トルコの最新のニュース




厳選!! トルコ・サッカーのニュース
キプロスのニュース(ここに新しいニュースのない場合は、こちらをのぞいてみて下さい)
過去のニュースを集めています




夢が実現した(ヒュリエット紙 05.10. 4 付)

ギュル外相(ザマン紙)  1963年以後42年に渡るトルコのEU加盟の夢が、正夢となった。トルコとEUの加盟交渉が、その端緒に付くことになったのだ。

 EU外務委員会は、交渉設定文書に同意した。EUの議長国イギリスの代表が、トルコのEU加盟交渉を始める旨を記した交渉設定文書に同意したことを発表した。
 アンカラでの交渉設定文書に関する会談は終了した。そして、交渉設定文書についての合意を得るに至ったのだ。ルクセンブルクへ旅だったギュル外相は、「本日は、トルコにとって歴史的な日だ。国民の皆様すべてに、幸多かれんことを」と述べた。
 アンカラで、数時間かけて行われた交渉の結果、「合意に至った」ことを明らかにした外相兼副総理のアブドラハ・ギュルは、バシュムザケレジ・アリ・ババジャンとともに、ルクセンブルクへと旅だった。
 ギュル外相は、ルクセンブルクへ旅立つ前に行った記者会見で、「本日は、トルコにとって歴史的な日となった。国民の皆様すべてに、幸多かれんことを」と語った。トルコは、40年以上、正式加盟を求めてやまなかったと言うギュルは、「本日、歴史的な地点に立つことができた。それは、EU正式加盟交渉の端緒に着いたのだ。今夜、この交渉が、政府間交渉として始まることを願っている」と述べた。
 今夜、ルクセンブルクで行われることになっている加盟交渉開始記念セレモニーで、議長国のイギリスの代表、EU委員会委員長オリ−・レーン、及び、ギュルが挨拶を行うことになっている。トルコにとって、これは歴史的な同意であると述べるギュル外相は、「というのも、加盟交渉を開始した国の地位というものには変化がくるものだ。トルコが、ここまで来れたことに関しては、多くの国の政府首脳の支援の賜だ」と語った。
 ここ数日、EU外務委員会と詰めた交渉を続けてきたと言うギュルは、「半時間前まで、交渉は行われていたんだ。合意には至った。だが、詳細の詰めまでは行えていない。それは、今後の交渉に委ねる」と述べた。更に続けて、、、
 「トルコは、新しい一歩を踏み出した。我が国民、我が政府に、幸多かれんことをと言いたい。トルコには、諸外国と、また異なった問題を抱えている。EU内では、唯一のイスラム教国となるはずだ。偉大な国家であり、偉大な歴史を持ち、地理的にも大きな国だ。国連事務総長、アメリカ大統領及び国務長官、アラブ連盟は、トルコの正式加盟を支援するコメントを出してくれた。すべて、直接的に親しく支持してくれた。EU諸国内の友好国も、同じく支持を与えてくれた。交渉が開始して後も、交渉が順調に進むようであるならば、すべてのものが恩恵を受けるはずである。我々にとって重要なのは、正式加盟を目標としてきたことであり、それ以外の選択肢はなかった。今後の交渉が順調に進むならば、正式加盟が待っているはずだ」と述べた。




トルコの部隊をイラク北部へ(イエニ・シャファク紙 03.4.12 付)

(イエニ・シャファク紙)  ムスルやキルクークが、略奪され始めていることに対し、アンカラでは、「北イラク首脳会談」が開かれた。ギュル外相は、監視目的の特別部隊を派遣したことを、また当部隊から最初の報告が届いていることを明らかにした。

 外相兼副首相アブドラハ・ギュルは、北イラク監視を目的として、アメリカ軍と共同で、軍の通信部隊が機能を持つと明らかにした。また、侵入者が、ムスルとキルクークから退去し始めていることも明らかにした。
 クルド人侵入者が、キルクークに次いで、ムスルに入ったことが、アンカラでアクションが起こされるきっかけとなった。タラバーニのクルド愛国者同盟が、キルクークを略奪したあと、バルザーニのイラク・クルド民主党が、ムスルで略奪をしていることに関し、ギュル外相は、アメリカのコリン・パウエル国務長官に、トルコの感情的部分を伝え、「侵入者を追い出せ」とのメッセージを伝えた。バルザーニは、「タラバーニが、キルクークを退去するのなら、我々もムスルを出よう。トルコとの共同作業の用意がある」とのコメントを出した。
 事態のこのような展開を受けて、昨日、タユップ・エルドーアン首相は、首相官邸に、首脳会談を招集した。アブドラハ・ギュル外相、メフメト・アリ・シャーヒン副首相、参謀本部長ヒルミ・オズギョク陸軍大将、ヴェジュディ・ギョヌル国防大臣が、この会議に加わった。1時間半続いた会議後、ギュル外相は、記者会見を行った。同外相は、キルクークに入った地方勢力は、進行を止め退去を始めていることを、またムスルに入った勢力も、今夜半までに、退去をするだろうと明らかにした。




法律はトルコ国会が、実践はセゼンが(ヒュリエット紙 02.9.1 付)

セゼン・アクス(ヒュリエット紙)  エフェス古代劇場でのコンサートで、セゼン・アクスは、まず、アルメニア語で歌い、その後、「アルメニア語で歌い、だからと言って 国家分裂を考えてるわけじゃないのだから、今度は、クルド語で歌いましょう」と言って、ディヤルバクルの子どもたちからなる合唱団ともに、クルド語の歌を歌った。

 トルコ国会が、クルド語放送及びクルド語教育方針を出してから初めて、セゼン・アクスが最初の大きなコンサートで、クルド語で歌い、且つクルド人の合唱団を登場させた。エフェスでは、1万2千人の観衆が、この素晴らしい出来事を見守った。セゼンは、「今まで、誰もがやる勇気を持たなかったことをした」と、観衆は述べ、セゼンのコンサートが終わると、「トルコは、あなたを誇りに思う」という声をあげ、セゼンは、それに涙ぐんでいた。

                    オスマン期以後

 ギリシャ人、アルメニア人、クルド人、ユダヤ人のグループと、舞台に登場したセゼン・アクスは、この企画を、なぜ実行に移したのかを説明した。「オスマン朝時代から、皆、一緒に住んできました。このことは、とっても当たり前のことだったのです。これが当たり前のところで、今、また皆の声を、1つにするのです。私も、一緒にいたいし、それを望んでいます」。このセゼンの言葉に異論がなかったのは、沸き上がった拍手で明らかだった。

                    コンサート後のインタビューから

祖国党副党首ケナン・ソンメズは、「8月30日に、このようなコンサ−トが開かれたこと、更に、数千人の観衆が、それを拍手で向かえたこと、それは、トルコ国民の偉大さ、寛容さを何よりもなく示している。こういった社会は、歴史を、我々を強めることがあれ弱めるものではない」と語った。

(舞台に登場した、ギリシャ人、ユダヤ人にも歌う機会を提供したようです。「エフェスでコンサート見ずして、死ぬなかれ」とか、「来てみろ、ここにコンサートがある」などと、古代ローマ時代の劇場跡での出来事を意識した言葉遣いをした記事ですが、その辺は、長くなりますのでカットしました・・・黄紺)




自殺前に深刻なケンカ(ヒュリエット紙 02.4.19 付)

ハカン・ペケルと恋人(ヒュリエット紙)  先日、自殺をした22歳の大学生シネム・メリッチとハカン・ペケルが、自殺の数時間前、深刻なケンカをしていたことが明らかになった。近しい人たちの証言によると、この恋人同士は、ペケルの家で、とても深刻なケンカをしていたということだ。ケンカの原因は、ペケルが、新曲「別れのキス」のクリップに、恋人を出演させようとしなかったからだということである。

 有名なポップ歌手のハカン・ペケルの恋人シネム・メリッチは、ペケルが、近々撮ろうとしていた「別れのキス」のクリップに出演したがっていた。このため、ペケルとずっとケンカを続けていた。ペケルはと言えば、この話が出た当初から、暗い気持ちに陥り、ずっと拒んでたということだ。ペケルは、この件に関し、「数日前、僕が撮る予定の“別れのキス”に出たがっていたんだ。僕が、これは冗談だと思ってたんだ。“おまえは、冗談ばっかり言って”なんて言ってたんだ。そのとき、僕は、変な気持ちになったんだよ。だって、曲の名前が、“別れのキス”だろ。僕と、別かれようとしてるんだろうか、って」と心境を述べた。

                   コンサートは延期されず

 一方、金曜日にアンカラで予定されているハカン・ペケルのコンサートは延期されず、予定通り行われる。
 3年前、イズミールからイスタンブールにやって来たシネム・メリッチは、2年前まで送っていた学生時代に、ハカン・ペケルとの愛発覚で、マスコミを賑わしだした。シネム・メリッチは、恋人ハカン・ペケルと一緒に、昨年の夏は、ボドルムやチェシュメで、休暇を過ごした。ペケルは、近しい者に、かねてより、「シネムは、僕の恋人じゃないよ、ただのファンさ」と言っていたことが、問題発生を示唆していた。と言いながらも、ペケルは、恋人の傍らから、一時も離れなかったことも事実だった。




ジェム外相(右)(アクシャム紙) 先ず改革、それから加盟交渉(アクシャム紙 02.4.17 付)

 トルコ・EU第41回共同会議で、重要なメッセージが出た。外相は、EU正式加盟交渉に関して、日程の明示を求めた。EU側は、「まず改革を継続せよ」と、トルコ政府の求めたことに対し、明確な言質は与えなかった。
 ルクセンブルクで行われたトルコ・EU共同会議に参加したジェム外相は、トルコは、コペンハーゲン基準を満たすべく、改革に大胆に取り組んでいると述べた。更に、EU側も、なすべきことをなして、トルコの正式加盟に向けての日程を送らせるべきでないと求めた。
 EU議長国のスペインの外相ホセ・ピクは、トルコでは、重要な改革が進行していると述べた。そして、トルコには、改革を進めるために、大胆さが求められていると述べた。




EU加盟に向けて(ミリエット紙) EU共同会議文書では道半ば(ミリエット紙 02.4.15 付)

 トルコとEUを結ぶ重要な組織の1つであるEU共同会議が、明日、ルクセンブルクで開催される。本紙が入手した、同会議の討議内容によると、トルコに対しては、道半ばと見られているようである。トルコも、他の候補国同様の問題を抱えていると見ている一方で、憲法改正が、トルコを、EUの基準に少しでも近づけたと考えている。改革続行を求めるEUは、表現の自由、信仰の自由、文化的諸権利、HADEP訴訟、南東部格差のような人権に拘わる諸問題に不安感を表明している。

                    経済に関しては肯定的評価

 また、2002年6月に、キプロス問題が解決することの重要性を述べる一方で、トルコが非常に不安を感じているテロに関して、調査をするとの一札を設けている。経済問題克服に関しなされた事柄を歓迎すると述べるEUは、本年、トルコが執った経済政策が効果を持つだろうとのメッセージを表明している。




「クルド語放送に反対しているわけではない」(ヒュリエット紙 02.4.8 son dakika 付)

 参謀本部は、クルド語放送に関し、態度を明確にした。参謀本部は、政府が進めるクルド語放送には反対するものではないが、クルド語教育は反対しなければならないとの見解を明らかにした。

 参謀本部は、クルド語放送に関する態度を明確にした。軍のクルド語に関する見解は、「必要だとは思わないが、反対もしない」というものである。とりあえず、この件に関する政府決定を待っているところである。軍というハードルが取り除かれた今、現連立政権の不一致は、一つの決定を強いられることになった。
 長年、トルコで手の着けられなかったクルド語放送問題が、重要な展開を見せている。この件に関し、衆目を集めていた軍が、クルド語放送の必要は認めないが、反対はしないという態度を執ったのである。「制限付き、監視下で」という条件付きながら、ゴー・サインを点したのである。このような見解は、軍上層部から政府に伝えられた。だが、政府の方は、この件に関し、明確な決定を持っていない。従って、連立を構成している政党間で、統一見解を出す必要に迫られている。




ラスムッセン:PKKはテロ組織(ヒュリエット紙 02.4.5 son dakika 付)

デンマーク首相ラスムッセン(ヒュリエット紙)  スペインの後を受けて、EUの議長国となったデンマークの首相ラスムッセンは、PKKはテロ組織であり、EUは、テロ組織一覧に加えなければならないと語った。

 EU議長国になる前に、トルコを公式訪問したラスムッセンは、エジェヴィット首相とともに行った共同記者会見で、PKK及びDHKP-Cを、テロ組織一覧に加えるのかどうかという質問に対して、次のように応えた。
 「私に、この質問に応える機会を与えていただいて感謝したい。私はこの質問に、デンマークとして、直接的に、明確に応えたい。PKKは、テロ組織であり、そのような認識を持たねばならない。PKKは、EUのテロ組織一覧に加えねばならない。私自身は、EUのテロ組織一覧は、アメリカの持つテロ組織一覧と合致しなければならないと考えている」。

                     「EU正式加盟はトルコ次第」

 EUへの正式加盟交渉を始めることができるかは、トルコ次第であると、ラスムッセンは述べた。トルコが、最近、経済政治各分野で、各種改革を行ったことを歓迎すると述べるとともに、トルコが、この変革を実行に移すことが肝要であると語った。
 トルコは、EU拡大過程の中に入るべき存在であるとの認識を述べるとともに、ラスムッセンは、次のように述べた。
 「交渉開始の日取りが、いつになるかは、トルコ次第である。トルコが、コペンハーゲン基準を満たしたときに、交渉は開始されるはずである。デンマークは、人権及びマイノリティに重点を置く国家である。従って、トルコにおける出版の自由問題を、関心を持って見守っている。このことに重大な関心を、我々は寄せている」。






RESIMLERへ メイン・ページへ KIBRISへ
SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO