ホパ写真館






旧オトガル

新オトガル
 ホパの街に留まったのは、2回、通り過ぎたことは、また、それだけの回数があると記憶している。トラブゾンからリゼを過ぎ、一路、グルジアに向かう道の果てに、ホパがある。ここまで、黒海沿いに小さな町が連なってきてはいるのですが、これより東には、町と呼べるものはない。最初、ここを訪れたときのこと、ようく覚えている。この町に入った途端、あまりに閑散としているのに、体がすくんだことを覚えている。それに輪をかけたのが、海岸沿いに、一部けばい建物が。そうです、明らかに旧ソ連系のマダムやら、ナターシャやらを当てにしたホテルなんかの建物だった。街中にホテルがあるとは思わなかった黄紺は、その一つに投宿した。中のインテリアの色合いに引くしかなかった。だって、濃いめの紫を基調としていたんだもの。海岸沿いの道路には、何台もトラックが停まっていた。方角は、グルジア方向を向いていた。人が、ほとんど通らない海岸に、数多くのトラックが並ぶ姿は、異様なものだった。一筋だけあるメーンストリ−ト沿いに、僅かに店が並ぶ。そこには、普通のトルコがあった。ホントに小さなトルコがあった。でも、ちょっと道を外れると、そこは、知らないトルコが待っていた。そんななか、水か何かを買おうと1軒の店に入ると、私たち東洋人と同じ顔に出会った。そういった人たち(ラズ)がいるとは聞いていたが、ここで出会うなどとは思っていなかったので、似てる、似てるで盛り上がったのが、ちょっとした癒しとなった。
 翌朝、何も知らないで、サルプ行きのドルムシュに乗った。黄紺は、その時点まで、サルプというちょっとした町があるものと思っていたら、道はどんどんと狭くなり、岩肌が海に迫ってきて、広漠たる風景になっていく。最後に、車が、ぐるっと右折をしたら、到着という。もう、呆然とするしかなかった。目の前にあったのは、国境検問所と、外国人立ち入り禁止の立っている国境の村、国境で分断されている村サルプへの入口があっただけだった。黄紺は、最初、国境検問所と気付いてなく、中へどんどん入っていって、ポリスに呼び止められることとなる。その警官は、グルジアへの入国を取りはからってやろうと言ってくれたが、ヴィザのなかった黄紺には適わず、結局、そのポリスとだべってるなかで、アルダハンを教えられただけで、旧ソ連系のマダムらと一緒にタクシーに乗り、このホパに戻ってくることとなったのだった。


  街 の 入 口  トラブゾン方向から橋を越えると街に入ります


 10年を経て、ホパに停まった。アルダハン方向から、こちらへ下ってきたとき、橋のところに道路を交差させる車用の橋ができていて、随分と、街が様変わりをして見えたものだから、今度、ここを通るときには、この町に投宿しようと考えたのが、ここに停まるきっかけだ。街の記憶は、きっちりと入っているので、その記憶をたぐりながら歩いてみる。まず、ホテルは、旧オトガルの向かい、だが、ここから記憶が崩れている。オトガルから川を挟んだところに、狙いのホテルがあったはずなのに、旧オトガルは、もう、川の向こう側だった。街の外にあったのだった。道路を挟んだ向こう側だけだった。10年経って、街の一部にあったけばさが消え、小ぎれいな外壁になってました。これだったら、不安感なんてものは、なかったのになぁと、昔を思い出していました。街を外れた外側には、えらく新しめの建物ができてきていました。この辺までも、変わりゆくトルコを見た思いがしました。東洋人似のお兄さんも健在でした。もう、お兄さんとは言えないお歳にはなっていましたが。サルプ行きのドルムシュは、10年前と同じところに停まっていました。だが、その前の海岸に数珠繋ぎになっていたトラックは、きれいに消えていました。これは、どのように考えれば、いいのでしょうか?


  街 の 風 景  海沿いに往復すれば終わってしまう街並み。グルジアまで、あと少しです

グルジアへの道

サルプ行ドルムシュ





進む Resimlerメイン・ページへ 戻る
SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO