トルコ・サッカー、欧州での戦い

〈2002W杯への道・W杯での戦い〉



こちらでは、トルコ代表チームのW杯に向けての、そしてついに果たしたW杯の戦いの記録を残すものです。記念すべき日本・韓国開催のW杯に参加することとなったトルコ代表チーム、残念ながら予選は、韓国で戦うこととなりましたが、健闘を心から祈念するところです。タルカンも応援に駆けつけるということです。日本からも、熱きオーラを送りつけることにしましょう。



W杯ヨーロッパ予選へジャンプ
2002W杯本戦へジャンプ


トルコ代表選手( )=所属チーム名
アイシェ・ハヌム訳出の選手名鑑にリンクしているものがあります。写真をクリックして下さい。

シェノル・ギュネシュ監督

GKリュストゥ
(フェネルバフチェ)

GKオメル
(ガジアンテップ)

GKザフェル
(アンカラ・グジュ)

DFファーティフ
(フェネルバフチェ)

DFアルパイ
(アストン・ヴィラ)

DFハカン・ウンサル
(ブラックバーン)

DFビュレント・
コルクマズ
(ガラタサライ)

DFエムレ・アシュク
(ガラタサライ)

DFウミト・オザト
(フェネルバフチェ)

MFオカン
(インテル)

MFウミト・ダヴァラ
(ACミラン)

MFエムレ・
ベレズオール
(インテル)

MFトゥガイ
(ブラックバーン)

MFムッズィ・イゼット
(レスター・シティ)

MFエルギュン
(ガラタサライ)

MFタイフル
(ベシクタシュ)

MFアブドラハ
(フェネルバフチェ)

MFハサン・シャシュ
(ガラタサライ)

MFニハト
(レアル・ソシエダ)

FWハカン・シュクル
(パルマ)

FWイルハン・マンスズ
(ベシクタシュ)

FWユルドゥライ
(バイヤー・
レバークーゼン)

FWアリフ
(ガラタサライ)





W杯ヨーロッパ予選グループ4
上段がホームスウェー
    デン
トルコスロヴァ
    キア
マケドニアアゼルバイ
   ジャン
モルドバ勝点得点失点
スウェーデン・・・・・1−1
2−1
2−0
0−0
1−0
2−1
3−0
1−0
6−0
2−0
2617
トルコ1−2
1−1
・・・・・1−1
1−0
3−3
2−1
3−0
1−0
2−0
3−0
2118
スロヴァキア0−0
2−0
0−1
1−1
・・・・・2−0
5−0
3−1
0−2
4−2
1−0
1716
マケドニア1−2
0−1
1−2
3−3
0−5
0−2
・・・・・3−0
1−1
2−2
0−0
1118
アゼルバイジャン0−1
0−3
0−1
0−3
2−0
1−3
1−1
0−3
・・・・・0−0
0−2
17
モルドバ0−2
0−6
0−3
0−2
0−1
2−4
0−0
2−2
2−0
0−0
・・・・・20



スウェーデンとの事実上の一騎打ちも、最後のスウェーデン戦を迎えるまで、トルコ有利で展開。負けさえしなければ、W杯本戦出場が決まっていたところが、最後の最後で逆転され、一発出場はならず。結局、オーストリアとのプレーオフに回ることになりました。ひょっとしたら、オーストリアではなく、イスラエルが出てきて、レヴィヴォと対戦しなければならなくなったらどうしようなんて考えたのも、今となっては懐かしい。




W杯予選プレーオフ
   トルコ  

  オーストリア



オーストリアに圧勝しての、W杯本戦の出場です。予選を純粋に勝ち上がっての初の出場です。最近、とみに力を増してきたトルコ代表の、世界での戦いが実現されたということです。EURO2000では、8強の一角を築いたトルコ代表は、きっと素晴らしい成果を残してくれるでしょう。




W杯本戦予選リーグ
上段がホームブラジル トルコ コスタリカ中国勝点得点失点

ブラジル

・・・・・2−15−24−011

トルコ

1−2・・・・・1−13−0

コスタリカ

2−51−1・・・・・2−0

中国

0−40−30−2・・・・・


W杯本戦決勝トーナメント1回戦(於:仙台)
  トルコ日本
W杯本戦決勝トーナメント準々決勝(於:大阪)
トルコセネガル
W杯本戦決勝トーナメント準決勝(於:埼玉)
トルコブラジル
W杯本戦3位決定戦(於:大邱)
トルコ韓国


トルコ代表選手





進む メイン・ページ 戻る
SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO