここで、Sivilとの関係が切れてしまい ますと、皆様方のご意志にお応えすることができないと思い、必死になって、義捐金を 集められた方々のお気持ち、そしてそれを役立てる他の方法はないか、どうすればいい んでしょう、何をすればいいんでしょうと迫ってみましたところ、その金額によって方 法はいろいろあるということでしたので、金額を伝えましたところ、若いスタッフが、 早速コンピューターに入力してある情報を元に、「ストーブ」という解答を寄せてくれ ました。雪も降るほどの寒さの中「ストーブ」のない人たちに約50台送れそうだと言 われましたとき、私は、迷わずOKを出しました。その後、****さんという若くて 有能な女性スタッフが、業者への手配、業者へのお金の振り込みの手伝い、納品書の取 り寄せ(Sivilの倉庫が、シシリーにある関係上取ってきてくれました)など、手 続きを一切やってくれました。被災地への搬入は、Sivilが責任を持って行なって くれるそうです。1月6,7日には、現地に搬入されると伺いました。なお、搬入場所 は、以下の2地区です。この2地区に、44個の電気ストーブが、配布されます。
   @ アダパザール市 カラオスマン地区
   A アダパザール市 パブチュチュラール地区
次に、預かりました関係書類1式について、ご説明いたします。(A)〜(C)の記号は、そ れぞれの書類に記していますので、ご確認下さい。なお、私が持参いたしました金額は、 『***USドル(ほぼ**万円)=*万円(*****義捐金)+ほぼ*万円(黄紺 資金、内*万円は***を充当させていただきました)』です。これを起算金額として、 ご覧になって下さい。
   (A)両替屋でのUSドルからトルコ・リラへの両替計算書
   (B)GARANTI銀行より業者[KUMTEL]へのストーブ代金振込計算書(振込手数料込み)
   (C)業者[KUMTEL]のストーブ納品書
なお端数につきましては、黄紺の出し分が、若干減ったとご理解下さい。
 以上すべて、手続きが完了しました後、1月5日(水)の午前中(この日の深夜日本 に向けてイスタンブールを離れました)、被災地を、特に我々のストーブが送られると ころを見に行ってきました。アダパザールの町の中心だと、****さんから聞いてい ましたので、イスタンブールのアジア側のバスターミナル・ハレムよりバスに乗り丁度 1時間半、アダパザールのオトガル(バスターミナル)に着きました。高速を走ってい る間は、詳しくは被災の状況は分からなかったのですが、さすが入り口に近づきますと、 徐々に状況は変わっていきます。町のはずれのオトガルのすぐ隣はテントが並んでいま すし、オトガル自身も何かあったのか、最近のトルコでは見ない原っぱの上にバスが止 まっているという状況でした。オトガルからは、町の中心に向けて、サービスバスに乗 り移動します。先ず気付くのが、地震のメカニズムとどういう関係があるのか分からな いのですが、どの道路もどの道路も、ことごとく凸凹だということです。雨上がりだっ たせいか、そこに水がたまり、道行く人は、とても困っています。中心街らしきところ に来ましたので、適当にサービスバスを降り、道行く人に、ストーブが搬入されると聞 いてきました2つの地区の位置を聞きます。そして、その内の近い方だと聞きましたカ ラオスマン地区を訪ねることにしました。中心街からドルムシュ(乗合いミニバス)で 僅か5分のところに、その地区はありました。古くからの住宅街らしく、家はほとんど 一戸建てで、家自体が新しいものとは言えませんでした。ただ第1印象として、存外家 が残ってるなぁというものでした。それは日本でも報道されたあまりにもインパクトの 強いアダパザールの風景が、目にしみこんでいたからかもしれません。やがて、更地が、 あちこちに目に飛び込んできます。アダパザールでも、瓦礫がそのままにされていると ころは、もうほとんどなく、更地にされたままになっているところが散見できます。し かしどの更地を見るにつけましても、常に心が痛みます。ここで、どのような悲劇があ ったのか、むしろイマジネーションを掻きたてられてしまうからです。1カ所、煙突か ら煙が上がるのが見えました。冬場、トルコの家では、石炭ストーブをたきますので、 家から煙が上がるのが、ごく普通の風景なのです。ところが、ここで初めて、目に入っ たのです。その煙の方向に近づいてみますと、その煙は、家の煙突からではなくて、家 の庭に張られてあるテントから上がっていたのです。このときです、周りの家々の異変 に気が付いたのは。そうなんです。周りの家々に生活感が感じられない、人の気配を感 じられないのです。そう思って見てみますと、家の中で生活している家は、ごく僅かで、 残りの家は、外枠は残っても、住めないか、住むのを恐れて余所へ行ってしまってるら しいのです。また、少し他の露地に入って行きますと、ひろーい更地の一角にテントが 並んでいました。このカラオスマン地区は、地元の人も言っていましたが、非常に広い 地区ですので、我々のストーブが、この地区のどの人たちに配布されるのかまでは分か りませんでしたが、概略を記しますと、以上のような情景でした。なお、今回の旅行中、 不幸にもカメラが壊れてしまい、写真に当地区を収めることができませんでした。深く お詫びいたします。カラオスマン地区から再び中心街に戻り、そのあたりの風景を見な がら、「焼け跡闇市」などというもう長い間忘れていた言葉が、私の頭の中を駆けめぐ りました。その風景を見るにつけ、やはりいたたまれず、イスタンブールで、帰国前に もう一つやらねばならないこともありましたので、それを口実にそそくさと引き上げて まいりました。
 以上、地震に関わるご報告とさせていただきます。ただ必ずしも、皆様方が良しとし ていただけるものとは、決して思ってはおりません。その分につきましては、何卒ご容 赦下さいますようお願いいたします。最後になりましたが、今後とも皆様方のご健康と ご活躍を、切にお祈りいたしております。Rへ戻る
         
  (注)アダパザールの凸凹は、いつぞやFINDIKさんに、液状化現象だと教えていた
   だきました。なお、私が、アダパザールに入ったのは、2000年の1月のことです。







進む メイン・ページ 戻る
SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO